Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

このページでは、クラウド保存とラジオステーションが無料で利用できる米国のGoogle Play Musicへの登録について記述しています。日本版Google Play Musicを利用する場合は、このページの操作を行う必要はありません。

また、日本版の登録作業に比べて、内容に難解な部分が含まれるため、エラーやトラブルにご自身で対応する自信の無い方は日本版Google Play Musicの利用登録をお奨めします。

日本版Google Play Musicに利用登録済みのアカウントで、米国版Google Play Musicの利用登録を行うことはできません(登録画面をスキップして、日本版Google Play Musicにログインしてしまうため)。なお、Googleアカウント自体は日本で作成したものでも米国版Google Play Musicに登録は可能です。

※利用に当たっては、お住まいの地域の法令に従って 正しく利用しましょう。

1.手順の概要

利用開始から 同期用ソフトのダウンロード (Music Manager)までは、概ね以下のステップになります。

① Google Play Music(米国)へアクセス
② Googleアカウントでログイン
③ 支払情報の入力(無料だが、利用者の本人確認のため)
④ Music Managerのダウンロード

日本からどうしても利用したい場合は、少なくとも①から③のステップを、アメリカのプロクシサーバーもしくはVPNサーバー経由で実施する必要があります。

また、日本のGoogleウォレットでも同様ですが、③の支払情報の入力においては、VISA、MasterCard、American Express cardといった国際ブランドのクレジットカードが必要です。残念ながら、JCBは使えませんが、クレジットカードは日本で作成されたものでも大丈夫です。

本記事に基づく、ソフトウェア、経由するサーバー、カード情報の使用等により生じる、いかなる損害も当方では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

2.STEP1 Hotspot Shield でVPN接続する

Google Play Music の使用を開始するには、Google Play Music(米国)へのアクセスし、お使いのGoogleアカウントで、Google Play Music サービスを有効化(アクティベーション)させる必要があります。

いくつかのブログで、「米Googleでアカウントを新規に作成しなければならない」との情報も見受けられましたが、日本のGoogleで作成した既存のGoogleアカウントで問題なくアクティベーションできました。

ところが、国内から普通にアクセスすると、日本のGoogle Play に転送されてしまいます。これは、Google Play Music は、アクセスしてきたPCが、どの国に属するかをIPアドレスで判別し、サービス提供地域ではない国からのアクセスを受け付けないためです。

そこで、Google Play Music側に、アクセスが米国からのものであると認識してもらえるようにするため、プロクシサーバーを経由する方法が、多くのブログ等で紹介されています。

プロクシサーバーを経由してアクセスすること自体は、特別難しい操作ではありません。しかし、玉石混淆のプロクシサーバーの中から、無料で、かつ安全なものを探すのは困難です。そういったプロクシサーバーを経由して、アカウント情報やクレジットカード情報を送信するリスクが、多くの方にとって、Google Play Music にチャレンジする最大のハードルとなっているのではないでしょうか。

そこで、

  • 無料であること
  • 接続先のサーバーの身元がしっかりしているもの
  • 通信の安全性

を満たすであろう方法として、米国・AnchorFree社(所在地は米Googleと同じアメリカ・カリフォルニア州マウンテンビュー)が提供する「Hotspot Shield」を使ってVPN接続する方法を紹介します。「Hotspot Shield」は、日本ではソースネクストが「Wi-Fi セキュリティ」という商品名で販売している個人用VPNサービスです。もちろん、Wi-fi環境でなくても使えますし、本家では、機能限定の無料版を使うことが出来ます

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録するGoogle Play Music (米国版) を日本から利用登録する

Hotspot Shield のダウンロード&インストール

本家無料版を使うには、まず、Hotspot Shield のサインアップ画面から、次の画像の手順で、Hotspot Shieldをダウンロードしてインストールします。

2016.2現在、無料のユーザー登録をしたうえでHotspotShieldをダウンロードするようになっているようです。このページに記載されている方法でうまくダウンロードできない場合は、こちらの記事を参考に、無料のユーザー登録(メールアドレスのみ。名前等は不要)をしたうえで、アカウント管理画面からHotspotShieldをダウンロードしてみてください。※ライセンスキー購入やアカウントに紐づけの箇所を読み飛ばしてください。
Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① ダウンロードリンクがポップアップされますが、自動的にダウンロードが開始されます(画面下部)。自動的にダウンロードが開始しなかった場合は、ポップアップウィンドウから、「Windows」をクリックします。ダウンロードが終わったらポップアップ画面右上の 印をクリックしてポップアップを閉じます。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② ファイルを保存(※IEの場合)

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ フォルダーを開くをクリック(※IEの場合)

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

④ ダウンロードしたファイルをダブルクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑤ 「実行」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑥-1 画面右上のプルダウンメニューから日本語表示(Japanese)に変更します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑥-2 セットアップ画面が日本語に切り替わったら、「インストール」をクリック。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑦ インストール中。しばらく待ちます。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑧ 「完了」をクリックしたら、インストール完了!
※ショートカットの作成オプションはお好みで。

Hotspot Shield のVPN接続を有効にする

インストールが完了すると、画面右下に、Hotspot Shield のウィンドウがポップアップし、VPN接続が開始されます。インストール画面で日本語を選択していれば、UIも日本語表示されるので特別な設定はいりません。簡単な機能説明は以下の画像を参考にして下さい。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

中央がメイン画面(Ver 4.15.3)。初めてインストールした場合は、「Elite」と呼ばれるフル機能版がお試しで利用できます。画像はお試し期間経過後のFreeエディションです。※画像をクリックすると拡大します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

メイン画面へは、画面右下のタスクバーのアイコンをクリックするといつでもアクセスできます。※アイコンが赤の時はVPN接続が切断されている状態を示します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

VPN接続先一覧の画面で、「保護のテスト」をクリックすると、ブラウザが立ち上がり選択したVPNサーバーのIPアドレスが確認できます。

VPN接続した状態で、次のステップの作業を行います。なお、VPN接続の切り替え時等に、Hotspot Shieldへのサインイン(ユーザー登録)を促す画面が表示されることがありますが、特にサインインしなくても使うことは出来ます。

ユーザー登録(登録自体は無料)することで、PCだけでなくスマホ(AndroidやiPhoneなど)複数のデバイスのアカウントを紐づけたり、フル機能(Elite版)の使用期間を延長できる特典等をもらうことができるようです。
Hotspot Shield を格安で入手する方法

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

2015.7.17現在のユーザー登録の特典

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

ユーザー登録するとHotspot Shield をインストールした端末を1ライセンスで最大5台まで管理できる。

Hotspot ShieldはElite版の試用期間後でも 機能が限定されたFree版として、そのまま使い続けることは出来ますが、Free版に切り替わると広告表示がかなり鬱陶しいです。Google Play Musicの無料音楽配信サービス≒ラジオステーションを常時使いたい方は、Elite版ライセンス(1年更新)の購入を検討してみてもよいでしょう。もちろん、ユーザー登録特典をフル活用し、Elite版を延長し続けて使うのも「アリ」です(少なくとも理論上は…)。

3.STEP2 Google Play Musicへアクセス

STEP1の設定が済んだら、Google Play Musicへアクセスし、ご自身のアカウントでGoogle Play Music を使えるようにします。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

(2015.7.17画像追記)

正常にVPN接続されていれば、Google Play Musicの利用登録がされていないアカウントで、Google Play Musicにアクセスすると、サービス内容を簡単に紹介したサインイン画面が表示されます。「SIGN IN」をクリックして設定を開始します。クリックできない時は、ブラウザをChromeにして試してみてください。(※どうしてもIEで進めたい場合は、恐らく右上の「ログイン」から進むことも出来ます。)

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

VPN接続出来ていない、もしくは、GoogleがIPアドレスを正しく検知できていない(稀に発生)時は、「Google Play Music is currently available in select territories.」≒地域判定のエラーが表示されます。※2015.9.3以降は、日本版に遷移する可能性があります。

正しく米国のVPNで接続しているのに、地域判定でエラーが表示される場合(※2015.9.3以降は日本版に遷移するかもしれません。)、Google側で正しくIPアドレスが検知できていないことが考えられます。この場合は、いったんVPN接続を切って、再度接続し直すことで解決できるはずです。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

IPアドレスが誤検知されると、Googleの検索ページも別の国名が表示されます。

Googleヘルプ:google.com から間違った Google ページに移動する

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① 初回アクセス時に、ログインを求められます。Google Play Musicを有効化したいGoogleアカウントでログインします。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② VPN経由でアカウントにアクセスしているため、普段と異なるアクセスに対する確認画面が表示されることがあります。

②の本人確認は、どの方法でも構いませんが、今回は3番目の再設定用メールアドレスを入力する方法で行いました(確認コードによる方法を試してみましたが、コードが送られてこなかった)。この作業で、Googleからメールが届くわけではなく、本人しか知らないはずの確認用メールアドレスを正しく入力できれば、「本人確認できた」ということになります。

本人確認方法に、再設定用のメールアドレスを入力する方法を使いたい方で、再設定用のメールアドレスを設定していない場合は、いったんVPN接続を切りこちらのページを参考に、再設定用のメールアドレスをご自身のGoogleアカウントに登録しておきましょう。この手順を再開する時にVPN接続し直すのを忘れずに。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ Google Play Musicのサインアップ画面に切り替わったら、利用規約に同意して次へ「Agree and Next」ボタンをクリックします。(Emailニュースを受信するのチェックはお好みで)

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

④ 月額制の聞き放題サービスのオプション選択では、「Use Standard」(標準を使う=無料)をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑤ ガイダンス画面。「Next」をクリック

2015年6月24日のアップデート(無料音楽配信サービス≒ラジオステーションの開始)により、上記③④の画面は廃止もしくは変更されているかもしれません。※未確認。理由は下記。
Google Play Musicのサインイン後、いきなりGoogle Play MusicのListenNow画面に移行した場合は、PC版Chromeでサイドメニューから音楽の追加を選択すると、上記⑤の画面にたどり着くことが出来ます。※2015年6月24日のアップデートにより、このような画面遷移が標準になったのかどうかはわかりませんが、7月に試したところ、いきなり「ListenNow」に遷移しました(情報求む!)。

4.STEP3 利用地域の確認(クレジットカード認証)

利用者の地域判定のため、住所の入力とクレジットカードによる本人確認プロセスに移行します。下の画像の手順で作業を進めます。

米国の住所についてはご自身の判断と良識にお任せしますが、少なくとも日本の住所と書き方が異なるので、イエローページ(日本でいうところのタウンページ)を掲載しているサイトなどを参考に、記入してみて下さい。 (例えば、?http://www.yellowpages.com/new-york-ny#  では、画面の下の方に移動すると、ニューヨークのレストランやホテルなど様々なジャンルから、住所や電話番号が検索できます。リンクしていませんので、アドレスをコピペして下さい。)

登録の際、日本のGoogleウォレットで、既にクレジットカード情報を登録している場合は、選択候補に表示されますが、おそらく使用できない(選択できない)ようになっていると思います。クレジットカードの登録を、日本のGoogleウォレットから行うと、そのクレジットカードを所有する利用者の地域も自動的に日本と判定されてしまうようです。つまり、米国のGoogleWalletの画面から登録したクレジットカードでなくてはだめなようなので、A.この画面から別のカードで登録するか、B.いったん、VPN接続を解除のうえ、日本のGoogleウォレットを開いて、既存のクレジットカード情報を削除し、この画面で登録し直す。 のいずれかの方法で、カード情報を登録します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① 利用地域の確認の開始画面。「Add Card」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② 本人確認のための支払手続(0ドル)の開始画面。「Start Now」をクリックして手続を開始します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ Google Wallet の支払情報登録画面。住所やカード番号を入力し、「Accept and continue」をクリックします。 国選択の下は「米国の住所」です。入力ボックスには「Name」とありますが、間違えないようにしましょう。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

④ 最終確認画面が表示されたら、金額が0ドルであることを確認して、「Buy」をクリックします。

以上で、Google Play Musicのアクティベーションは、完了です。

5.STEP4 Music Managerのダウンロード

Step3の登録が成功すると、Music Managerのダウンロードボタンが表示された画面が表示されるので、画面に従って、Music Managerをダウンロードします。あとで、Music Managerをダウンロードしたい場合は、Google Play Musicの画面からもダウンロードすることが出来ます。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① アクティベーション成功後の画面。「Download Music Manager」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② ご自身のGoogle Play Musicの管理画面が表示されたら、「Download Music Manager」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ IEの場合、画面下に保存ダイアログが表示されるので、保存をクリック。ブラウザやOSの組み合わせによってはダウンロードからインストールは自動で実行されることがあります。

ブラウザにGoogle Chromeを使っている場合は、Google ChromeにMusic Managerと同等の機能が組み込まれています。そのため、Google Chromeでは、Music Managerのダウンロードリンクは表示されません。 初回アクティベーション時のみ表示されるようです。後からMusic Managerをダウンロードしたい場合は、IEで管理画面にアクセスする必要があります。

6.STEP5 VPN接続を元に戻す

STEP4まで完了したら、STEP1で設定したVPN接続を切断して、国内アクセスに戻しても大丈夫です。以後は、Google Play Musicの画面にアクセスすれば、VPN接続していなくても普通に使えるようになります。

7.STEP6 それでもセキュリティが心配な方は

無事に一通りの作業を終えたけど、Hotspot ShieldのVPNで通信した内容が心配だという方は、国内接続に戻した後、Googleのパスワードを変更したり、アクティベーションに使ったクレジットカード情報をアカウントから削除しておいても良いでしょう。

Google Walletに登録したカード情報の削除方法

Google Walletにアクセスし、次の画像の手順で削除します。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① Google Wallet へログインします。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② 画面左の「お支払い方法」をクリックします。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ 削除したいカードの右に表示されている「削除」リンクをクリックします。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

④ 削除の確認画面で、「はい、削除します」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

⑤ 無事にカード情報が削除されました。

Googleアカウントのパスワードを変更する方法

Googleアカウントでログインした状態で、画面右上のアカウント設定からパスワードを変更できます。

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

① 画面右上から、「アカウント」編集用のリンクをクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

② アカウント設定画面で、パスワード欄をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

③ 変更前のパスワードと変更後のパスワードを入力して、「パスワードを変更」をクリック

Google Play Music (米国版) を日本から利用登録する

④ パスワード欄に、最新の更新日時が表示されたら変更完了です。

パスワードを変更すると、変更した旨のメールがGoogleから届きます。

編集履歴

【第2版】 公開日:2015年3月9日  更新日:2015年9月3日
【第1版】 公開日:2014年2月2日

Outlook関連の特集

  1. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  2. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  3. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  4. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  5. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…

スマホ関連の特集

  1. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  2. Google Play Music パーフェクトガイド
    Google Play Music は、クラウド上に保存した音楽を各種端末上でストリーミング再生した…
  3. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
ページ上部へ戻る