ウィルス対策機能の統合とNOD32の設定


概要

このページでは、EVOメールサーバーにNOD32(又はESET Smart Security。以下、単に「NOD32」と記述します。)のウィルス対策機能を統合する方法と、NOD32の機能の設定について解説します。
 

EVOメールサーバーとNOD32の統合

まず、EVOメールサーバーのコントロールパネル 「Setting」タブを開きます。

① セクション「8.アンチウィルス機能の統合」に移動し、ウィルス対策を有効にする欄の「NO」をクリック。

②「NOD32」のラジオボタンを選択。
※ecls.exeの場所は自動検出されます。

 

NOD32の設定変更

これまでの手順で、EVOメールサーバーでのウィルス検知が可能になっているので、NOD32の電子メールクライアントのウィルス検知機能など一部機能を無効にします。 詳細はこちら

解説に使用している画面は、ESET Smart Security V8 のものです。

 

EVOメールサーバー関連フォルダの監視除外

① NOD32の詳細設定画面左のツリーメニューから「除外」を開き、「追加」をクリック。

②「EVO software production」フォルダを指定して「追加」をクリック。

③ 続けて「EvoMailServer」フォルダを指定して「追加」をクリック。

④ 2つのフォルダを追加できたら「OK」をクリック。

⑤ UACダイアログが表示されたら「はい」をクリック。

 

電子メールクライアント保護機能の停止

① 電子メールクライアント保護の検査対象メールのチェックを全て外す。

② メールソフトウェアとの統合のチェックを全て外す。

③「IMAPのチェックを有効にする」のチェックを外す。

④「POP3のチェックを有効にする」のチェックを外して「OK」をクリック。

⑤ UACダイアログが表示されたら「はい」をクリック。

⑥ 設定画面の「電子メールクライアント保護」のプルダウンで、「自動的に有効にしない」を選択。

⑦ UACダイアログが表示されたら「はい」をクリック。

 

プロトコルフィルタリングの除外設定

①「対象外のアプリケーション」で「追加」をクリック。

② EvoMailServer.exeを選択して「開く」をクリック。

③ EvoMailServer.exeが一覧に追加され、チェックが入っていることを確認して「OK」をクリック。

④ UACダイアログが表示されたら「はい」をクリック。

 

サーバー設定のステータスを確認

上記の設定が済んだら、「ステータス」タブのセクション「3.サーバー設定のステータス」を確認します。

ウィルス対策 にNOD32の活動状況が表示されていることを確認します。