Norton IDセーフの使い方


norton-eye-catch-L

PCだけで使うのはもったいない!IDとパスワードをスマホとも同期可能!実は「使える」 Norton IDセーフの使い方

パソコンのセキュリティソフトで、シマンテック社のノートンインターネットセキュリティを使っている方はご存じだと思いますが、NISには、「IDセーフ」というパスワードマネージャーの機能が搭載されています。私もこの機能を昔から愛用しており、かなりの数のIDとパスワードを記録させています。

日本の公式サイトでは目立った扱いがないのですが、アメリカの本家サイトでは、このIDセーフ機能だけを抽出したバージョン(無料!しかも日本語対応!!)が配布されており、製品版のノートンインターネットセキュリティを持っていない方でも優れたパスワード管理環境が手に入ります。

今回は、このPC版Norton IDセーフの導入と使い方、Android版のNortonIDセーフ=「Norton Identity Safe password」の使い方について説明します。

画面や説明文は、本記事投稿日現在(2014.1)のもので製品のバージョンアップなどによって変更されることがあります。またソフトやサービスの利用にあたってはサービスや利用規約を確認するなど、事前に充分な検討をされることをおすすめします。

 

Norton IDセーフの使い方-目次


 ※目次はサイドバーエリアにも表示しています。

詳細レビュー
3,980円でPCが壊れるまでずっと使える「パスワードマネージャ」つきウィルス対策ソフト
ZERO スーパーセキュリティ は使えるか