Outlook.comとの同期設定


ここでは、CompanionLinkを使ってOutlook.comとカレンダー、連絡先、タスクを同期する設定について、OutlookとGoogleの同期について解説した本編と異なる部分について説明します。初めての方は、まず本編(基本設定詳細設定)を一読した後、このページに戻って設定作業を進めて下さい。
 

「基本設定」で異なるところ

基本設定で本編と異なるのは、アカウントへのログイン設定です。OAuthを使用するGoogleと異なり、通常のメールアドレスとパスワード(マイクロソフトアカウントの2段階認証を設定している場合はアプリパスワードを使用)でアカウントにログインします。 アプリ パスワードと 2 段階認証
 

① 同期の相手方欄で、Outlook.comを選択して「Settings」をクリックします。

② メールアドレスとパスワードでログインします。

 
Outlook.comでは予定に色を設定することが出来ないので「予定の色」を同期させることは出来ません。
 

「詳細設定」で異なるところ

詳細設定で本編と異なるのは、以下の項目です。変更の必要がある項目については本編を参照して下さい。

General (全般設定)タブ
Duplicates
(初期値:ON)
重複データを防止するために、同期中に一致するレコードをマージ(統合)します。
Calendar タブ
Calendar Alarms(アラーム)の同期オプションはありません。
Field Mapping タブ
クラウド側のフィールドの種類がGoogleに比べて少ないです。特に変更の必要はありません。