ホーム WordPress カスタム投稿タイプ別にリビジョンを無効化できるプラグイン Disable Post Revision

カスタム投稿タイプ別にリビジョンを無効化できるプラグイン Disable Post Revision

WordPressには、投稿を編集する際に編集前の内容を自動で保存してくれるリビジョン機能があり、編集前(改訂前)の内容を復元できるようになっています。一見便利な機能ですが、改訂版ごとにデータベースのidが割り当てられて保存されていくために、データベースの容量や投稿番号が意図しない形で肥大化するデメリットがあります。

リビジョン機能を無効化するには、WordPressのインストールフォルダ内の wp-config.php ファイルに1行追加するだけの単純な作業ですが、この方法では「投稿ページではリビジョンを無効にして、固定ページではリビジョンを使いたい」といったように、リビジョン機能のON・OFFを使い分けることはできません。

今回紹介するのは、Disable Post Revision は、投稿ページ、固定ページ、カスタム投稿タイプごとにリビジョン機能のON・OFFを管理画面から簡単に切り替えられるプラグインで、投稿タイプ別にリビジョン機能を使い分けたい方はもちろん、 wp-config.php ファイルをいじりたくない初心者の方にもおすすめです。

Disable Post Revision の使い方

まず、プラグインをWordPress公式サイトからダウンロードしてご自身のサイトにアップロードしてインストールするか、管理画面のプラグインの新規追加画面からDisable Post Revision を検索してインストール&有効化しておきましょう。

インストールが終わったら、WordPressの管理画面から「設定>投稿設定」を開くと、画面の上の方に「Disable Post Revision」という項目が追加されているのが確認できます。

リビジョン機能を無効にしたい投稿タイプを、Ctrlキーを押しながらマウスでクリックして選択します(※選択した投稿タイプは背景色が反転します)。選択が終わったら、投稿設定画面下部の「変更を保存」ボタンをクリックして完了です。

ちなみにこのプラグインによってWordPressの表示速度が低下することはありません。また、 wp-config.php にリビジョンを無効にするコードを挿入する方法とは別の方法でリビジョン機能を制御しているようなので、冒頭で述べたメリットの他に、ローカル環境から本番環境に移行する際に wp-config.php にコードを挿入し忘れるといったミスを防ぐこともできるおまけ的なメリットもあります。