同期状況の初期化をする


概要

なんらかの事情でECOの同期状況をリセットしたい場合は 以下の手順で同期状況を初期化することが出来ます。なお、同期状況を初期化した後、再度同期を実行すると、初回同期の時同様、クラウドサービス側のデータのみがOutlook側へ同期されます。ここではまず、ECOの同期状況に関するデータや設定ファイルなどが格納されているフォルダについて説明してから具体的な初期化手順について説明します。
 

このページに書かれている内容は、PCの操作に比較的詳しい方向けの内容になっています。通常利用においては必要のない操作です。データの削除等を伴う作業ですので充分に注意しておこなって下さい。操作の結果について当サイトは一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

 

Evo Collaborator Outlookフォルダについて

ECOの同期データはマイドキュメント内のEvo Collaborator Outlookフォルダ(以下「ECOフォルダ」)に格納されています。ECOは同期によってクラウドとリンクしているアイテムやクラウドとOutlookに格納されている情報の新旧をこのフォルダに格納されているデータを基に識別しています。
 

ECOの同期(履歴)データは、マイドキュメントフォルダのECOフォルダに格納されている

ECOフォルダ内には同期プロファイルごとのフォルダ0~100までと、同期ログや設定ファイルが格納されている

 

フォルダ内の各ファイルは通常の利用においてユーザーが操作することはありません。不用意に操作・編集しないようにしましょう。

  • IcsOutlookフォルダ
    0~100までの同期プロファイル番号に対応した同期状況データが格納されています。なお、プロファイルの設定をしていない番号のフォルダの中身は空になっています。
  • EvoCollaboratorOutlookSettings.log
    「どの同期プロファイルがいつ同期されたか」が記録されたログファイル
  • EvoCollaboratorOutlookSettings
    同期プロファイルの設定情報(閲覧不可)。
  • EvoCollaboratorOutlookSettingsFolderMonitor.log
    「どのアイテムがいつどのように処理されたか」が記録されたログファイル
  • license.dat
    PCに関連づけられたライセンス情報(閲覧不可)

 

初期化手順

ECOフォルダ内のファイルを操作する場合は、必ずOutlookを終了させておきましょう。
同期状況(履歴)のみを初期化する場合は次の手順Aのみを実行します。同期プロファイルも消去したい場合は手順Bをあわせて実行して下さい。なお、下記は連絡先について説明していますが、カレンダーやタスクについても同様に操作して下さい。

手順A 同期状況(履歴)を初期化

初期化の手順は、クラウドサービス側のデータとOutlook側のデータのどちらをプライマリ(≒オリジナル)データとして 初期化後の運用をしたいかによって、途中から二通りに分かれます。

共通手順

① 削除したいプロファイルに対応するIcsOutlookフォルダを選択して削除します。なおIcsOutlookフォルダは次回同期時に自動で再生成されます。

② Outlookを起動し、ECOの同期処理が終了してから、ローカルを参照するアイコンをクリックします。

 

③ クラウドサービス側のデータがリンクされた状態でOutlook側へ同期され(黒色のアイテム)、リンクが解除された初期化前のデータ(グレーのアイテム)と併存している状態になります。

 

クラウド側のデータをプライマリにする場合

クラウド側のデータをプライマリにする場合は、③までの作業によってOutlook側に残っているリンクが解除されたアイテム(=クラウドとの同期が解除されたグレーのアイテム)を削除するだけです。

私の環境では、v1.0.118現在、③までの作業によって、Googleコンタクト側に一部重複が発生することを確認しています。従って、可能な限り、この後の「Outlook側のデータをプライマリにする場合」の手順によって作業した方が良いかもしれません。

 

④-g キーボードで「Ctrl+G」を押して、グレーのアイテムを全て選択し、右下の「消去」をクリックします。

⑤-g 併存していたアイテムが削除されました。

 

Outlook側のデータをプライマリにする場合

Outlook側のデータをプライマリにする場合は、クラウド側のアイテムを消去した後に、Outlook側のアイテムをクラウドにアップロードします。

④-o Googleコンタクトにアクセスし、全ての連絡先を削除します。※ECOの「サーバー検索」ボタンから削除することも出来ますが、今のところクラウド側の操作に関してはレスポンスが遅いので直接ブラウザからアクセスして削除した方が早いです。

⑤-o キーボードで「Ctrl+B」を押して、黒文字のアイテムを全て選択し、右下の「消去」をクリックします。

⑤-o の操作は本来不要だと思うのですが、私の環境では、v1.0.118現在、③までの作業の後に Googleコンタクト側でアイテムを削除しても Outlook側のアイテムが リンクされた状態で残ってしまう現象を確認しました。もしもOutlook側に黒文字のアイテムが残ったままになっている場合は、⑤-o の手順を参考にして 手動で削除して下さい

 

⑥-o 併存していたアイテムが削除され、リンクが解除された状態のアイテム(=もともとOutlook側にあったアイテム)だけが残ります。

⑦-o キーボードで「Ctrl+A」または「Ctrl+G」を押して、グレーのアイテムを全て選択し、下の「O2C Outlookからクラウドにコピー」をクリックします。

 

⑧-o アップロード先のプロファイルを選択して「Choose」をクリックします。

⑨-o アイテム数にもよりますがアップロードには時間がかかります。アップロード中は一時的に画面が「応答なし」になることがありますが、気長に待ちます。

⑨-o でコピーに失敗する場合は、いったんOutlookを終了させて、ECOフォルダ内の「Evo Collaborator Outlook Settings Folder Monitor.log」ファイルを削除します。

 

手順B 同期プロファイルの初期化

同期プロファイルを削除する場合は、「Evo Collaborator Outlook Settings」ファイルから 対応するプロファイル番号のものを選択して削除します。なお100番はUIに使用する言語の選択状況などが格納されており、削除した場合はECOで使用する言語の選択状況もリセットされます。

 

おまけ:license.dat について

「license.dat」ファイルにはECOのライセンス情報が格納されています。このファイルを削除してしまうと、ECOが試用版に戻ってしまうので削除しないでください。

新しいPCを購入してECOを移行させる場合や、PCを購入時の状態に初期化させる場合は、ECOのアクティベーション画面を開き、①古いPCでは「アクティベーションの解除」を行い、②新しいPC(もしくは初期化後のPC)で再度「アクティベーション」させます。

試用版の解除(アクティベーション)

「license.dat」ファイルをコピーする方法では、原則として新しい環境でアクティベーションできません。