Music Manager の使い方

このページでは、Music Manager(ミュージックマネージャ) の設定について説明します。Music Managerのダウンロード&インストール方法については、ご自身の環境に合わせて以下も参照して下さい。

ブラウザでGoogle Chromeを使用している方は、Music Manager と同等の機能を組み込むことが出来ます。詳しくはこちらを参照して下さい。

Music Manager のインストール

OSやブラウザの組み合わせによっては、インストールはダウンロードと同時に自動実行されるようになりました。

なお、2016年2月現在、Music Managerのインストール画面は英語ですが、Music Manager自体は日本語です(表示言語はOSの言語に依存しているようです)。

Music Managerが英語版の方は、いったん英語版をアンインストールしたうえで、設定画面から再ダウンロードしてインストールしてみてください(必要に応じてGoogle Play Musicからのログアウトやブラウザのキャッシュをクリアを試してください)。なお、Music Managerをアンインストールすると監視対象フォルダなどの設定はクリアされるので注意してください。

Music Manager のインストールは、とてもシンプルです。下の画像の手順に従ってインストール作業を進めて下さい。PCの性能にもよるかもしれませんが、1~2分程度で完了します。

Music Manager の使い方

① デスクトップ等に保存したインストールファイルをダブルクリックして実行します。

Music Manager の使い方

② Windowsお馴染みのセキュリティ警告画面。「実行」をクリックします。

Music Manager の使い方

③ インストールが始まります。「ネットに接続~インストール」と表示が変化しますが、そのまま待ちます。

Music Manager の使い方

④ 完了のダイアログが表示されたら、「Close」をクリックします。

Music Manager のセットアップ~音楽のアップロード

インストールが完了したら、初期設定に移ります。手順①の「ようこそ」画面には、利用上の注意事項や同意事項が書かれています。必ず一読しましょう。

アップロードにかかる時間は、インターネット回線の速度や曲数によって異なります。初めてライブラリにアップロードを行う時など、曲数が多い場合は、完了までに数時間を要する場合があります。

Music Manager の使い方

① セットアップウィザードが開始します。「次へ」をクリックします。

Music Manager の使い方

② Google Play Musicを使うGoogleアカウントでログインします。

Music Manager の使い方

③ 2段階認証の場合は、認証コードを入力して「確認」をクリックします。

Music Manager の使い方

④-1 Google Play に曲をアップロードを選択して「次へ」

Music Manager の使い方

④-2 Google Play Musicのライブラリに追加する、PC上の既存のライブラリ(または音楽ファイルの保存フォルダ)を指定します。ご自身の環境に合わせたライブラリを選択して「次へ」ボタンをクリックします。

音楽ファイルのスキャン結果とGoogle Play Music上のアップロード可能数の残量が表示されます。

Music Manager の使い方

⑤-1 iTunesを選択した場合

Music Manager の使い方

⑤-2 Windows Media Playerを選択した場合

Music Manager の使い方

⑤-3 My Music folder (マイミュージックフォルダ)を選択した場合

Music Manager の使い方

⑤-4 Other folders (その他のフォルダ)を選択した場合

iTunesやWindowsメディアプレーヤーを選択した場合は、アップロード時のオプションとして、プレイリストやポットキャストから選択することができます。特定のフォルダのみアップロードしたい場合は、⑤-4の「Other folders(その他のフォルダ)」で任意のフォルダを選択することが出来ます。

Music Manager の使い方

プレイリストの選択画面

ここから先は、上記⑤の手順で「Other folders(その他のフォルダ)」を指定した場合を例に進めていきます。他の方法を選択した場合は、適宜読み替えて下さい。

Music Manager の使い方

⑥ 今後、選択したフォルダに追加した曲を自動的にアップロードしますか?と聞いてきますので、お好みで「はい」か「いいえ」をクリックします。

Music Manager の使い方

⑦ タスクバー上のヘッドフォンアイコンを右クリックするとMusic Managerの機能にアクセスできます。といったヒントが表示されます。確認したら「Next」をクリックします。

Music Manager の使い方

⑧ アップロードする音楽ファイルとサーバー上のファイルの照合が始まります。

この画面では、『短時間でコレクションをGoogle Play に追加できるよう、ミュージックマネージャはできる限り多くの音楽ファイルをサーバー上のコピーと突き合わせます。一致するコピーがない曲のみがアップロードされます』といったメッセージが表示されます。
したがって初回であれば、全てアップロードされることになるはずです。たくさんの曲をアップロードする場合は、照合に時間がかかるかもしれません。アップロード自体は、この後、Music Managerがバックグラウンドで行うようです。

Music Manager の使い方

⑨ 最後にアップロード操作が完了した画面が表示されます。

引き続き、ブラウザ上のMusic Playerを開く場合は、「Go to music player(音楽プレーヤーに移動)」を、終了したい場合は、「Close(閉じる)」ボタンをクリックします。以上で、音楽のアップロード操作は完了です。
※この画面では、『音楽を追加中。ミュージックマネージャが音楽ライブラリへ曲を追加し続けている間も再生を開始できます。

コレクションが大きいと完了までに時間がかかることがあります。処理が終了する前にパソコンをシャットダウンした場合は、パソコンの起動時に処理が再開されます』といったメッセージが表示されます。

Music Manager(ミュージックマネージャ) の基本操作

これまでの操作で、PC上の音楽がGoogle Play Music上にアップロードされると、以後Music Managerを操作することはほとんどなくなります。監視する音楽フォルダを変更したり、Google上の音楽ファイルをPCに一括ダウンロードするなどの操作が必要な場合は、Music Managerの設定画面から行うことができます。

Music Manager へのアクセス

Music Manager の使い方

デスクトップ画面右下のタスクトレイにある、ヘッドフォンアイコンを右クリックしてMusic Managerへアクセスします。

Music Manager の使い方

トラブルシューティングツールでは、アップロード出来なかったファイルなど、原因を探ることが出来ます。

  • ○曲アップロードしました
    最後にアップロードされた曲の数が表示されます
  • オプション
    Music Managerの設定画面を開きます
  • 音楽プレーヤーに移動
    ブラウザでGoogle Play Musicを開きます
  • トラブルシューティングツールを実行
    トラブルシューティング画面を開きます
  • ヘルプ
    ブラウザでヘルプを開きます
  • 終了
    Music Managerを終了します。フォルダ監視とアップロードが停止します。

Upload(アップロード)タブ

Music Manager の使い方

アップロードタブ

「Upload(アップロード)」タブでは、初期設定と同様に、同期させたいフォルダを追加したり、削除したりすることが出来ます。

追加する場合は、「Add folder(フォルダを追加)」を、削除する場合は「Remove folders(フォルダを除外)」をクリックします。画面下の、「Automatically upload songs added to my selected folders(選択したフォルダに追加した曲を自動的にアップロードする)」にチェックを入れている場合は、選択したフォルダに新しい曲が追加されると、Web上に自動でアップロードされます。チェックをしていない場合は、その上の「Upload(アップロード)」ボタンをクリックして、手動でアップロードを実行します。

Download(ダウンロード)タブ

Music Manager の使い方

ダウンロードタブ

「Download(ダウンロード)」タブは、Web上に保存した曲を、自分のPCにダウンロードする際に使用します。
「Download my library(マイライブラリをダウンロード)」ボタンをクリックすると、保存先を聴いてきますので、保存先を指定してダウンロードを行います(「Start download(ダウンロードを開始)」ボタンをクリック)。

Music Manager の使い方

保存先の選択画面

個別のダウンロードを行う場合は、ブラウザのGoogle Play Musicから行います。

Advanced(詳細)タブ

Music Manager の使い方

詳細タブ

  • 音楽コレクションの場所:フォルダー
    初期設定で指定した、PC上のミュージックコレクション(itunes、Windwos Media Player等)で指定した場所を変更することが出来ます。例えばPC上の音楽管理を、iTunesからWindows Media Playerに変更した場合などにやるのかもしれません。
    クリックしてみましたが、どうやら「変更」をクリックして、OKをすると、同期履歴が初期化されるようです。
  • アップロードに利用できる帯域幅
    アップロードの帯域(回線速度)を指定します。モバイルPC環境でなければ、変更の必要はないと思います。

    • Fastest possible:最大可能速度(初期値)
    • 1024kbps(fast):高速
    • 512kbps(medium):中速
    • 256kbps(slow):低速
    • 128kbps(slowest):最も低速
  • パソコンの再起動時に自動的に起動する
    PCが再起動した時に、自動的にMusic Managerを起動します。(初期値:ON)
  • Google Play の機能向上のため、クラッシュレポートをGoogleに自動送信する
    Google Playをよりよくするために、クラッシュレポートをグーグルに自動的に送信する。(初期値:ON)
    ※協力したくない人は、OFFで。
  • ログイン名:xxxx@gmail.com
    Music Managerが、現在どのGoogleアカウントでサービスにログインしているかを表示します。サインアウトする場合は、「ログアウト」ボタンをクリックします。

About(概要)タブ

Music Manager の使い方

概要タブ

「About(概要)」タブでは、使用中のMusic Managerのバージョン情報、サードパーティーのライセンス表示を確認することが出来ます。

アップロードを中断するには

初回利用時などは、大量の楽曲の新規アップロード中に、楽曲情報の文字化けに気がついて、タグ情報の編集のためにアップロードを中断したいこともあるでしょう。

アップロードを個別に中止する方法はありませんが、Upload(アップロード)タブ で指定したフォルダを一旦解除することで、未アップロードの曲のアップロードを停止させることが出来ます。

その後、必要に応じてアップロード済みの楽曲(またはアルバム)をGoogle Play Music上のライブラリから削除(またはGoogle Play Musicライブラリの初期化を実行)して、改めてアップロードしたいフォルダを指定します。

Outlook関連の特集

  1. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  2. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  3. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  4. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  5. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…

スマホ関連の特集

  1. Google Play Music パーフェクトガイド
    Google Play Music は、クラウド上に保存した音楽を各種端末上でストリーミング再生した…
  2. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  3. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
ページ上部へ戻る