Microsoft Grooveミュージックを日本から使う

Microsoft Grooveミュージックを日本から使う

Windows 10のリリースに伴って、Google Play MusicのMicrosoft版ともいえる、 Microsoft Groove ミュージック (以下「Groove」)のサービスが開始されました。とはいえ、もともと「Xbox Music」と言う名称で、2012年(日本では2013年)から提供されていたサービスのようですが、Xbox を持っていない人には馴染みが薄い存在だったのではないでしょうか。

サービス内容としては、Music Storeから楽曲をダウンロード(購入)したり、定額制の配信サービス、クラウド(Onedrive)上に保存した音楽のストリーミング再生など、Google Play Musicと同様となっていますが、残念ながらクラウド上に保存した音楽のストリーミング再生については、2015.8.3現在、日本では提供されていないようです。※もっとも、今後提供される可能性はあります。

Onedrive上の音楽ストリーミングサービスを日本から使うには

個人的にはMicrosoft謹製のGrooveアプリ(AndroidやiOS)を使って、外出先からOnedrive上の音楽を聴くことが出来るようになるかどうかに関心があったので検証してみました。

  • 利用に当たっては、お住まいの地域の法令等に従って 正しく利用しましょう。
  • 本投稿に基づく、ソフトウェア、サービス、経由するサーバー、カード情報の使用等により生じる、いかなる損害も当方では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

基本的なステップは大きく分けて5つです。いまのところ利用開始に際してクレジットカード認証等は無く、米国版Google Play Musicの利用開始手続よりも遙かに簡単な印象を受けました。

  • VPN経由でアメリカのGrooveにアクセスする
  • 米国のMicrosoftアカウントをつくる
  • Onedriveに音楽ファイルをアップロードする
  • Microsoft謹製のGrooveアプリを入手する
  • Grooveアプリをセットアップする

Step① VPN経由でアメリカのGrooveにアクセスする

HotspotShieldなどのVPNソフトを使用して、アメリカのVPN経由でGrooveのサイトにアクセスします。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

ブラウザのキャッシュをクリアする必要が無い、IEのInprivateブラウズモードやChromeのシークレットモードでアクセスするのがおすすめ。

Step② 米国のMicrosoftアカウントをつくる

米国のMicrosoftアカウントといっても、おそらくMicrosoftアカウントに登録されている「課金プロファイル」で設定された「課金国」で利用の可否判定を行っているようです。しかし、メインのMicrosoftアカウントの課金国を変更するのは、「公式ヘルプ」を見る限り、一定のリスクがありそうです。

そこで、Groove用に米国のMicrosoftアカウントを新規作成します。アカウントの作成手順は各国共通フォーマットでブラウザの表示が日本語でも問題ありません。登録フォーム記入時の注意点は以下のとおり。

  • ユーザー名(メアド)に既存のマイクロソフトアカウント(HotmailやOutlook.com/jp等)を入力しない。
    既存のマイクロソフトアカウントで使用しているメアドを入力した場合、新規作成にならないため。Groove専用のアカウント作成と言うことであれば、gmailなどでもOKです。この画面から新規にOutlook.comのメアドを取得しても良いかもしれませんが、管理するメールアドレスが増えてしまうので、個人的にはおすすめしません。
  • 「国/地域」を米国にする
    ここが大事
  • 「性別」や「電話番号」は不要
    関係ないと思いますが、念のため電話番号の国コードは米国にしておきました。
previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

Step③ Onedriveに音楽ファイルをアップロードして聴いてみる

Step②の最後で「MP3をOnedriveに追加する」をクリックすると、別ウィンドウでOnedriveが開き、音楽ファイルをアップロードすることが出来ます。Onedriveの使い方についてはここでは説明しませんが、一応ブラウザにドラッグアンドドロップで追加する方法と、Grooveでの再生方法を画像で載せておきます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

今回の検証では、ここまでやってからVPNを切断しましたが、実際にはStep②まで完了したらVPNを切断しても問題ないと思います。一度サービスが有効化されると以後はVPN接続なしでもGrooveを利用できるようです。

Step④ Grooveアプリを入手する

Grooveではラジオサービスは有料なので、Google Play Musicに比べてPCでGrooveを利用する機会は少ないかもしれません。やはり、スマホアプリでストリーミング再生させたいところです。

しかし残念ながら、2015.8.3現在、日本のGoogle PlayストアからGrooveのアプリをダウンロードすることが出来ない(※端末に対応していないと表示される)ので、Microsoft謹製のGrooveアプリでOnedrive上の音楽を聴くには、別途Grooveのapkファイルを入手する必要があります。

apkファイルの入手方法として、APK Downloaderのウェブサイトから、Google Play 上のGrooveのURLを入力してダウンロードする方法がありますが、今回試したところ、Grooveの古いバージョンである、XboxMusicしかダウンロード出来なかったので、APK MirrorというサイトからGrooveのアプリを入手して検証しました。

公式のGoogle Play以外で配布されているAPKファイル(アプリ)の利用については、種々のリスクも含めて自己責任となりますので、充分にご注意下さい。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

入手したアプリのインストール方法は、Googleで検索して見て下さい。

Step⑤ Grooveアプリをセットアップする

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

総評

Microsoft GrooveはGoogle Play Musicよりも日本から利用するための手続が簡単で、クラウド上の音楽を聴く機能としては充分実用性がありそうです。再生もスムーズで、特に問題はありませんでした。

他の類似サービスと一線を画するGrooveの優位性は、なんといってもOnedriveと連携(同期)できる点です。PC上のOnedriveでライブラリを直接編集できるので、iTunesフォルダと連携させたり、タグ情報の一括編集もPCソフトを使って快適に行うこともできるのです。

iTunesフォルダとOnedriveを連携させる方法については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

しかし、Androidアプリの出来(UI)については、良い意味でシンプル、悪く言えば、まだ荒削りな感じです。無料版のOnedrive(15GB)では、保存できる楽曲数はそれほど多くありません(※Google Play Musicは5万曲)。そして、米国版Google Play Musicのような無料のラジオステーションもありません。

Groove独自の優位性に加えて、先行するGoogle Play Musicや Apple Music の使い勝手にどれだけ迫れるか、Grooveの今後が楽しみです。