ステータス タブ

ステータス タブ

概要

ステータスタブでは、ネットワーク設定やサービスの稼働状態など、EVOメールサーバーの現在の状態を概観することができ、以下の3つのセクションで構成されています。

  1. メールサービスのステータス
    EVOメールサーバーの機能のON・OFFを切り替えることができます。
  2. ネットワーク設定のステータス
    EVOメールサーバーを正常に稼働させるためのネットワーク関連のパラメータを確認できます。
  3. サーバー設定のステータス
    EVOメールサーバーが稼働するホスト(PC)上のハードウェアおよびソフトウェア関連のパラメータを確認できます。

1.メールサービスのステータス

ライセンスステータス

EVOメールサーバーのライセンスと登録の状態を表示します。
購入したライセンスにあわせて、登録の有無、ライセンシー(ライセンスを受ける人の名前)、ライセンスタイプ(永続もしくはサブスクリプション)が表示されます。

表示例

  • 試用時: TRIAL 2015-11-07 まで。ライセンスを購入
  • アクティベーション後: 登録済みライセンス。 にライセンスされています
システムサービス

EVOメールサーバーのシステムサービスの稼働状態を表示します。通常、システムサービスは、OSが起動するとユーザーのログインに関係なく動作しますが、ここから必要に応じてシステムサービスの開始と停止を制御することができます。
開始と停止を行うには、「開始」または「停止」と書かれた文字部分をクリックします。

表示例

  • 停止時: 停止中。必要に応じて開始できます
  • 稼働時: 動作中。必要に応じて停止できます
SMTP

SMTPサービスの稼働状態と使用ポートを表示します。

表示例

  • 停止時: 停止中。SSL/TLS は停止しています
  • 稼働時: 動作中。ポート 番は動作しています
POP3

POP3サービスの稼働状態と使用ポートを表示します。表示例は上記SMTPと同様です。

IMAP

IMAPサービスの稼働状態と使用ポートを表示します。表示例は上記SMTPと同様です。

2.ネットワーク設定のステータス

IPアドレス

EVOメールサーバーの動作しているホスト(PC)上に割り当てられた全てのIPアドレスが、プライマリIPアドレス、ローカル(LAN) IPアドレス、ローカルホスト(127.0.0.1)の順で表示されます。表示されている各IPアドレスの上にカーソルをあてると、IPアドレスの種類や簡単な説明がツールチップで表示されます。

ホスト上のドメイン

EVOメールサーバーの動作しているホスト(PC)名と、EVOメールサーバーにホストされているドメイン名等が、プライマリドメイン、コンピュータ名の順で表示されます。表示されている各ドメイン名の上にカーソルをあてると、その種類や簡単な説明がツールチップで表示されます。

DNS 逆引き

メールサーバーのIPアドレスから逆引き(名前解決)したドメイン名をプライマリドメインと照合した結果を表示します。

表示例

  • 一致時: 合格
  • 不一致時:(逆引きによって得られたドメイン名) は、プライマリドメインまたはMXレコードの記述と異なります。
IPの評価情報

ブロックリストと照合して得られたメールサーバーのグローバルIPアドレスの評価結果を表示します。

表示例

  • 未検証時: スタンバイ。テストはスタートしていません
  • ブロックリストに登録されていない時: 合格。IPアドレスは問題ありません
  • ブロックリストに登録されている時: あなたのIPアドレスは、いくつかのトップ MSP( のような) によってブロックされています
MXレコード

DNSで指定されている、プライマリドメインにおいてメール処理を行うホスト(PC)名を表示します。

表示例

  • MXレコードが適切に記述されている時: mail.example.com(=指定したMXホスト名)
  • MXレコードが記述されていない時: プライマリドメイン: の MXレコードがセットされていません
  • EVOメールサーバーにまだプライマリドメインをセットしていない時: プライマリドメインがセットされていません
SPFレコード

DNSに記述したSPFの値と、メールサーバーのグローバルIPとの照合結果を表示します。

表示例

  • SPFが一致: 合格。ドメイン のSPF値: “
  • SPFが不一致: プライマリドメインの SPF は ““ですが、あなたのIPアドレスと一致していません
  • SPFが記述されていない時: ドメイン のDNSレコードにSPF値が記述されていません。
SRVレコード

DNSに記述したSRVの値を表示します。

表示例

  • 指定時: 合格。SRVレコードは正しく設定されています
  • 未指定時: POP3 POP3SSL IMAP IMAPSSL SUBMISSION(SMTP)の SRVレコードがありません
Spamhaus ZEN

メールサーバーが試用するグローバルIPがアンチスパムソリューション「Spamhaus ZEN」のブラックリストに載っていないかをチェックします。

代表的な表示例

  • ブラックリストに載っていない時: 合格。 使用中のIPアドレス: に問題はありません
  • ブラックリストに載っている時: 不合格。 使用中のIPアドレス: にリストされています
SSL 証明書と秘密鍵

インストールされているSSL証明書がプライマリドメインのCN(コモンネーム)と一致しているかをチェックします。

代表的な表示例

  • 一致時: 合格。 証明書がロードされました。 CN値 は検証済みです
  • 不一致時: 証明書がロードされましたが プライマリドメイン または MXレコード とCN値が一致していません

3.サーバー設定のステータス

サーバー情報

ホスト名、OSのバージョンやサーバのCPUの説明が表示されます。

Windowsファイアウォール

Windowsファイアウォールの動作状態や開いているポートについての情報が表示されます。

NAT (ルーター)

NATまたはルーターの動作状態や開いているポートについての情報が表示されます。

データフォルダ

EVOメールサーバーの設定ファイルとメールデータ保存用のフォルダの場所と空き容量が表示されます。

ウィルス対策

EVOメールサーバーがサポートしているアンチウィルスソフトとの統合状況、スキャン結果が表示されます。

Outlook関連の特集

  1. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  2. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  3. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  4. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  5. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…

スマホ関連の特集

  1. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  2. Google Play Music パーフェクトガイド
    Google Play Music は、クラウド上に保存した音楽を各種端末上でストリーミング再生した…
  3. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
ページ上部へ戻る