タグ:EVO Mail Server

  • Windowsで使えるメールサーバーソフトいろいろ

    Windowsで使えるメールサーバーソフトいろいろ

    自宅でメールサーバーの運用に挑戦したくてWindowsで動くメールサーバーソフトを探してみたところ、大手質問掲示板等の回答では意外と古い情報しかなかったので 最近のソフトをざっくりと集めてみました。これから自宅でサーバーを建てる方、個人や企業などでメールサーバーソフトの乗り換えを検討している方は参考情報としてお役立て下さい。
  • メール用の電子証明書の取得とOutlookでの設定

    メール用の電子証明書の取得とOutlookでの設定

    国内でメール用の電子証明書を取得する場合一般的には有料です。そのためここでは、世界的なシェアを持つ認証局の1つである英Comodo社が個人/家庭用ユーザー向けに無料※で発行している電子証明書の取得方法をケーススタディとして取り上げます。
  • EVO Collaborator Mobile の基本操作

    EVO Collaborator Mobile の基本操作

    EVO Collaborator Mobile では、通常サーバー管理者側で行うユーザー情報の編集やアカウント別の機能制御の一部を、ブラウザの画面をとおしてユーザー自身で操作することが出来ます。ここでは、EVO Collaborator Mobileの基本操作について説明します。
  • Roundcubeの基本設定

    Roundcubeの基本設定

    Roundcubeは標準で日本語表示に対応しており、画面も直感的に操作できるように設計されているのでメールの作成や送受信といった基本操作については特に迷うことはないと思います。ここでは、Roundcubeへのログイン方法とEVOメールサーバーのアドレス帳の連携方法等について説明します。
  • EVOメールサーバーをブラウザから活用する

    EVOメールサーバーをブラウザから活用する

    このページでは、EVOメールサーバーとRoundcubeの統合、EVO Collaborator Mobileのセットアップ方法について解説します。これらのセットアップはEVOメールサーバーを使う上で必須というわけではありませんが、セットアップを行うとEVOメールサーバーをより便利に使うことが出来るようになります。
  • ライセンス タブ

    ライセンス タブ

    ライセンスタブでは、EVOメールサーバーのライセンス状態を確認できます。また、アクティベーションキーを使ったライセンスの登録・解除もここから行います。
  • セキュリティ タブ

    セキュリティ タブ

    セキュリティタブでは、指定したIPアドレスやドメインからのSMTPリレーや接続の可否をリストによって制御します。タブ内は3つのセクションで構成されています。
  • フィルタ タブ

    フィルタ タブ

    EVOメールサーバーに搭載されている Filtrolysis™ は、受信だけでなく送信メールにも対応したメールフィルタです。メールヘッダーおよび本文上のキーワードをフィルタリングし、フィルタリング結果に基づいて指定されたアクションを実行します。
  • ログ タブ

    ログ タブ

    ログタブでは、EVOメールサーバーの稼働状況(メールの送受信、アクセス履歴、サービスの起動・終了等)をリアルタイムで確認することができます。
  • アカウント タブ

    アカウント タブ

    アカウントタブでは、EVOメールサーバーのユーザーアカウント(電子メールアカウント)の作成・編集・管理を行うことができ、個別のアカウント操作を行う「ユーザーアカウント管理」と、一括インポートやエクスポート、アカウントの一括作成などを行う「アカウント管理ツール」が2つのタブによって構成されています。
  • 各種設定 タブ

    各種設定 タブ

    各種設定タブでは、ドメイン設定、メールプロトコル、LDAP連携、スパム対策およびウイルス対策の設定を行います。10のセクションで構成され、「簡易」「詳細」の2種類の表示モードを切り替えることができます。
  • ステータス タブ

    ステータス タブ

    ステータスタブでは、ネットワーク設定やサービスの稼働状態など、EVOメールサーバーの現在の状態を概観することができ、3つのセクションで構成されています。
  • CalDAV/CardDAV クライアントの設定

    CalDAV/CardDAV クライアントの設定

    このページでは、CalDAV/CardDAV クライアントからEVOメールサーバーに接続するための設定情報について解説します。 解説にあたっては、ケーススタディで使用したドメインやDNSレコードを例にしています。また、EVOメールサーバーのオプションはデフォルトの状態を前提にしています。適宜、ご自身のものに読み替えて下さい。
  • メールクライアントの設定

    メールクライアントの設定

    このページでは、電子メールクライアント(メールソフト・アプリ)からEVOメールサーバーに接続するための設定情報について解説します。各電子メールソフトでの設定操作についてはソフトのヘルプを参照して下さい。
  • ユーザーアカウントの作成

    ユーザーアカウントの作成

    このページでは、EVOメールサーバーに接続するユーザーアカウントの作成について解説します。なお、作成できるユーザーアカウント数は、ライセンスに応じて異なります。アカウントの作成・編集画面の各項目についてはリファレンスを参照して下さい。

Outlook関連の特集

  1. EVO Collaborator for Outlook 日本語使い方ガイド
    EVO Collaborator for Outlook は、Microsoft Outlook上の…
  2. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  3. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  4. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  5. CompanionLink 日本語使い方ガイド
    CompanionLink は Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモとい…

スマホ関連の特集

  1. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  2. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
  3. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
ページ上部へ戻る