ホーム アプリ&ソフト 運動の記録を使いこなす

運動の記録を使いこなす

このページでは、Argusでの運動の記録方法や記録結果の見かたについて説明しています。スライドについては、中央の画像をクリックすると拡大表示され、左右の画像をクリックするとスライドが切り替わります。

GPSとWorkout

Argusで運動の記録をする前に、最初に Workout(ワークアウト)とGPSの違いを理解しておきましょう。なお、文中では運動関連のアクティビティを特に「エクササイズ」と表現することにします。

「Workout」は ジムでおこなうマシンやウェイトを使ったエクササイズや、道具を使わずに自分の体重を利用しておこなうエクササイズで、「筋トレ系」のエクササイズを記録します。種目ごとにウェイトやREP(回数)、セット数を細かく効率的に記録します。自分だけの筋トレメニューを作成することはもちろん、脂肪燃焼や肉体改造、美脚など目的に合わせて作成されたプランを利用することもできます。

「GPS」は 主に屋外でおこなう「有酸素系」のエクササイズを記録します。エクササイズ中の移動(例えばジョギングでどこを走ったか)をGPSで地図に記録しながら、エクササイズ時間、距離、スピード、ペース、心拍数、消費カロリーなどを記録します。

なお、Argusには、この「GPS」欄に収録されていない ヨガや格闘技、家事などのエクササイズ(ここでは便宜「その他のエクササイズ」と言います)も多数用意されています。「その他のエクササイズ」は、アクティビティの検索画面から呼び出しますが、記録時の操作方法は「GPS」と同じです。

エクササイズの記録方法をマスターする

エクササイズの記録開始から終了までの手順、記録時の画面構成などを、「GPSとその他のエクササイズ編」と「Workout編」の2つのパートに分けて詳しく説明します。なお、それぞれに共通する操作や設定(エクササイズの手動入力、ボイスコーチ、データの編集等)についてはこのページ内で説明していますので、2つのパートを読んだ後に必要に応じてこのページに戻ってください。

関連項目

MANUAL LOG – 手動で入力する

「GPSとその他のエクササイズ」の記録開始画面「Workout」のTIMERを使った記録開始画面では、過去のエクササイズを手動で入力することができます。次の画像はランニングのエクササイズでManual Log画面を開いた時のものです。

Manual Log(手動入力)画面の例
  • Argusの性質上、歩数を手動入力することは出来ません。
  • 前日以前のエクササイズを記録したい場合は、「Start time」欄で日付も合わせて指定してください。
  • エクササイズの種類によっては Distance(距離)の項目がない場合があります。

Voice Coach の設定

Voice Coach(ボイスコーチ)は 経過時間、距離、ペース、心拍数などを音声で案内してくれる機能で、Workoutの「PLANS」「TOP RATED」「HOME」以外のエクササイズ記録中に利用することができます。

「PLANS」「TOP RATED」「HOME」では エクササイズDVDのように動画とともにエクササイズの解説やコーチングが音声で流れるようになっています。

ボイスコーチ用設定画面へのアクセス

各種エクササイズ記録開始画面で「Voice Coach」をタップ

ボイスコーチを利用するには、エクササイズ記録開始時の画面からボイスコーチ用の設定画面にアクセスしてください。

Voice Coach

ボイスコーチのON/OFFスイッチ

スイッチのON/OFFでボイスコーチの有効・無効を切り替えます。初期値はOFFになっていますが、エクササイズの種目ごとにON/OFFの設定は記憶されるので、毎回ONにしなくてもOKです。

VOICE

音声の種類の選択

ボイスコーチで使う音声の種類を5種類の中から選択します。

Computerized(コンピューターの合成音声・女性)、Chris(クリス・男性)、Sarah(サラ・女性)、James(ジェームス・男性)、Jenny(ジェニー・女性)。各名前をタップすると音声をプレビュー再生します。それぞれ声のトーンや話す速度が異なるのでお好みでどうぞ。

INCLUDE

読み上げる項目のスイッチ

ボイスコーチが読み上げる情報の種類を選択(ON/OFF)します。一番下の「 LISTEN TO YOUR SELECTION」をタップすると選択した項目を順番に読み上げます。

  • Distance:距離
  • Duration:経過時間
  • Split Speed:速度 km/時
  • Split Pace:ペース 分:秒/km
  • Cadence:ステップ数/分
  • Heart Rate:現在の心拍数

項目をONにした場合でも、エクササイズの種類によっては読み上げが有効になりません(例:ヨガの場合の距離やスピードなど)。

COACHING INTERVALS

ボイスコーチの読み上げる間隔を時間および距離で指定します。「TIME FREQUENCY」で何分おきかを選択し、「DISTANCE FREQUENCY」で何キロおきかを選択します。

ボイスコーチの間隔設定の画面

VOLUME

スライダーを左右に動かして、ボイスコーチのボリュームを調整します。なお、スマホで音楽を聴きながらエクササイズをしている場合、ボイスコーチの読み上げ時に音楽のボリュームが自動で下がり、読み上げが終わると元に戻ります。

ADVANCED

このオプションをONにすると、スマホの画面を消灯したり別のアプリを開いた後で、再びArgusの画面を表示させた時に、上記「COACHING INTERVALS」の設定にかかわらず、ボイスコーチの読み上げをおこないます。

Workout Goal

Voice Coach の下にある「Workout Goal」では、エクササイズのゴールとして時間または距離を設定することができます。このゴールを設定すると ボイスコーチで追加の音声案内(ゴールの半分に到達した時点、5分前など)を受けることができるようになります。

  • NO GOAL
    ゴールを設定しません。
  • DISTANCE GOAL
    ゴールとする距離を 0.25km単位で設定します。数値を設定したら画面下の「DONE」をタップしてください。
  • DURATION GOAL
    ゴールとする時間を 5分単位で設定します。数値を設定したら画面下の「DONE」をタップしてください。

既存データの編集・削除・結合等

画面下部にメニューが表示される。

エクササイズの編集(Edit)、心拍数のインポート(Improt Heart Rate)、削除(Delete)、エクササイズの結合(Merge activities)をおこなうには、エクササイズ(ワークアウト)のサマリー画面で右上のメニューボタン()をタップしてメニューを表示させます。

Edit(編集)

エクササイズの編集画面(またはワークアウト編集画面)を開きます。編集操作についてはそれぞれの箇所の説明を参照してください。

Import Heart Rate(心拍数のインポート)

OS標準のヘルスケアアプリに記録されている心拍数データをArgusのエクササイズデータにインポートします。インポートするとグラフや平均心拍数などの表示に反映されます。

動画:心拍数のインポート

Delete(削除)

削除確認のダイアログ

表示中のエクササイズデータを削除します。「本当に削除しても良いですか?」と聞いてきますので、「Delete」をタップします。

一度削除したエクササイズデータは復元できないので注意してください。

メイン画面のタイルから削除

メイン画面で削除したいエクササイズのタイルを長押しして Delete をタップしても削除することができます。

Merge activities(アクティビティの結合)

複数のエクササイズデータを一つに結合させます。エクササイズ終了直後に同種のエクササイズをおこなった場合など、後からエクササイズデータを一つにまとめたい時に使用します。条件によっては結合できない場合もあるようです。以下のスライドは、2つのワークアウトを結合した時のものです。

previous arrow
next arrow
Slider