アクティベーションキーの購入と製品の有効化


ECOのライセンスを購入する

インストール後、ECOは試用版として動作します。試用期間中でも機能に制限はありませんが、試用期間後も使い続けるには、ライセンス(アクティベーションキー)を購入する必要があります。ここでは、購入方法の手順を説明します。
 

購入は、試用版で十分に動作を確認されてからご自身の判断で行ってください。動作不良や同期失敗によるデータ損失等、いかなる事象も当方では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
公式サイト以外で配布・販売されているものは、バージョンが古く、日本語に対応していません(ライセンスも異なるようです)。ダウンロード及びアクティベーションキーの購入は、いずれも必ず公式サイトからおこなって下さいとのことです(ECOサポートに確認済)。

 

① 日本版公式サイトの販売ページを開く

日本版公式サイト「お買い上げ」ページに移動し、画面に以下のクーポンコードを入力すると、金額が割引価格に変化します

日本限定のクーポンコード
W34J-KKF3-KBU3

 

製品名と割引後の金額を確認して、「今すぐ購入」ボタンをクリックします。※クーポンコードは正しく入力しないと適用されません。また、日本からアクセスした方のみ、このクーポンを利用できるとのことです。

日本限定のクーポンコードを入力すると、少し安く買える

日本限定のクーポンコードを入力すると、割引価格で購入できます。

クーポンコードを入力して割引価格が表示された。数量はこの後の画面で変更できます。
 
画像は「チームエディション」となっていますが、現在は「PRO edition」となっています。中身は同じです。

EVO Collaborator for Outlook のクーポンコードは、私が使い方などについて、EVOチームの方とやりとりをする中で、日本ユーザーのために、特別に提供していただけることになりました。EVOチームの皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

② PayPalで決済

代金の決済は、PayPal経由で行うことができるので安心です。また、おなじPayPal経由の決済方法でも、競合製品の gSyncit等 がドル建ての決済であるのに対して、EVO Collaborator for Outlookの購入は日本円での決済になるため、為替が円安に振れても、高くなることはありません。もっとも、EVO Collaborator for Outlook はメジャーバージョンアップが無料なので、たとえ円高の場合であってもコストパフォーマンスは最強です。

PayPalをご存じない方は、PayPalの公式ページを参照して下さい。ダイレクトでクレジットカード決済するよりも安全性が非常に高く、サポートも含めて日本語に対応しています。アカウントを持っていない場合は、購入画面から新規アカウントを作成することが出来ますが、個人的には、あらかじめ日本のPayPalサイトで利用登録をしておいた方が、スムーズに購入手続ができると思います。  PayPalのはじめかた

① PayPal支払画面。複数のPCで使う場合は、画面左の「お客様の注文の明細」欄にある「数量」を必要な数に変更して、すぐ下の「更新」をクリックします。

② PayPalにログイン

③ 支払確認画面

③ アクティベーションキーが届く

PayPalでの支払を終えると、PayPalから決済完了のメールなどが届きます。PayPalとは別に「EVO support desk」から、アクティベーションキーがメールで送られてきます。

アクティベーションキーが記載されたメールが届く。

試用版の解除(アクティベーション)

アクティベーションキーが記載されたメールにも書いてありますが、以下の手順で、ECOをアクティベーション(有効化)します。

① License status をクリック

② 送られてきたアクティベーションキーを入力し、下の「ライセンス」欄に、ユーザー登録用の名前を入力したら、「アクティベートする」ボタンをクリック

③ アクティベーション完了!

アクティベーション時のエラー

アクティベーション時にエラーコードが表示されてアクティベーションが出来ない場合は、エラーコードを添えて、公式サポートに問い合わせてください。

メールでサポートを受ける

また、以下のフォーラムトピックが参考になるかもしれません。
アクティベーションキーについて(ECOユーザーフォーラム)

ライセンス使用上の注意

アクティベーションキーは、1台につき1つ有効です。複数のPCで使用する場合は、台数に応じたライセンスが必要になります。また、PCを買い換えたり、初期化する際は、上の画面から「アクティベーションしない」をクリックして、PCとライセンスの紐付けを解除しておきましょう。その後、新しい(もしくはリフレッシュした)PCで、再度アクティベーションします。

複数人数で使う場合に必要なライセンス数について(ユーザーフォーラムQ&Aより)