Outlook.comとOutlookを同期させる

 

無料のWebメールとしては、グーグルのGmail,マイクロソフトのHotmail,ヤフーのYahoo!メールが特に利用者が多く人気があると思いますが、Outlookを使いたい派としては,やはり2013年2月に正式に開始したHotmailの後継サービスである Outlook.comとOutlookを同期 させたいところです。

特にOutlook2013からは従前のバージョンと異なり、Outlook.comとの同期に Exchange Active Sync(EAS)を使用したスムーズな連携が可能になったことには「同期欲」をかき立てられます。

GmailユーザーがOutlookと連携する場合は、メールはIMAP接続、予定などは専用ソフトを使って同期させる方法がポピュラーですが、残念ながらOutlookとGmailのIMAPの相性はあまり良くありません。Outlook上でGmailを使うことに辟易しているなら、Outlook.comへの移行を検討してみても良いかもしれません(但しExchangeにも、癖や不便な点はあります)。EAS接続なら無料で連絡先や予定表,タスクまで同期出来るのもうれしいポイントです。

Outlook.comへの登録

Microsoftアカウント作成に関する最新の情報は以下のURLを参照してください。

既にHotmail、SkyDrive、Xbox LIVE を使っているなど Microsoft アカウントをお持ちの場合は、読み飛ばして次に進んでください。

Outlook.comの利用を開始するには、Microsoftアカウント(旧WindowsLiveアカウント)を登録する必要があるので、Microsoft アカウントホームにアクセスして登録を行います。「Microsoftアカウントに登録しよう」というボタンから登録画面に移動できます。


登録画面では、名前,生年月日,性別,アカウント名,パスワード等々必要事項を入力します。HotmailやWindowsLiveメールアドレスを持っていない方は,「Microsoftアカウント名」の入力欄の下に,「新しいメール アドレスを作成する」というリンクがあるので、クリックして新しいメールアドレスを取得します。


メールアドレス入力欄の下の「新しいメール アドレスを作成する」をクリックすると、


画面がこのように変化します。


すべての必要事項を入力し、最後に画面一番下の「同意する」をクリックして無事登録を完了したら、Outlook.comへアクセスして利用を開始します。

Outlook2013へOutlook.comアカウントを設定する

Outlookにアカウントをセットアップする方法に関する最新の情報は以下のURLを参照してください。

Outlook2013にOutlook.comのアカウントを追加する手順はとても簡単です。ここでは画面を交えて簡単に説明しておきます。

❶ Outlook2013画面上部の「ファイル」メニューを開き、「アカウントの追加」ボタンをクリックします。


❷ 自動アカウントセットアップ画面が開いたら、名前(Outlookの差出人表示名)、Outlook.comで使用する電子メールアドレス(@hotmail.com,@live.jp,@outlook.comなど)、上記アカウントで使用しているパスワードを入力して「次へ」をクリックします。後は自動で設定が行われてOutlook2013での利用準備が完了します。


手動設定する場合

Outlook.comを設定する場合はあまり意味はありませんが、手動設定をしたい場合は、画面下の手動設定のラジオボタンを選択して「次へ」をクリックします。


上から2番目の「Outlook.comまたはExchange ActiveSyncと互換性のあるサービス」のラジオボタンを選択して「次へ」をクリックします。


ユーザー情報,ログオン情報の箇所は、先ほどの自動アカウントセットアップの場合と同じ要領で入力します。なお、サーバー情報のメールサーバーには「m.hotmail.com」と入力します。すべて入力したら「次へ」をクリックして設定を完了します。


Outlook.comとOutlook2013が同期しない場合

Outlook.comとOutlook2013が同期しないという場合には、いくつかの原因が考えられますが、まずは以下の2項目について再確認してみて下さい。

Outlookでのアイテムの登録先がOutlook.comアカウントになっていない。

Outlookで、Outlook.comアカウントとGmailやプロバイダーメールのアカウントを併用している場合(複数アカウントを複数のデータフォルダで使用している場合)は、Outlookで予定表や連絡先,タスクなどを登録する際に以下の点に気をつけてください。

画面上部の新しいアイテム作成ボタンから新しい予定や連絡先,タスクを作成する場合は、画面左のメールボックスで Outlook.comアカウント(例えば受信トレイなど)を選択してから作成するようにしてください。

別のアカウント(データフォルダ)の受信トレイ等を選択した状態で新規作成を行うと、選択したアカウントのローカルフォルダ(データファイル)にアイテムが作成されていまい、結果としてOutlook.comへ同期されることはありません。

Outlook.com以外のアカウントのフォルダーにアイテムを登録してしまった場合は、画面下のナビゲーションバーから予定表や連絡先,タスク画面に切り替えて、該当のアイテムをドラッグアンドドロップして Outlook.comアカウントへ移動させることで同期します。


TODOバーからタスクを登録する時の注意

Outlookでは、画面右側にTODOバーを表示させることでタスクを素早く登録できますが、Outlook.comアカウントとGmailやプロバイダーメールのアカウントを併用している場合は、TODOバーからタスクを登録した場合にタスクアイテムが作成される場所が、Outlook.comアカウントになっていないことがあります。

TODOバーからタスクを登録する際の既定のアイテム作成先は、「アカウント設定」で既定のデータファイルとして指定された場所になっていますので、この指定がOutlook.comアカウントが格納されているデータファイルとは別のデータファイルになっていると、TODOバーからタスクを登録しても一発でOutlook.comへ同期されることはありません。この場合は以下の手順で設定を変更します。


❶ アカウント設定からデータファイル管理画面を開くOutlook2013画面上部の「ファイル」メニューを開き、「アカウントの設定」ボタンをクリックします。


❷ アカウント設定画面の「データファイルタブ」を開くOutlook.comアカウントが格納されているデータファイルを指定し、「既定に設定」をクリックします。


画像は @live.jpで Outlook.comを利用している場合の例です。末尾の拡張子が「.ost」となっているものを選択してみてください。


➌ 指定が終わったら、閉じるボタンを押してOutlookを再起動します。


タイトルとURLをコピーしました