Google Play Music:Playミュージック アプリの使い方

Playミュージック アプリの使い方 アプリ&ソフト
  - 

Google Play Music のスマホアプリ「Playミュージック」はスマホ内(SDカード、内部ストレージ)と、クラウド(Google Play Music)に保存した音楽の両方を再生することが出来ます。このページでは、アプリのセットアップと基本操作について解説します。

サービスの仕組みや用語については、ブラウザ版Google Play Musicと共通しているため、適宜該当箇所を参照できるようにリンクしてあります。

アプリで出来ないこと

アプリ版のGoogle Play Musicは基本的に再生に特化しています。したがって、クラウドへの曲のアップロード、アルバムアート(ジャケット写真)を含む楽曲情報の編集は出来ません。これらの操作はブラウザ版Google Play Musicでのみ可能です(※ブラウザ版で編集した内容はアプリに反映します)。

アプリ単体でスマホ内の音楽ファイルを利用している場合は、スマホ内の音楽ファイルのメタデータ(タグ情報)をPCを使って直接編集することで、アルバムアートや楽曲情報を編集することは可能です。クラウドにアップロードする場合と同様に、MP3ファイルの曲名などが文字化けが発生する場合は、スマホ内(SDカード、内部ストレージ)のMP3ファイルのタグを編集することで文字化けを解消できる可能性があります。

初回起動時の画面(アカウントのセットアップ)

初回起動時に、アプリがクラウドに接続するためのGoogleアカウントを次の手順で選択します。

アカウントの選択画面

previous arrow
next arrow
Slider

アカウントの選択画面でスマホ内にある既存のGoogleアカウントを選択した場合

previous arrow
next arrow
Slider

アカウントの選択画面で「スキップ」を選択した(クラウドを使用しない)場合

previous arrow
next arrow
Slider

アカウントの選択画面で別のGoogleアカウントを選択(追加)した場合

以下の手順でスマホに追加したいGoogleアカウントをセットアップ(ログイン)します。

お使いのスマホの機種、Android OSのバージョンによって画面が異なることがあります。

previous arrow
next arrow
Slider

この後は、既存のGoogleアカウントを選択した場合と同じ手順になります。

音楽を追加する

クラウドに音楽を追加するには

クラウド(Google Play Music サーバー)への音楽のアップロードはスマホからではなく、PCを使って行います。

USB接続でスマホに音楽を転送するには

特に難しいことはなく、以下の手順でスマホ内の「Music」フォルダに音楽を転送します。

基本的には、スマホ内の音楽フォルダをアプリが自動でスキャンするので、必ずしも「Music」という名前のフォルダ内に音楽を保存する必要はなく、例えばSDカード内に「Music」という名前のフォルダがなければ、新規にフォルダを作成して、音楽ファイル(またはフォルダ)をコピーすればOKです。

previous arrow
next arrow
Slider

Shopから音楽を追加するには

Shopからの音楽追加(購入)は、投稿日現在、米国のGoogle Playで提供されているだけなので、日本から利用する場合は、米国版の利用登録で説明した方法で、Google Playへのアクセス方法を変更する必要があります。

画面の構成と操作

メイン画面

previous arrow
next arrow
Slider

ラジオステーション有効時のみ表示されるモード

previous arrow
next arrow
Slider

再生コントロール

Playミュージック アプリで音楽を再生すると、簡易再生コントロールが画面下部に表示され、タップすると再生ウィンドウが展開します。

previous arrow
next arrow
Slider

アプリを完全終了する方法

音楽を再生中に、スマホのタスクマネージャーでPlayミュージックアプリを終了しても、そのまま再生が継続することがあります。このような場合は、通知エリアの簡易再生コントロールで「 」をタップすると完全に終了させることが出来ます。

サイドメニュー

サイドメニューへは、画面左上の アイコンをタップするか、画面左端から右にスワイプすることで表示できます。

画像は図解のために色でマスキングしています

アルバム・プレイリスト詳細画面

メインメニューで、アルバムやプレイリストのジャケット写真をタップすると、アルバム・プレイリストの詳細画面(中身)が表示されます。

プレイリストおよび再生キューの編集(曲順の入れ替え&曲の削除)

プレイリストや再生キューを表示している時に、リスト内の曲順を入れ替えたり、リストから曲を削除することが出来ます。

アルバム内に格納されている、もともとの曲順を入れ替えたい場合は、ブラウザで楽曲ファイルに付加されているタグ情報(≒メタデータ)を変更する必要があります。

プレイリストの作成、削除、名前の変更などは、この後で説明する「追加アクションボタン」から行います。

追加アクションボタン(追加メニュー)

アルバムやプレイリストのジャケット写真の下や、各楽曲の横にある「追加アクションボタン 」をタップすると、対象にあわせた追加メニューがポップアップ表示され、必要な操作を素早く行うことができます。

追加アクションメニューは、アクションメニューを呼び出した対象によって内容が異なります。

追加アクションメニューの一覧

  • 再生系アクション
    • インスタントミックスを開始
      対象となる曲、アルバム、プレイリスト、アーティストに含まれる曲のテイストや視聴履歴を基にミックスリストを自動生成します。生成したインスタントミックスはマイミックスとして表示されます。
    • シャッフル
      対象となる曲、アルバム、プレイリストに含まれる曲をシャッフル再生します。
    • 次を再生
      対象を「再生キュー」の「現在再生中の曲」の後に割り込ませて再生します。
    • キューに追加
      対象を「再生キュー」の一番最後に追加して再生します。
    • キューを消去
      「再生キュー」をクリアして再生を停止します。
    • キューを保存
      「再生キュー」をプレイリストとして保存します。
  • プレイリスト系アクション
    • プレイリストに追加
      対象となる曲、アルバム、プレイリストに含まれる曲を任意のプレイリストに追加します。

      「プレイリストに追加」ダイアログ


      新規作成する場合は、名前と説明(任意)を入力して「プレイリストを作成」をタップします。

    • プレイリストを編集
      対象となるプレイリストの名前、説明を編集します。
    • プレイリストを共有
      対象となるプレイリストを公開・共有します。共有用のインターネットアドレスが発行されます。

      共有方法として例えばGmailを選択します。


      Gmailが起動したら、宛先を指定し、をタップして送信します。


      共有を解除するには、上記「プレイリストを編集」から、公開スイッチを「OFF」にして保存します。

    • (プレイリストを)削除
      対象となるプレイリスト(マイミックスを含む)を削除します。
    • 興味がない
      Listen Nowモードに表示されたインスタントミックスやおすすめのリストを「興味がない」としてマークすると、Listen Nowの精度を向上させることが出来ます。
  • ファイル操作系アクション
    • ダウンロード
      アルバム、プレイリスト(マイミックスを含む)内の曲を、スマホにダウンロードします。
      次のアイコンをタップしてダウンロードすることも出来ます。なおダウンロードの状況に応じてアイコンが変化します。
    • SDカードにダウンロードしたファイルの保存場所の例
      PCにスマホ(galaxy SC-06D)を接続した場合
      PC\SC-06D\Card\Android\data\com.google.android.music\files\music
      スマホのファイルマネージャーで見た場合
      strage\extSdCard\Android\data\com.google.android.music\files\music

      Google Play Musicの仕組みとして楽曲情報はGoogle Play Music側でメタ情報として管理されており、スマホ内にオフライン再生用としてダウンロードされたファイルには、楽曲名やアーティストなどのタグ情報は含まれていません。またファイル名もGoogle Play Music側のシステムで付与された番号に変換されており、フォルダのファイルから特定の楽曲を探し出すことは困難です(再生することは可能です)。特定の音楽ファイルをバックアップ目的でダウンロードしたい場合はブラウザ版のGoogle Play Musicから行います。

    • ダウンロードを削除
      ダウンロードした音楽を削除します。ライブラリ(クラウド上)のファイルは削除されません。

      削除の確認ダイアログが表示されたら「削除」をタップします。「今後表示させない」オプションはお好みで。

    • 削除
      対象の音楽をライブラリから削除します。 音楽ファイルの実体が削除されるので注意して下さい。
  • 検索・移動系アクション
    • アルバムに移動
      プレイリストや再生キューで指定した曲から、対象の曲が収録されているアルバムに移動し、詳細を表示します。
    • アーティストに移動
      プレイリストや再生キューで指定した曲から、マイライブラリモードのアーティストビューに移動し、詳細を表示します。
    • このアーティストの曲を探す
      Google Play のストアから対象アーティストの楽曲を探します。ただし、2015.5.29現在、日本のGoogle Playでは音楽を扱っていないので非対応。

アプリの設定

サイドメニューの「設定」からPlayミュージック アプリの設定を行うことができます。基本的にはブラウザ版と同じですが、スマホならではの項目もあります。

  • Googleアカウント
    初回起動時に行ったアカウントのセットアップ画面を表示します。異なるGoogle Play Musicアカウントに切り替えたり、ローカルのみ使用していたユーザーがGoogle Play Musicアカウントをセットアップする際に使用します。
    なお、一度セットアップしたGoogleアカウントをアプリ内でクリアしたい場合は、Androidの設定画面からアプリのデータを削除(もしくは再インストール)する必要があります。
  • 更新
    スマホ内のライブラリを最新の状態に更新します。通常この操作は必要ありませんが、PCから手持ちの音楽をアップロードした直後で、スマホのライブラリに反映していないときや、Listen Now(今すぐ聴こう)画面で、ラジオステーションなどのライブラリが読込エラーを起こした場合などに「更新」を実行すると、アプリに設定しているGoogleアカウント情報やライブラリ情報が最新の状態に更新されます。
  • 端末
    Google Play Musicサービスに紐付いた端末一覧を確認できます。削除する場合は、端末名の右側にある をタップします。
  • イコライザー
    Playミュージックアプリの音質を微調整できます。お好みで。
  • ミックスで露骨な曲をブロック
    トラック情報の編集で、Explicitオプション(露骨な曲の指定)を有効にしている場合、それらの曲についてインスタントミックスでの自動選曲から除外します。
  • 再生中にキャッシュ
    このオプションをオンにすると、低速時でもストリーミング再生をスムーズに行い、繰り返し再生する曲などの通信量を節約することが出来ます。スマホ内のストレージを消費したくない場合はオフにします。
  • 自動的にキャッシュ
    このオプションをオンにすると、Wi-Fiおよび電源に接続されている時に、バックグラウンドでキャッシュ作業を実行します。
  • キャッシュのクリア
    上記2つのオプションによってスマホ内に保存されているキャッシュを削除します。
  • モバイル通信量を節約するため、Wi-Fi接続時のみダウンロード
    クラウド側からスマホへの音楽ダウンロードをWi-Fi接続時のみ許可します。
  • ダウンロードの管理
    スマホ内にダウンロードした音楽(アルバム単位)を一覧できます。ダウンロードしたアルバムを削除する方法はこちらを参照して下さい。
  • 保存先
    クラウド側からスマホへダウンロードする際の保存場所(本体orSDカード)を指定します。
  • Wi-Fi接続時のみストリーミング
    モバイル通信量を節約するため、Wi-Fi接続時のみストリーミング再生を許可します。モバイル通信時は、スマホ内の音楽のみ再生できます。
  • モバイルネットワークのストリーミング品質
    お使いのスマホの通信回線の速度に応じた、ストリーミング品質に設定することで、安定した再生が期待できます。
  • オープンソースライセンス、ミュージックのバージョン
    アプリで使用されているオープンソースライセンスおよびアプリのバージョンを確認できます。
タイトルとURLをコピーしました