gSyncit ライセンスの購入と登録

アクティベーションキーの購入と製品の有効化

インストールが完了すると gSyncit は試用版として動作します。

まずは試用版で動作を確認したい方は、ここは読み飛ばして各種同期設定の箇所をご覧ください。なお試用版では以下の制限があります。

  1. 同期を実行するたびに登録を促すダイアログが表示されて10秒間待たされます。10秒後に同期実行ボタンを押すことで同期が開始します。
  2. 連絡先、メモ、タスクの同期できる数(エントリ数)が 50個。
  3. 同期できるのは,1 つの Google、Outlook カレンダーのみ。
  4. 連絡先、メモ、タスクでのエントリの削除が同期されない。

試用の際には、とくに上記4の削除されたエントリの同期がされない点に注意して動作を確認して下さい。例えば連絡先をOutlookから削除してもGoogle上の連絡先は、試用版の仕様のため削除されません。なお、試用版から製品版へ移行する際は、いったん同期履歴の初期化をおこなうことをおすすめします。

ライセンス購入の手順

①購入画面を開く

gsyncit-reg1

購入するには設定画面の左下「Application Settings」の「Register」を選択して、「Purchase License」をクリックし、開いたウェブページから必要なライセンスを購入する手続きを行います。

支払いはPayPalのみのようですので、登録していない場合はあらかじめ日本のPayPalサイトで利用登録をしておいた方が良いです。日本語でなくても大丈夫な方は、そのまま英語サイトで登録しても良いでしょう。

②ライセンス購入の流れ

開いたウェブページで「GSYNCIT V3 (windows)」の「PayPal」ボタンをクリック。複数のPCで使用する場合は、台数分のライセンスが必要になるので、その場合は必要な数を入力した上で「PayPal」ボタンをクリック。

gsyncit-reg2

PayPalの支払画面に移ります。PayPalのアカウントでログインし支払いを完了させます。支払後しばらくするとPaypalとは別にFieldston Softwareから「Order Confirmation=ご注文の確認」というタイトルのメールで「Product Key」が届きます。

gsyncit-reg3

届いたプロダクトキーを先ほどの設定画面に入力し、「Register」ボタンをクリックすると数秒間の通信の後、試用版が解除されます。

gsyncit-reg4

おすすめOutlook同期ソフト

iCloudやYahoo!Japanにも対応!圧倒的な対応サービス数と最強のコストパフォーマンス。日本語UIで使いやすい。
120万ダウンロードを突破した安定感抜群の老舗同期ソフト。詳細な同期設定はもちろん システム手帳アプリとの連携も素晴らしい。
値段は高いが クラウドを使わずにOutlook同士を直接同期したいならこれ。

Outlook関連の特集

  1. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  2. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  3. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  4. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  5. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…

スマホ関連の特集

  1. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  2. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  3. Google Play Music パーフェクトガイド
    Google Play Music は、クラウド上に保存した音楽を各種端末上でストリーミング再生した…
ページ上部へ戻る