複数のGoogleカレンダーと同期する


CompanionLink for Outlookでは、Outlook予定表の分類項目を複数のGoogleカレンダーと同期させることが出来ます。

複数のGoogleカレンダーと同期させるには、現在の運用状況によって2つのケースに分かれます。次の2つから、ご自身の状況に合わせて設定して下さい。
複数ある既存のGoogleカレンダーをOutlookに同期させる場合
Outlook上の既存の分類項目を 複数のGoogleカレンダーに分けて同期させる場合
 

複数ある既存のGoogleカレンダーをOutlookに同期させる場合

Step1. CompanionLinkでの設定

① Google側の設定画面を開きます。

②「Selected Calendars」を選択し、同期させたいGoogleカレンダーを選択します。

 

Step2. Googleカレンダーでの設定

Googleカレンダーでの設定は特に必要ありません。Step1の設定後、Googleカレンダーで予定を作成すると、Outlook側に同期された時にGoogleカレンダーの名前が分類項目として割り当てられるようになります。下の画像は、「仕事用」という名前のGoogleカレンダー上に作成した予定をOutlookに同期した時のものです。

Googleカレンダー名がOutlookの分類項目として割り当てられます。

Step3. Outlookでの設定

Step2の手順で Googleカレンダー名がOutlookの分類項目として同期されますが、この分類項目は「仮」の状態です(仮の状態≒分類項目マスターにない)。次の手順でOutlookにGoogleカレンダーと同じ名前の分類項目を作成することで、Googleカレンダーの色を分類項目の色として設定したり、Outlook側から任意のGoogleカレンダーに予定を作成することが出来るようになります。※以下の画像は、「仕事用」という名前のGoogleカレンダーを分類項目名として登録した時のものです。
 

① Googleカレンダー名がOutlookに、「仮の分類項目」として同期されている状態。

② 「仮の分類項目」を選択した状態で、右上の「新規作成」をクリックします。

 

③ 分類項目名を確認して「OK」をクリックします。ショートカットキーの設定はお好みでどうぞ。

④ 分類項目が、正しく分類項目マスターに登録されました。

 

Outlook上の既存の分類項目を 複数のGoogleカレンダーに分けて同期させる場合

Step1. CompanionLinkでの設定

① Google側の設定画面を開きます。

②「Selected Calendars」を選択し、同期させたいGoogleカレンダーを選択します。

 

Step2. Googleカレンダーでの設定

Google側にOutlookの分類項目名と同じ名前のカレンダーを作成しておく必要があります。新しいGoogleカレンダーを作成するには以下の手順を参考にして下さい。
 

① マイカレンダーの右にある から「新しいカレンダーを作成」をクリックします。

② カレンダー名の欄に、Outlookの分類項目と同じ名前を入力して「カレンダーを作成」をクリックします。

 

Step3. Outlookでの設定

Step2で、Googleカレンダーの名前とOutlookの分類項目名を一致させる手順が完了しているのでOutlookでの設定は特に必要ありません。

 

設定後の予定の作成方法

Googleカレンダーでの予定の作成

特に意識する必要はありません。いつもどおり、予定作成時に登録するGoogleカレンダーを選択して下さい。
 

Outlookでの予定の作成

デフォルトカレンダー以外のGoogleカレンダーに同期させたい時は、予定作成時に必ず分類項目を割り当てて下さい。分類項目を割り当てていない予定については、CompanionLinkのGoogle設定で指定したデフォルトカレンダーに同期されます。

Googleのデフォルトカレンダーを選択する場所