OUTLOOKへ同期時の公開設定について


このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 ヶ月、 2 週間前に  Dio さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #6110 返信

    Dio

    タイトルについてですが、貴サイトにて下記の記載を拝見したのですが、
    OUTLOOKで作成した予定だけでなく、Googleカレンダーで登録された予定で
    デフォルト値が非公開(非共有)になっていてもOUTLOOKへ同期時に全ての予定を公開で登録をさせたいのですが、
    >「NonPrivateGoogleCalendarVisibility=PUBLIC」の様なパラメーターは存在しないのでしょうか?
    もし設定方法ありましたらご教示いただきたく投稿いたしました。
    宜しくお願いいたします。

    >② ECOのパラメーターを編集する方法(ECO Ver.2.0.56以降)
    >いったん、Outlookを終了させたうえで、
    >C:Users /Documents/Evo Collaborator Outlook/FolderSettings.ini をメモ帳などのテキストエディタで開き、以下の一行を書>き加えて上書き保存します。
    >「NonPrivateGoogleCalendarVisibility=PUBLIC」
    >これにより、同期させるGoogleカレンダーの公開設定のデフォルト値が非公開(非共有)になっていても、Outlook側で作成し
    >た予定は「一般公開」としてGoogleカレンダー側に同期されます。

  • #6111 返信

    管理人
    キーマスター

    Dio さん

    こんばんは。
    結論から申し上げますと、現時点でそういったパラメーターは用意されていないようです。

    ECOは、基本的にクラウド(サーバー)側のデータをマスターとして取り扱う設計思想のように思われますので、Google側かで非公開の予定として作成されたものをOutlook側に「公開の予定」として同期させることはできません。

    いったん非公開の予定として同期された予定を、Outlook側で個別に「非公開」ボタンを解除して保存しなおすことは可能ですが、試してみたところ、その場合、Googleカレンダーのデフォルト値、またはiniファイルで編集した「PUBLIC」等として同期されました。

    そもそも、Outlookで非公開ボタンを押さない場合は、公開予定としてGoogleに同期されれば良いのでは?という考え方もありますが、Outlookで「非公開」ボタンを押さない予定を常に「公開予定」として同期するようにしてしまうと、ボタンを押す習慣のないユーザーが、予期せずプライベートな予定をGoogleカレンダーで一般公開してしまう恐れがあるので、それを防止する目的があるためです。

    したがって、パラメーターを指定しない限り、「非公開」ボタンが押し下げられていない予定は、Googleカレンダーのデフォルト値を採用するようになっているようです。

    そのような安全装置が不要な場合は、ECO Ver.2.0.56のパラメーターオプションを指定(PUBLIC)することで、Outlookから、デフォルト値が非公開になっているGoogleカレンダー側へ同期する際、作成時に「非公開」ボタンが押し下げられていない予定は、常に公開予定としてアップロードすることができるようになります。

    つまり、このパラメーターは、Outlookで予定作成時に「非公開」ボタンを使う習慣が身についているユーザー向けのオプションであるといえるでしょう。

  • #6112 返信

    Dio

    管理人様

    回答ありがとうございました。

    会社のスケジュール管理がOUTLOOKの為、個人端末からGoogleカレンダー経由で同期して使用していました。

    同僚からお前の予定が見えないと言われ確認した所、個人端末で登録した予定が
    Googleカレンダー経由でOUTLOOKに登録された物で、全て非公開で登録されてしまい、
    困っていたのですが現状は、再度OUTLOOKで設定しなおすしかなさそうですね。

    VerUPでなんらか対応できるようになる事を期待して、当面は再設定し直します。
    ありがとうございました。

返信先: OUTLOOKへ同期時の公開設定について
あなたの情報: