ライセンス タブ

ライセンス タブ

このページの目次

概要

ライセンスタブでは、EVOメールサーバーのライセンス状態を確認できます。また、アクティベーションキーを使ったライセンスの登録・解除もここから行います。

製品の購入と有効化の方法についてはこちらを参照して下さい。

EVOMSをインストールするコンピューターの変更や初期化を行う場合は、必ずこの画面でライセンス登録を解除する操作を行って下さい。ライセンスの紐付けが解除されないと新しいコンピューターもしくは初期化後のコンピューターでのアクティベーションに失敗します。

画面構成

ライセンス タブ

使用しているライセンスのタイプにより表示される内容は異なります。

ソフトウェアバージョン

EVOメールサーバーの現在のソフトウェア(プログラム)バージョンが表示されます。

数字部分をクリックすると、EVOのグローバルサイト(英語)をブラウザで開きますが、アップデートプログラムは 日本版公式サイト からダウンロードした方が分かりやすいです。
登録ステータス

試用版または登録版であることが表示されます。

購入画面へのリンクも表示されますが、クーポンコードを使ってお得に購入するなら、日本版公式サイトの「お買い上げ」ページ からの購入がおすすめ。
アクティベーションキー

ライセンス購入後に、EVOから届くアクティベーションキーを入力欄に入力(コピー&ペーストを推奨)して、EVOMSを認証させます。

  • アクティベート
    正しいアクティベーションキーを入力してからクリックすると、EVOMSをインストールしているコンピューターが、ライセンスサーバーに登録&認証されます。
  • 解除
    コンピューターの初期化や買換時などEVOMSを新しい環境に移行させる場合は、解除をクリックしてライセンスの紐付けを解除します。
お客様番号

番号というよりライセンスされている組織名が表示されるようです。※私の環境では「ライセンシー」と同じ内容が表示されました。

ライセンシー

ライセンスを受けている人の名称が表示されます。

連絡先メールアドレス

将来、重要な更新情報等の通知を受けるためのメールアドレスが表示されます。

シリアルナンバー

EVOMSのインストール用に生成された固有のシリアル番号が表示されます。

製品エディション

製品のエディション(TRIAL,Prime等)とECAアドオンのインストール状況が表示されます。

ライセンスタイプ

無期限ライセンス、年間サブスクリプションライセンスなどのライセンスタイプが表示されます。

有効期限

試用版など有効期限のあるものは有効期限が表示されます。

利用可能なアカウント数

購入したライセンスに応じた、EVOMSの利用可能アカウント(ユーザー)数が表示されます。

Outlook関連の特集

  1. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  2. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  3. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  4. CompanionLink 日本語使い方ガイド
    CompanionLink は Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモとい…
  5. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…

スマホ関連の特集

  1. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  2. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  3. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
ページ上部へ戻る