BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージで IIJ mioからMNPしました

BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージで IIJ mioからMNPしました

2年あまり(2016.10現在) IIJ mioの格安SIMを使っていましたが、iPhone7 Plus 256GB ジェットブラック(SIMフリー版)を購入したのを機に、MVNOをUQ mobileに乗り換えることにしました。

今回は、Amazonで売られていた(投稿日時点では詳細な情報がなかった)謎の「 BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージ」を使った実際の乗り換え手順をお伝えします。

UQ mobileに乗り換えた理由

IIJ mioでも特に不便や不満があったわけでもないのですが、乗り換えた理由は以下のとおり。

  • UQ mobileに乗り換えるメリット
    数あるMVNOの中では、UQ mobileが速度的に高水準で安定している(速い)。
  • UQ mobileに乗り換えるデメリット
    au回線を使用するUQの場合、テザリングの可否や山間部エリアでの使用の面でDocomo系のMVNOに劣る

2年間IIJを使ってみて、テザリングが出来ることや山間部エリアの強さは、自分には不要であることが分かったので、メリットがデメリットを上回ると判断しました。もちろんテザリングなどは出来るに越したことはないのですが、テザリングするよりも格安データSIMを直接PCなりタブレットに挿した方が使い勝手が良いです。2年前に比べてデータSIMが使えるタブレットやPCが格段に増えていますので。

追記:現在は UQモバイルのSIMを使ってiPhoneでのテザリングは可能になっています。

あと、付随的な理由として事務手続に関するコストがありました。

  • IIJでは、iPhone7の発売に合わせて、契約中のMicro SIMをNanoSIMに変更する手数料キャンペーンをやっていなかった(6SやSE発売時にはキャンペーンがあった)。通常の変更手数料は2,000円
  • AmazonでUQ mobileのエントリーパッケージが格安(500円)で売られていた。
パッケージの外観や名称は変更になる場合があります。

たぶん、SIM変更手数料無料キャンペーンをやっていたらIIJにとどまっていたと思いますが、2000円払うくらいなら、MNP転出手数料(3000円)払って速い方に乗り換えようと思った次第です。

BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージとノーマル版の違い

購入時、UQ mobileのエントリーパッケージには、ノーマル(無印)版のエントリーパッケージと、Amazon限定のBiglobe版が存在していて、私が購入したのは価格の安いBiglobe版のエントリーパッケージです。

Biglobe版とノーマル版の違いは、ノーマル版がプランを選択できるパッケージなのに対して、Biglobe版はプランがパッケージによって限定されている点です(データ3G/月、通話&データ3G/月、通話60分&データ2G/月、通話120分&データ6G/月の4タイプ)。

契約自体は、Biglobe版であってもUQ mobileとの直接契約になる(後掲パッケージ画像参照)ので、Biglobe版だからといって速度等が不利になるということは無いようです。実際、問い合わせ先もUQ mobileお客様センターになっていて、確認したところ、「違いは販売店によるパッケージの差異だけで、契約後はBiglobeは関係ない」ということでした。

IIJのMNP転出

iPhone7が10月5日に届く予定なので、10月1日にIIJのMNP転出のための予約番号発行依頼をかけました。公式には予約番号発行に4日ほどかかると記載されていますが、他の方が書かれているブログによれば、発行依頼の翌日の23時に予約番号がメールで通知されてくるとのことで、実際、その通りに10月2日の23時にメールが届きました。

10月1日 21:42 MNP 予約番号発行お申し込み受付完了のお知らせ が届く

10月2日 23:00 MNP 予約番号発行完了のお知らせ が届く

UQ mobileへのMNP転入

UQ mobileへの転入申し込み後、翌日にはSIMが発送されるとのことで、10月3日に「BIGLOBE UQ mobileエントリーパッケージ」を使ってPCから転入の申し込みをしました。ちなみに、UQのお客様センターによれば「遅くとも1週間以内に届く」とのことでしたが、後でパッケージをよく見たら、「最短翌日で発送手続きを行いお届けします」と書かれていました。なお配送業者は佐川急便だそうです。

エントリーパッケージの中身

パッケージの中身は2つ折りの紙1枚だけです。

表紙にはでかでかとBiglobeと書かれていますが、裏に小さく「本サービスの提供はUQコミュニケーションズ株式会社が行います。」と明記されている

パッケージ内側のエントリーコードを使って申し込みます。新規・MNPどちらも対応

PCを使ったUQ mobileへ転入手続き

手続き自体はスマホでも出来るようですが、申し込みに必要な事項の入力はそこそこ多いので、今回はPCを使いました。申し込み画面のスクリーンショットは以下のとおり。

第1段階:SIMサイズの選択とプランの確認

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

第2段階:契約者・支払情報の入力

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

第3段階:本人確認書類のアップロード

必要事項の送信が終わると、契約者本人を確認するための作業として免許証などの身分証明書等を送信する作業をおこないます。あらかじめ免許証などをスマホで撮影するか、スキャナーで読み取った画像ファイル(3M以下のjpegまたはpng形式)を用意しておきます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

第4段階:「新規お申し込み手続き完了」と「配送手配完了」のご案内メールが届く

UQ mobileでの申し込み手続きの翌日(10月4日)に、「新規お申し込み手続き完了」と「配送手配完了」の2通のメールが届きました。この後、MNP転入の場合、「新規お申し込み手続き完了」のメールに記載の「my UQ mobile ID」と「パスワード」でユーザー専用ページ(my UQ mobile)にログインして回線切替作業を行うことになります。従って、それまではMNP転出元の回線(IIJ)は利用可能ということになります。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

結局 iPhone7 は予定通り10月5日に届きましたが、SIMの方が予定よりも到着が遅れて10月6日に到着しました。「東京都から東京都への荷物なのに、中一日かかるなんて!」と思いましたが、ネットで検索すると佐川急便は遅配が多いみたいです。これからUQを申し込む方は、佐川急便による遅配の可能性をスケジュールに織り込んで置いた方が良いかもしれません。

第5段階:SIMの到着&回線切替手続き

UQ mobile SIMのフォトレビュー

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

iPhone7は、nanoSIMを利用するので問題ないのですが、それよりも大きいサイズのSIMを使う場合は、台紙に書いてある説明をよく読んで、慎重に外さないと、nanoSIMサイズになってしまうので要注意です。

UQ mobileサイトでの回線切替手続き

MNP転入による回線切替手続きは、受付時間が 9:30~20:30 の間に限られているので注意が必要です。また、切替操作には「これから使用する携帯端末以外」から切替操作のページにアクセスする必要があるようなので、私はPCから行いました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

以上でMNP転入の手続きは完了です。作業自体は30分以内で終わりました。

iPhoneへのSIM挿入とテストコールの実施

いよいよiPhone7 Plusを起動して、通話テストです。新しいiPhoneなので、まず端末のアクティベーション作業が必要です。

が、ここでハマりました。

というのも、iPhoneでUQのSIMを使ってデータ通信する場合は、APN設定を行うために「iPhone用のプロファイル」をインストールする必要があるので、iPhoneのアクティベーション時点ではモバイルデータ通信を利用できません。

もっとも、通常はWi-Fi環境があればセットアップを継続できますが、残念なことに Wi-Fiでもサーバーエラーが出てアクティベーション出来ませんでした。というわけで、最終手段のiTunes接続によるアクティベーションを行いました。なおアクティベーションの方法については他にわかり易く説明しているサイトが沢山あるので、ここでは省略します。

MNP転入したSIMで新規にiPhoneをアクティベーションする場合は、最低でも、あらかじめWi-Fi接続できる環境を用意しておくこと! 私のようなケースもあり得るのでiTunes接続環境があれば、なお安心!

何とかアクティベーションと初期設定が終わって、テストコールの「111」番に電話して、通話テストのアナウンスを確認できました。回線切替はこれにて完了。

iPhone7 Plus SIMフリー に UQ mobile のiOS用プロファイルをインストールしてデータ通信できるようにする

現在、一部のiPhoneではプロファイルなしでデータ通信が可能になっています。詳しくはUQモバイル公式サイトでご確認ください。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

この記事を書きながらだったので時間がかかりましたが、意外と簡単にMNPできました。私の場合はiPhone7の予約受付が開始してすぐ注文したものの、商品到着が10月5日だったので、MNP転出によって月額料金1か月分損することになりました(転出元の月額料金は日割り計算にならないため)が、10月末まで待てずにMNPを実行しました。

iPhoneを予約注文するといったような特別な事情がなければ、月末に合わせてMNPを完了させることも出来ると思います。