PC版 NortonIDセーフ のダウンロードとインストール


1.PC版NortonIDセーフのダウンロード

まず、米シマンテック社のNortonIDセーフ(Identity Safe)のページにアクセスします。※製品版のノートンインターネットセキュリティを使っている方は、別途NortonIDセーフを導入する必要はありません。
ポイント:トップのスライド画面に表示されている「Download Now for FREE」ボタンをクリックしてはいけません。
このボタンをクリックしてダウンロードされるのは、英語版のIDセーフです。日本語版(多言語対応版?)をダウンロードするには、はやる気持ちを抑えて、次の操作をおこないます。
NortonIDセーフ(Identity Safe)のページ画面上部に、英語以外の言語に切り替えるメニューがあるので、「English」から「Francais」などに切り替えて、切り替わった言語で表示されたページの「Download Now for FREE」ボタンをクリックします。
今回はフランス語に切り替えてみます。
画面がフランス語に切り替わりました。
フランス語はさっぱりですが、「télécharger」とはフランス語でダウンロードという意味らしいです。ボタンは同じところにあるので迷うことはないと思います。
無事ダウンロードページに移動したら、画面下に表示される、情報バーから、「保存」をクリックしてインストールプログラムをデスクトップなどに保存します。(画面はWindows8.1 IE11)

  • 英語版のファイル名:NortonIdentitySafe-EN-v1.exe
  • 多言語版のファイル名:NortonIdentitySafe-v1.exe

今回使うのは、他言語版「NortonIdentitySafe-v1.exe」です。英語版をダウンロードしてしまったら、手順を確認して再チャレンジしてみましょう。重ねていいますが、「EN」はだめです。

 

2.PC版NortonIDセーフのインストール

ダウンロードに成功したら、保存したインストールプログラムをダブルクリックして実行します。
お約束のユーザーアカウント制御画面は、「はい」をクリックして先に進みます。
ちゃんと日本語のセットアップ画面が表示されています。「ノートン製品使用許諾契約」を確認し、「同意してインストール」をクリックします。※なお、ノートンインターネットセキュリティがすでにインストールされている場合は、その旨のメッセージが表示され、インストールはキャンセルされます。
インストールが開始されます。私の場合は画面の表示通り、1分以内に終了しました。
インストールが完了すると、左の画面が表示されます。以上でインストールは完了です。

 

3.初回起動画面の説明(アカウントセットアップとデータベースの作成)

IDセーフを始めて起動すると、「サインインまたはアカウントの作成」の画面が表示されます。すでに「ノートンアカウント」をお持ちの方は、ノートンアカウントで登録したメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。ノートンアカウントを持っていない方は、アカウントに登録するためのメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

メモ:ノートンアカウントとは?

NortonIDセーフ を使うには、ノートンアカウントと、IDセーフのアカウントの2つが必要になります。まずノートンアカウントにログインし、次にIDセーフにログインする2段階認証のプロセスを経ることで、情報の安全性を確保しているようです。したがって、始めて使う方は、ノートンアカウントとIDセーフパスワードの2つを作成する必要があります。なおIDセーフアカウント内のデータは、ノートン側でも閲覧できないためIDセーフのパスワードはなくさないようにしましょう。

 

①新しくノートンアカウントを作成する

ノートンアカウントを持っていない方は、ノートンアカウントを新しく作成する必要があります。すでにお持ちの方は、次の②へ進んで下さい。

画面の指示に従って、メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
入力したメールアドレスが他のノートンアカウントで使用されていないか照合しています。なお、すでにノートンアカウントに登録されているメールアドレスの場合は、以下の画面が表示されるので、パスワードを入力してサインインします。
アカウント作成画面に切り替わります。プライバシーポリシーを確認の上、必要事項を入力し、「同意してサインアップ」をクリックします。設定したノートンアカウントのパスワードを控えておくことを忘れずに。
アカウントの作成に成功すると、アカウント登録時に使用したメールアドレスへ、ノートンから、「Welcome to Norton Secure Login – Confirm Email Address」=「ようこそノートンセキュアログインへ-メールアドレスの確認」というタイトルのメールが届きます。本文に認証用のリンクURLがありますので、クリックしてメール認証を完了して下さい。

おそらく、いたずらでアカウントを作成されないよう、実在のメールアドレスの確認をしているのだと思います。左は、届いたメールの一部です。英語ですが、こんな内容が書いてあります。

おめでとうございます!
Nortonアカウントが正常に作成されています。
プロセスを完了するには、リンクをクリックしてメールアドレスを確認してください。
アカウントの設定を続行するため、表示された画面で新しいログイン(ノートンアカウント)を入力してください。

 

②IDセーフパスワードを設定する

①でノートンアカウントを作成後、または既存のノートンアカウントでサインインすると、IDセーフデータベース用のパスワード作成(設定)画面が表示されます。
IDセーフデータベース用のパスワードは他人に破られないように強力なものが必要です。入力したパスワードの候補が、安全なパスワードの要件を満たしているか、グリーンのチェックマークが教えてくれます。入力欄の右側にある目のアイコンをクリックすると、入力したパスワードの文字列が表示されます。このパスワードは忘れたり紛失したりしても回復できないので、しっかりメモしておきましょう。もちろんここで設定したIDセーフのパスワードの管理は厳重に。
確認のため、再度パスワードを入力する画面が表示されるので、再度入力して「次へ」をクリック
パスワードのヒントを入力します。この画面の説明欄にも書いてありますが、ここに入力するヒントは、よくあるパスワード回復用の「秘密の質問」ではありません。なお、このヒントは後から設定画面で変更できます。入力したら、「次へ」をクリック。
無事にセットアップ完了!「完了」ボタンをクリックして、早速使ってみましょう。