トラブルシューティング事例

トラブルシューティング事例
おことわり

ここでは、以前設置していたフォーラムに寄せられたトラブルシューティング事例を掲載しています。このページに掲載された内容を実行した際の、いかなる結果についても責任は負いかねますので予めご了承ください。操作について不安がある方は、公式サポートに問い合わせることをお勧めします。

アクティベーション関連

アクティベーションを解除しないでECOをアンインストールしてしまった

PCを初期化(≒工場出荷状態に戻す)にしていなければ、ECOを再インストールすることで、ライセンス情報が自動で読み込まれます。

別のPCにライセンスを移行したい場合は、アクティベーションと逆の手順で旧PCのアクティベーションを解除し、新しいPCにECOをインストール&アクティベーションしてください。

このことから、同じPCでECOを最新版にアップデートする場合は、アクティベーションを解除する必要はなく、旧バージョンをアンインストールしてから新バージョンをインストールすれば、そのまま使うことができます。

「EMSG04」や「EMSG06」などのエラーが表示されてアクティベーションができない(または解除できない)

  1. Outlookを終了させる
  2. 以下のファイルを削除(心配な場合は別の場所に退避させる)
    C:\Users\ユーザー名\Documents\Evo Collaborator Outlook\license.dat
  3. Outlookを再起動する
  4. ECOのアクティベーション画面を開いて操作を完了させる

アクティベーションを解除しないでPCを初期化してしまった

ECOのアクティベーションを解除しないで、PCを初期化してしまったり、廃棄してしまったなど、物理的にアクティベーションの解除が不可能な場合は、公式サポートに問い合わせる以外に方法はありません。アクティベーションコードが旧PCに紐づけされているのを解除してもらう必要があります。

アクティベーションキーが送られてこない

購入ページには「数時間以内」と表記がありますが、実際にはそれほどかからないと思います(多分数分くらい?)。念のため迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認してみてください。

まれに、Paypalに登録したメールアドレスが間違っていてライセンスを送ることができないケースもあるようですので、必要に応じてPayPalの登録もチェックしてみてください。

それでも届いていないようなら、公式サポートに問い合わせてみてください。

アクティベーションに関する問い合わせ方法

アクティベーションに関するトラブルで公式サポートに問い合わせる際は、ライセンス購入者であることを証明するため、以下の情報を合わせて伝えると話が早いです。

  • 購入時のPaypalの取引ID(Transaction ID)
  • Paypalのメールアドレス
  • 名前
  • 購入日時

同期設定関連

Outlookで分類項目を設定している場合、ECOを使ってその分類項目を含めてGoogle Calendarへ同期できるか?

ECOでは、Outlookの分類項目をGoogleカレンダーに同期させることはできません。分類項目を同期させたい場合は、CompanionLinkを検討してみてください。

例えば、Outlook側で、個人用と仕事用といった分類項目をつけた予定を作成し、CompanionLinkを使って同期すると、

トラブルシューティング事例

Outlook側の分類項目付きの予定

トラブルシューティング事例

Googleカレンダー側への同期結果

といった具合になります。その他、以下のページも参考にしてみてください。
複数のGoogleカレンダーと同期する

Outlookの「連絡先グループ」を同期できるか?

ECOや競合製品も含めて、「Outlookの連絡先グループ」とGoogleContactのグループを同期することはできないようです。

厳密には、Outlookで連絡先グループを作成して同期実行すると、連作先グループ名だけが、単体の連絡先としてOutlookからGoogle側に同期されます(この時、グループ内に登録したアドレス等は同期されません)。またGoogleContactで作成した連絡先グループもOutlookの連絡先グループに同期しません。

対処方法(案)
1.ECOを使う場合
Outlook側の連絡先グループは手動で作成・メンテナンスする。冒頭で述べた「連絡先グループ名」だけがGoogle側へ同期されるのを防ぐために、連絡先グループだけを管理する「連絡先フォルダ」を作成し、連絡先グループはそちらに登録します。

Outlook 2010 で新しい連絡先のフォルダーを作りたい

通常の連絡先フォルダに登録している個々の連絡先自体は同期されるので、Google側の連絡先グループの構成に変更があった時だけ、Outlookの「連絡先グループ」を編集します(※逆の場合もしかりです)。

つまり、「連絡先グループ」のメンテナンスはGoogleとOutlook両方で行います。

2.CompanionLinkを使う
別のソフトになってしまいますが、CompanionLinkを使うと、Outlookで設定した「分類項目」をGoogleContactのグループと相互に同期させることができます。
ただし、こちらのソフトもOutlook側で作成した「連絡先グループ」についてはECOと同様の動作となりますが、ECOと異なり、Outlookで別途「連絡先フォルダ」を作成しなくて済む点で優れています。
具体的には、

  • Outlook連絡先内に作成した「連絡先グループ」に「分類項目」を割り当てます。※例えば、「グループ同期用」といった名称の分類項目を作成して割り当てる。
  • CompanionLinkの設定画面にある「カテゴリフィルタ」から、「グループ同期用」という分類項目を同期対象から外す。

といった方法が考えられます。
色分類項目の作成と割り当てを行う

ECOを最新版に更新したら、「Exception:メソッドが見つかりません: Boolean CardData」などのエラーメッセージがでて、同期できない

ECOをバージョンアップ(アップデート)する際は、いったんECOをアンインストールする必要があります。上書きインストールしてしまった場合は、いったんECOをアンインストールして再インストールをお試しください。

アップデートする時の注意点

上書きインストールしていないにもかかわらず、エラーメッセージが出る場合は、公式サポートに問い合わせてください。

proxy環境下で、ログインIDとパスワードが必要な場合の設定
予定の同期期間設定(例えば過去1ヶ月、未来3ヶ月)ができるか?

ECOでは同期期間の設定(例えば過去1ヶ月、未来3ヶ月)はなく、すべての予定が同期されます。なお、2回目以降は、変更がない予定アイテムなどは同期時にスキップされるので、同期に関する動作の速度は確保されるようです(ECOのサポートの方によれば、数千件のアイテムがある場合でも動作するとのこと)。

※ただし、ECO導入時に、既存のデータをアップロードする際は、予定の件数が膨大だと、かなりの時間を要する可能性があります。

Googleで2段階認証にしている場合の手順の補足

Googleで2段階認証にしている場合、アカウント設定のステップ画像4と5の間に以下のような画面が出現します。

トラブルシューティング事例

2段階認証プロセス画面

この画面に、Google認証システムアプリで表示される確認コードを入力することで、ステップ画像5に遷移します。

Google 2段階認証についての参考
2 段階認証プロセスで使用するパスワードとコード(Googleヘルプ)

※なお当サイトでは、上記、Google認証システムアプリで表示される確認コードを入力する方法で設定する方法を紹介しているものです。アプリパスワード(アプリケーション固有のパスワード)でECOを設定したことがないので、アプリパスワードでECOを設定できるのかについてはわかりません。アプリパスワードでECOを設定できるかどうか、またそのやり方については公式サポートにお問い合わせください。

2段階認証の確認コードを入れる画面が表示されない場合は、IEのインターネットオプションで「一時ファイル」やCookieを削除してから、ECOの設定画面ステップ画像3の「テスト」ボタンをクリックして試してみてください(※作業は自己責任でお願いいたします)。さらに必要に応じて、IEでGoogleアカウントからいったんログアウトしてから試してみてください。

トラブルシューティング事例

IEの一時ファイルやCookieの削除画面①

トラブルシューティング事例

IEの一時ファイルやCookieの削除画面②

GoogleからOutlookへ同期できるが、OutlookからGoogleに同期できなくなった

こちらのオプションで「読み込みのみ」にチェックが入っていると、GoogleからOutlookへの一方通行になります。

なお、ECOを初めて使う場合は、Outlookの既存データをGoogle側へアップロードする必要があります。

上記とは別の原因で同期できない場合は、公式サポートにお問い合わせください。

同期できなかった予定の一括同期

現時点では 既存のデータをアップロードする の手順を参考に、エラーで同期できなかったアイテム(赤色のアイテム)を「Ctrlキーを押しながらクリックして選択」し、再アップロードする必要があります。無事にアップデートが完了し、アイテムの文字色が「黒(正常)」になれば、次回以降は正しく同期するはずです。

アイテムの色の意味

同期状況の初期化(リセット)の方法
Google側の特定のカレンダーと同期させたい

ECOでGoogleアカウントを設定する際に、「カレンダーURL」、「タスクURL」欄の右側にあるフォルダアイコンをクリックして対象のカレンダーやタスクタスクリストを指定します。
詳しくはこちらを参照してください。

Outlook関連の特集

  1. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  2. CompanionLink 日本語使い方ガイド
    CompanionLink は Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモとい…
  3. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  4. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  5. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…

スマホ関連の特集

  1. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  2. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  3. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
ページ上部へ戻る