Windowsファイアウォールのポート開放

Windowsファイアウォールのポート開放

このページの目次

概要

EVOメールサーバーでは、サーバーで通信するために使用するWindowsファイアウォールのポートを自動で開放する機能があります。このページでは自動開放(例外リストへの追加)の手順を解説します。

市販のセキュリティ対策ソフトに含まれるパーソナルファイアウォール等を使用している場合は、当該パーソナルファイアウォールを無効にしてWindowsファイアウォールを使用するか、必要なポートについて、パーソナルファイアウォールで通信を許可する必要があります。

自動開放の手順

まず、EVOメールサーバーのコントロールパネル 「ステータス」タブを開き、画面下の「3.サーバー設定のステータス」に移動します。

Windowsファイアウォールのポート開放

① Windowsファイアウォール欄の「例外リストに追加」をクリック

Windowsファイアウォールのポート開放

②「OK」をクリック。

Windowsファイアウォールのポート開放

③「OK」をクリック。
私の環境では、この表示が出るまで30秒くらいかかりました。

Windowsファイアウォールのポート開放

④ Windows Firewall欄の右側にある をクリックして情報を更新。

Windowsファイアウォールのポート開放

⑤ ステータスが更新されました。

次は「CalDAV/CardDAV機能のインストール」へ

Outlook関連の特集

  1. CompanionLink 日本語使い方ガイド
    CompanionLink は Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモとい…
  2. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  3. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  4. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  5. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…

スマホ関連の特集

  1. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  2. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  3. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
ページ上部へ戻る