初回同期の前にデータをバックアップしておく

初回同期の前にデータをバックアップしておく

バックアップの必要性

ECOに限ったことではありませんが、初めてOutlookと各種クラウドサービスを同期させる時には、ちょっと一手間かけてあげることで、スムーズに使い始めることが出来ます。

バックアップは必須の作業ではありませんが、最新のデータのバックアップがあれば、初回の同期でデータがうまく同期しなくても、バックアップから復元できるので、設定を変えながら、うまくいくまで、何度でもやり直すことが出来ます。万が一の保険のようなものです。

データのバックアップ方法は、ご自身の利用環境に合わせて、以下のページを参考にしてみて下さい。

Outlookのバックアップ (Microsoftサポートのページ)

※上記では、Outlookのアカウントに含まれるすべてのデータをインポート&エクスポートする方法が紹介されていますが、カレンダー、連絡先、タスクなど、今回同期させたいアイテムフォルダだけを対象にしてインポート&エクスポートしても良いでしょう。

クラウドサービス側のバックアップ(主要なもの)

Google:カレンダーコンタクト(Gmail連絡先)・タスク※
※Googleのタスクについては、Googleからアナウンスされている正式な方法が、現在ありません。調べてみると、バックアップするには、Google Tasks BackupというWeb上のサービスを利用する方法があるようです。また、復元には、Google Tasks Importというサービスを利用する方法があるようです。これらの使い方については、Googleで検索するなどして調べてみて下さい。 なお、私は、タスクについては数が少ないこともあり、わざわざバックアップしていません。

Yahoo!JAPAN:カレンダーとタスク(エクスポート インポート
※カレンダーとタスクは一緒のデータになっているようです。タスクについてのヘルプが見当たりませんでしたが、操作画面には、カレンダーとTODOのインポートとエクスポートと表示されています。

iCloud :バックアップ・復元( 連絡先

Toodledo:バックアップ インポート (英語)

Outlook関連の特集

  1. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  2. CompanionLink 日本語使い方ガイド
    CompanionLink は Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモとい…
  3. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  4. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  5. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…

スマホ関連の特集

  1. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  2. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  3. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
ページ上部へ戻る