Sync2の基本操作

ここでは、Sync2のメイン画面と、作成した同期プロファイルの設定(同期アイテムの指定、フィルター、復元など)について説明します。

メイン画面の構成

Sync2の基本操作

Sync2のメイン画面構成

メイン画面は大きく3つのエリアで構成されていて、上から、ツールバー、同期プロファイル一覧、同期アイテム一覧が表示されています。ツールバー上の各ボタンの機能は次のとおり。

Sync2の基本操作 同期プロファイルを新規作成します。クリックするとSynchronization Setup Wizardが起動します
Sync2の基本操作 作成済みの同期プロファイルの詳細設定(同期アイテムの指定、フィルター、復元など)を行います
Sync2の基本操作 下の同期プロファイル一覧で選択した同期プロファイルの手動同期を実行します
Sync2の基本操作 すべての同期プロファイルについて手動同期を実行します
Sync2の基本操作 同期中の処理を中断します

Settings(同期プロファイルの詳細設定)

Settingsボタンをクリックすると、同期プロファイル一覧で選択した同期プロファイルの詳細設定(同期アイテムの指定、フィルター、復元など)を行うことが出来ます。作成したプロファイルのタイプ(FTP経由、Google経由、LAN経由、USB経由)によって設定項目が若干異なりますが、ほとんどは共通しています。
ここではUSBプロファイルの詳細設定画面を使って説明し、最後に各プロファイルタイプ固有の設定項目で解説が必要そうなものについて触れていきます。

Generalタブ

Sync2の基本操作

Generalタブでは、同期の履歴や、同期させる周期(タイミング)などを設定します。各項目の解説は以下のとおり。
Sync2の基本操作

 

プロファイルタイプが、「4Team FTP Service」の時に特有の設定項目

Generalタブの「Configuration」ボタンをクリックすると4Team FTP Serviceを利用するための設定画面が開きます。ここからパスワードの変更、アカウントの確認、FTPの接続テストなどを行うことができます。

sync2-076

 

プロファイルタイプが、「FTP」の時に特有の設定項目

Generalタブの「Configuration」ボタンをクリックするとFTPサーバーに接続するための設定画面が開きます。FTP側でパスワードを変更した場合に、ここからSync2の接続パスワードを変更します。FTPフォルダを変更することは出来ません。変更する場合は、新規プロファイルを作成する必要があります。

sync2-077

Data Folders and Filtersタブ

Sync2の基本操作

Data Folders and Filtersタブでは、同期させたいOutlookの項目、同期させる期間、分類項目などアイテムごとに細かな同期設定を行うことができます。

  • 画面左のフォルダーツリー(樹形構造)になっているOutlookアイテムの中から、同期させたいものにチェックを入れます。
  • アイテムを選択すると画面右側の「Edit Filters」ボタンがクリックできるようになります。
  • サブフォルダのあるアイテムを選択すると、フォルダーツリー下のボタンがアクティブになります。「Select subfolders」をクリックすると選択したアイテムに含まれるサブフォルダをすべて選択します。「Unselect subfolders」はその逆です。
  • フォルダーツリーでは、Outlookで規定のデータファイルとして設定されているOutlookフォルダが表示されますが、「Show All Storage Folders」にチェックを入れると、Outlook上に読み込んでいるその他のデータフォルダも表示されます。

 

Edit Filters

Edit Filtersボタンをクリックすると、選択したアイテムの特性に応じたフィルター条件が設定できます。

sync2-075

 

プロファイルタイプが、「Google Calendar Sync」の時に特有の設定項目

プロファイルタイプが、「Google Calendar Sync」の場合、Data Folders and Filtersタブから、Outlookと同期させるGoogleカレンダーを指定することが出来ます。

Sync2の基本操作

対応するOutlook側のカレンダーを選択して、右の「Change」ボタンをクリック

Sync2の基本操作

同期させたいGoogleカレンダーを選択して「OK」をクリック

 

プロファイルタイプが、「Google Tasks Sync」の時に特有の設定項目

プロファイルタイプが、「Google Tasks Sync」の場合、Data Folders and Filtersタブから、Outlookと同期させるGoogleタスク(TODOリスト)を指定することが出来ます。基本的な操作は、画面の「Add」、「Edit Filters」、「Change」、「Remove」のボタンを使って行います。

Sync2の基本操作

Google側のTodoリストが読み込まれます。

Sync2の基本操作

「Add」ボタンをクリックし、フォルダーツリーから任意のタスクフォルダを指定(または作成)すると、OutlookのタスクフォルダがGoogle側に同期される

Sync2の基本操作

同期しているGoogleタスクの一覧の1つを下から選択し、「Edit Filters」をクリックすると、タスクリストの同期方法を制御できる

Sync2の基本操作

同期しているGoogleタスクの一覧の1つを下から選択し、「Change」をクリックすると、選択したGoogleタスクリストを同期させるOutlook側のタスクフォルダを変更できる

「Remove」ボタンは、タスクリストの同期対象から外すだけなので、GoogleもしくはOutlookのタスクフォルダ(リスト)自体は削除されません。タスクフォルダ(リスト)そのものを削除するには、OutlookおよびGoogleタスクの画面から直接削除する必要があります。
Sync2のVer2.61.2616では、Data Folders and Filters画面上の日本語のタスクリスト名が文字化けしていました。ただし、タスクそのものは日本語できちんと同期するので実用にはあまり問題はないと思います。

Other Settingsタブ

Other Settingsタブでは、同期前の自動バックアップの有効化(又は無効化)を切り替えることが出来ます。また、同期前の状態に復元する機能にアクセスすることが出来ます。  詳しくはこちら

sync2-072

How to sync with another PC タブ

Synchronization Setup Wizard の最後に表示される同期用IDを参照できます。同期用IDは他のPCとの同期を設定する際に使用します。

sync2-073

おすすめOutlook同期ソフト

iCloudやYahoo!Japanにも対応!圧倒的な対応サービス数と最強のコストパフォーマンス。日本語UIで使いやすい。
120万ダウンロードを突破した安定感抜群の老舗同期ソフト。詳細な同期設定はもちろん システム手帳アプリとの連携も素晴らしい。
値段は高いが クラウドを使わずにOutlook同士を直接同期したいならこれ。

Outlook関連の特集

  1. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  2. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  3. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  4. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  5. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…

スマホ関連の特集

  1. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  2. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
  3. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
ページ上部へ戻る