Windowsファイアウォールに切り替える


概要

EVOメールサーバーを利用するには、インストールしたWindowsPCのポートをいくつか開放する必要があります。手動でポートを開放する方法もありますが、EVOメールサーバーでは、コントロールパネルから必要なポートを自動で開放する機能があります。

EVOメールサーバーの公式マニュアルでは、NOD32とWindowsファイアウォールの使用を前提に説明されていますが、NOD32よりもESET Smart Security(ESET ファミリー セキュリティ 3年5台)の方が安く入手できるので、こちらを使いたい方もいると思います。

このページでは、ESET Smart Securityのパーソナルファイアウォールを無効化してWindowsファイアウォールに切り替える方法について説明します。

NOD32を導入している方(ESET Smart Securityではない方)はこのページの操作は必要ありません。
 

パーソナルファイアウォールを無効化する

※ケーススタディでは、ESET Smart Security V.8を使用しています。

① Smart Securityを開いて画面左から「設定」をクリック。

② 設定画面一番下の「詳細設定を表示する」をクリック。

③ 「システム統合」から「パーソナルファイアウォールを全く使用しない」を選択し「OK」をクリック。

④ ユーザーアカウント制御ダイアログが表示される場合は「はい」をクリック。

⑤ ネットワーク欄で、「パーソナルファイアウォール」欄が白色になりました。続いてホーム画面を確認します。

⑥ 全てのファイアウォールが無効になっているので、警告表示が出ています。Windwos を再起動します。

 

Windowsファイアウォールを有効化する

再起動すると、Windowsファイアウォールが有効になるはずですが、推奨設定になっていないことがあるので確認します。いったん推奨設定にしてから、必要に応じてカスタマイズをおこなって下さい。

①「Windowsファイアウォール設定の更新」欄で、「推奨設定を使用します」をクリック。

② Windowsファイアウォールの警告表示が消えました。
なお、接続しているネットワークがパブリックネットワークになっていますが、ケーススタディで使用しているスティックPCはWi-Fi接続なのでそのままにしました。

念のためSmart Securityのファイアウォールの状態も再確認しておきます。

WindowsファイアウォールとESET(ウィルス対策のみ)でも警告は表示されていないことが確認できます。

 

ウィルス対策機能の設定

EVOメールサーバーを運用するにあたって、NOD32およびESET Smart Securityのウィルス対策機能の設定変更が必要になりますが、この作業は、EVOメールサーバーをインストールした後に実施します。

EVOメールサーバーインストール前の準備についてのケーススタディは以上です。