DejaDesktop の基本設定

DejaDesktop の基本設定

インストールが終わったら、DejaDesktop の設定をしましょう。シンプルな設定画面で、PCが苦手な方でも簡単にセットアップできるのも良いところです。ここでは基本的な設定の流れをOutlookとGoogleを例に説明しています。他のアプリやクラウドサービスとの同期については省略しますが、このページで操作のイメージを掴んでおくと理解がしやすくなると思います。

DejaDesktop の設定画面にアクセスする

DejaDesktop の設定画面にアクセスする方法は3通りあります。お好みの方法でどうぞ。

DejaDesktop の基本設定

その① デスクトップのアイコンをダブルクリックする方法

DejaDesktop の基本設定

その② Windowsのスタートボタンから「CompanionLink」>「DejaDesktop」とたどる方法

DejaDesktop の基本設定

その③ 画面右下のタスクトレイにあるDejaDesktopのアイコンをクリックする方法(初回起動時はアイコンが異なる場合があります)

カレンダーのオン・オフを瞬時に切り替える方法

DejaDesktop の基本設定

デスクトップ画面右下のタスクトレイにあるDejaDesktopのアイコンをクリックして表示されるメニューから、「Hide(隠す)」「Show(表示する)」をクリックすることで、合成した壁紙画像のON・OFFを瞬時に切り替えることができます。

基本設定画面の構成

DejaDesktop の基本設定

基本設定画面の構成

基本設定画面では、表示させたいカレンダー(OutlookやGoogleなど)を選択と、カレンダーのスタイルやサイズ調整、カレンダーの表示・非表示の切り替えといった最もよく使う機能に関する設定をおこなうことができます。基本設定エリアの内容は、表示させたいカレンダーの種類によって項目が変化します(詳細は後述)。

表示させたいデータベース(カレンダー)を選択する

設定画面が開いたら表示させたいカレンダーを選択し、必要に応じて細かい設定をしていきましょう。
DejaDesktopでは、表示させたいカレンダーやタスクのデータベースとして デスクトップ版Outlookの他、Googleなどのクラウドサービスを選択出来ます(インストール直後は無料のマンスリーカレンダー「Free Blank Monthly Calendar」が選択されています)。

DejaDesktop の基本設定

① 設定画面上部の「Data Source」欄をクリックして、表示させたいカレンダーを選択します。ここでは例として「Microsoft Outlook」を選択しました。

DejaDesktop の基本設定

② インストール後最初の14日間はお試し版として無料で全機能が利用できます。「はい」をクリックしてお試し機能を有効化します。

表示させたいカレンダーにGoogleを選択した場合

Googleを選択した場合は、DejaDesktopがGoogleアカウント上の情報にアクセスするための認証画面が開きます。次の画像を参考にしながら作業を進めてください(Googleアカウントで2段階認証が有効になっている場合の例です)。

DejaDesktop の基本設定

① 表示させるGoogleアカウントのメアドを入力して「次へ」をクリック

DejaDesktop の基本設定

② 次にパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

DejaDesktop の基本設定

③ Googleアカウントで2段階認証を設定している場合は、認証コードを入力して「完了」をクリック。「次回から表示しない」にもチェックを入れておきましょう。

DejaDesktop の基本設定

④ DejaDesktopがGoogleアカウントへのアクセスする項目を確認して「許可」をクリック。
当然ですが許可しないと使えません。

DejaDesktop の基本設定

⑤ Googleアカウントへの接続設定が完了した画面。この画面からGoogleアカウントとの接続解除や、Googleアカウント内のどのカレンダーを表示させるかを選択できます。

DejaDesktop の基本設定

後で⑤の画面に戻るには基本設定画面で「Google Setting」をクリックします。

 
ヒント
⑤の「Calendar Settings」欄では、表示させるGoogleアカウント内のカレンダーを選択することができます。

  • Default Calendar
    デフォルト(標準)のカレンダーのみを同期します。Googleで1つのカレンダーしか使っていない方向けです。
  • All Calendars
    全てのカレンダーを同期します。
  • Selected Calendars
    選択したカレンダーを同期します。
    DejaDesktop の基本設定

    同期させたいカレンダーをクリックして反転表示させます。

  • Sync Event Colors
    チェックを入れるとGoogleカレンダーで予定作成時に指定した色をカレンダーに反映させます。

基本設定エリアでの設定

同期したいカレンダーを指定したら、基本設定エリアを設定していきましょう。ここでは、壁紙に表示させたい項目(カレンダー、連絡先、タスク、メモ)のON/OFF および、サイズの調整をおこなうことができます。なお、Googleを選択した場合は、メモの表示は利用できません。

DejaDesktop の基本設定

各項目の意味は下記のとおりです。チェックを入れた項目が壁紙画像に合成されます。

  • ① 月次カレンダーの表示(Month View)
    • A(ahead):非表示(None)から6か月先までのカレンダーを表示
    • B(behind):非表示(None)から6か月前までのカレンダーを表示
  • ② 1日のタイムスケジュールの表示(Day View)
    • C:今日(1Day)から5日(5Days)先までの1日のタイムスケジュールを表示
      月次カレンダーでは、予定のタイトルのみが表示されるので、時間も確認したい場合はONにしておくと良いでしょう。
  • ③ 連絡先の表示(Contacts)
  • ④ タスクの表示(Tasks)
  • ⑤ メモの表示(Notes)
  • ⑥ カレンダー等の表示サイズ
    スライダーを動かすことで40%から100%の間で調整できます

何を表示させるかはお好みですが、個人的にはシンプルな月次カレンダー(前後月は非表示)とタスクだけの表示が好みです。また表示サイズについても、高解像度のディスプレイの場合、字が小さすぎて見えにくくなるので、80%から100%あたりがよいと思います。

詳細設定もしておきましょう

基本設定画面の左下にある「Settings」ボタンをクリックすると、詳細設定画面が開きます。設定できる内容は、表示対象のカレンダー(例えばOutlookかGoogleか)によって若干異なりますが、カレンダーの位置、フォントサイズ、同期の間隔、Outlookと同期させる場合は分類項目フィルタを用いた同期対象の制御などがおこなえます。

Googleカレンダーと同期させる場合は、詳細設定画面で、同期間隔のオプションを指定する必要があります。
会社のPCなど、ネットワークがProxy環境の場合、詳細設定画面でProxyの設定が必要な場合があります。
基本設定を終えて、「Show」ボタンを押したのに壁紙が更新されない時などは、いったん詳細設定画面を開いてから設定を保存すると壁紙が更新されるので試してみてください。

詳細設定画面の操作についてはこちらのページを参照してください。

index – DejaDesktopの使い方

Outlook関連の特集

  1. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  2. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  3. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  4. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  5. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…

スマホ関連の特集

  1. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  2. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  3. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
ページ上部へ戻る