固定IPサービスの契約と接続

固定IPサービスの契約と接続

ケーススタディに関する注意事項

概要

EVOメールサーバーのメール機能を利用する場合は、利用中のインターネットプロバイダ(ISP)と固定IPサービスのオプション契約が必要ですが、個人用に提供しているプロバイダは少なく、また提供していても一般に料金が高額です。

ケーススタディでは、利用中のプロバイダに固定IPサービスオプションがない場合の対処として、インターリンク社が提供するマイIPサービス固定IPサービスの契約と接続 を利用しています。※インターリンクは、1995年からやっている老舗のプロバイダです。

固定IPサービスの契約と接続

マイIPサービスでサーバーのグローバルIPを固定する仕組み

ケーススタディではマイIPを利用しましたが、一般に、メーカーの想定内で運用する方が安定性・安全性を確保できるため、可能であればEVOメールサーバーの要求水準を満たす環境を整えたほうが良いでしょう。
マイIPを利用する方法は、EVOではサポートも推奨もしていないので、EVOのサポートに問い合わせても答えてくれません。運用については自己責任となります。

マイIPの申し込み手順

まず、マイIPの申し込みページ固定IPサービスの契約と接続 から無料体験(最大60日間)を申し込みます。無料体験期間経過後にサービスの課金が開始するので、無料期間内にサービスを解除することも出来ます。※画像をクリックすると拡大します。

固定IPサービスの契約と接続

① マイIPの申し込みページ。下にスクロールします。

固定IPサービスの契約と接続

②「マイIPのお申し込み」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

③ 新規利用(インターリンクのメンバーIDを持っていない)なので、「いいえ」を選択して「次へ」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

④ 連絡が取れるメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

⑤ 入力したメールアドレス宛に手続用の案内が送られるので、メールを確認します。

固定IPサービスの契約と接続

⑥ 送られてきたメールに記載されている「完了のお手続きはこちら」のリンクをクリック。

固定IPサービスの契約と接続

⑦-1 個人の場合は、個人契約を選択し、氏名、支払い方法(クレジットカード推奨)を入力。

固定IPサービスの契約と接続

⑦-2 規約への同意にチェック、IPアドレス(自動or候補)を選択して「次へ」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

IPアドレスは現在空いているものから候補がピックアップされます(お好みで)。

固定IPサービスの契約と接続

⑧-1 申し込み内容の確認画面(前半)。下にスクロールします。

固定IPサービスの契約と接続

⑧-2 申し込み内容の確認画面(後半)。「確認して申込みをする」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

⑨-1 申し込み完了画面(上段)。
契約情報等を管理するID、パスワードや、設定用の各種情報が記載されているので、画面右側にあるボタンから印刷(またはPDFに保存)するなどして、大切に保管します。

固定IPサービスの契約と接続

⑨-2 申し込み完了画面(中段)。内容を確認して下へスクロール。

固定IPサービスの契約と接続

⑨-3 申し込み完了画面(下段)。「トップページへ戻る」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

⑩ 手続きが完了すると申し込み完了画面で表示されたものと、ほぼ同じ内容が記載されたメールが送られてきます。こちらも要保管です。

インターリンク マイメニューを確認

前述の「マイIPの申し込み手順」⑩で送られてきたメールにも記載がありますが、インターリンクに登録された会員情報や契約情報などを管理する画面(インターリンクマイメニュー )にアクセスして、契約内容を確認しておきます。

固定IPサービスの契約と接続

① IDとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

② 初回ログイン時に、住所や電話番号等、利用者の詳細情報の入力を求められます。適宜入力して、画面一番下の「記入完了」をクリックします。

固定IPサービスの契約と接続

③ マイメニュー本来のトップ画面に移動しました。ここから、変更や解約などの各種手続を行うことができます。画面左の「契約情報確認」をクリック。

固定IPサービスの契約と接続

④ 画面右にあるマイIPサービスの契約情報欄の「確認する」をクリックするとマイIPサービスに接続するための各種情報を参照できます。なお、マイIPサービスは解約しない限り自動更新されます。

マイIPで接続する前に

マイIPで接続中は、PCにファイヤーウォールを導入していないと、インターネット上から無防備な状態になるので、必ずファイヤーウォールを有効にしておきます(通常は有効になっているはずです)。

マイIPの接続設定と接続

マイIPの接続には、WindowsOS標準の機能を使用する方法と、INTERLINK VPNコネクトマネージャーという専用ソフトを使用する方法の2つがあります。私はVPNコネクトマネージャーを使用する方法を選択しました(VPN接続が切断されてしまった場合、自動的に再接続する機能があるため)。どちらを使用しても構いませんが、いずれの設定方法も公式サイトのマニュアルに画像付きの詳しい解説があるので、ここでは各マニュアルへのリンクを紹介します。
設定&接続が済んだら、IPチェックサイト(http://aaww.jp/ipcheck) を開き、契約した固定IPアドレスが表示されるかを確認します。
固定IPで接続できることが確認できたら、EVOメールサーバーのインストールが終わるまで、マイIPは切断しておきます。

VPNコネクトマネージャーを使用する方法(らくちん)

VPNコネクトマネージャーは、OS標準機能を使って設定するよりも簡単に設定・接続を行うことが可能です。VPNコネクトマネージャーを使って設定・接続を行う場合は、下記のリンクを参考に設定します。なおEVOメールサーバー運用時は、VPNコネクトマネージャーのオプションで「PC起動時の自動起動」「自動接続」「切断時の自動再接続」にチェックを入れておくのを忘れずに。

OS標準の機能を使用する方法

VPNコネクトマネージャーは常駐型のソフトなので、なるべくソフトを常駐させたくない方はOS標準の機能を使う方法が良いでしょう。OS標準の機能を使って設定・接続を行う場合は、下記のリンクからご自身のOS用のマニュアルを参考に設定します。また、あわせて「起動時に自動接続する方法」を参考に、PC起動時にマイIPに自動接続するようにしておきます。切断時の自動再接続方法についてはGoogle で。

マイIPで接続できない時の確認事項

マイIP(通常版)は、PPTPという暗号化方式を使用したVPN接続を行いますが、使用しているルーターやPCのファイアーウォールがこの接続を許可している必要があります。家庭用ルーターの工場出荷時設定、Windows標準のファイアーウォール、市販のセキュリティソフトに搭載されているパーソナルファイアーウォールは、ほとんどの場合、初期設定で接続が許可されています(※ケーススタディではWindowsファイアウォールを使用します)。マイIPで接続できない時は、以下の事項を確認します。

  • ルーター
    使用しているルーターの「VPNパススルー」または「PPTPパススルー」の機能が有効になっているかを確認します。 マイIPご利用環境の確認
    ※ 私が契約しているNURO光からレンタルされている Huawei製 の HG8045j では、「アプリケーションレベルゲートウェイ(ALG)」という設定項目の中に、「PPTP」のオプションがありました(デフォルト値は有効)。
  • パーソナルファイアーウォール
    市販のセキュリティソフトに搭載されているパーソナルファイアーウォールでは、ネットワーク通信の許可・不許可を制御するモードを切り替えることができ、この制御モードの設定によっては、PPTPの通信が遮断される可能性があります。その場合は、制御モードを変更するか、個別に通信を許可する必要があります。
    マイIPサービス(PPTP)が使用するポートの確認
    ※ ケーススタディで使用したESET Smart Securityでは、初期設定でフィルタリングモードが「自動」になっており、特に問題なくマイIPで接続できました。

次は「DNSサーバーのレコード設定」へ

Outlook関連の特集

  1. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  2. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  3. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  4. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  5. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…

スマホ関連の特集

  1. Google Play Music パーフェクトガイド
    Google Play Music は、クラウド上に保存した音楽を各種端末上でストリーミング再生した…
  2. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  3. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
ページ上部へ戻る