Toolset Types:カスタム投稿タイプ・カスタムフィールド・カスタムタクソノミを作成する

Toolset Types:カスタム投稿タイプ・カスタムフィールド・カスタムタクソノミを作成する

Typesを使って、WordPressのカスタム投稿タイプ・カスタムフィールド・カスタムタクソノミを作成してみましょう。これらの操作は、Toolsetのダッシュボードから簡単におこなうことができます。作成のための操作を覚えるためにも、簡単な例を使って実際に作ってみましょう。

Toolsetのダッシュボードについて

WordPressの管理画面からToolsetのダッシュボード(Dashboard)にアクセスすることができます。ダッシュボードでは、既存および追加したカスタム投稿タイプとそれに関連付けられたカスタムフィールドやタクソノミの他、外観に関わるテンプレートやアーカイブ、Viewsなどが一覧表示され、それらの作成・編集画面に素早く移動することができます。

カスタム投稿タイプを追加する方法

ここでは、例として「料理」というカスタム投稿タイプを追加してみます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

投稿タイプ名とスラグについて

投稿タイプ名は日本語で自由に設定可能ですが、スラグ(slug)は必ず半角英数字(小文字)を使用します。なお、複数名称(Name plural)と単数名称(Name singular)については、英語など複数形と単数形を使い分ける言語特有の設定なので、日本語のように複数形と単数形を使い分けない場合は表記が同一になっても全く問題ありません

例えば、英語の場合、「書籍」という投稿タイプならば「books」「book」のように複数名称と単数名称を設定することで、管理画面上のメニューやアーカイブページでのラベル表示が適切になるというだけで、WordPressのその他の動作には影響しません。

ただし、複数名称と単数名称を同じにした状態で、投稿タイプを保存しようとすると、複数名称と単数名称の記述を変更するように「警告」がでるので、以下のように対処してください。

Slider

なお、複数名称と単数名称が同じ場合、Save Post Typeをクリックするたびに警告されますが、これはプラグインの仕様です。投稿タイプの設定を保存する度に対処するのが面倒くさい方は、複数名称の方に.(ピリオド)をつけるなどすれば、警告は出ませんが、これはお好みで。もっとも、いちど投稿タイプを設定しまえば、変更することはあまりないので、個人的には上記の対処をお勧めします。

DescriptionとIconについて

Description(説明)とIcon(アイコン)については、特に変更する必要はありませんが、Descriptionをクリックすると、何のために作った投稿タイプなのかをメモすることができます。アイコンは管理画面のメニュー上で見つけやすくする役割があるので、「Change icon」ボタンをクリックしてお好みのものに変更しても良いでしょう。

カスタム投稿タイプに関する各種設定について

カスタム投稿タイプの詳細な設定については以下のページにまとめました。

カスタムフィールドを追加する方法

Typesでカスタムフィールドを追加するには、まずカスタムフィールドグループを作成し、その中にカスタムフィールドを登録していきます。複数のカスタムフィールドをグループにまとめることで、多くのカスタムフィールドを取り扱う場合でも管理が容易になります。またカスタムフィールドグループは特定の投稿タイプと紐づけることで、記事投稿時に表示させるカスタムフィールドを制御するためにも利用されます。

ここでは、例として先ほど作成したカスタム投稿タイプ「料理」に、「料理のサブタイトル」というテキストフィールドを設定してみます。

Slider

カスタムフィールドに関する詳細設定

カスタムフィールドグループ画面での詳細設定や、作成可能なカスタムフィールドの種類とオプションについては以下のページにまとめました。

カスタムタクソノミを追加する方法

カスタムタクソノミとタームを追加する手順も確認しておきましょう。ここでは、先ほど作成したカスタム投稿タイプ「料理」に、「料理国籍」というカスタムタクソノミを作成してみます。

Slider

タクソノミ名とスラグについて

タクソノミ名は日本語で自由に設定可能ですが、スラグ(slug)は必ず半角英数字(小文字)を使用します。なお、複数名称と単数名称については、日本語の場合は表記が同一でも問題ありません。

Descriptionについて

Description(説明)については、特に変更する必要はありませんが、Descriptionをクリックすると、何のために作ったタクソノミなのかをメモすることができます。

Taxonomy Typeについて

Taxonomy Type は、作成するタクソノミをWordPress標準の「タグ」風に取り扱うか、それとも「カテゴリー」風に取り扱うかを決めるところです。どちらにするかはお好みですが、よくわからなければ、Hierarchicalをお勧めします。

  • Hierarchical
    カテゴリーのような階層型の分類構造
  • Flat
    タグのような非階層型の分類構造

カスタムタクソノミに関するその他のオプションについて

カスタムタクソノミの詳細な設定については以下のページにまとめました。

タクソノミタームの作成

タクソノミは、WordPress標準のカテゴリーやタグに相当する、記事を分類するための用語を格納するためのグループであるのに対して、「ターム」とは分類に使用する用語そのもののことです。タームの作成は、標準のカテゴリーやタグを設定する方法と全く同じです。

標準のカテゴリーやタグがそうであるように、タームも個別記事の編集画面で新規作成することが可能ですが、前述の Taxonomy Type で「Hierarchical」を選択しているのであれば、あらかじめタームを作成しておいた方が作業効率が良いでしょう。

ここでは、例として先ほど作成した「料理国籍」というタクソノミにいくつかのタームを作成してみます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

記事編集画面での表示例(作業結果)

最後に、ここまでの作業の結果を記事編集画面で見てみましょう。このように画面の必要ヶ所に名前とスラグを入力して保存するだけの簡単な操作で、サイトの目的に合わせた記事編集画面を用意することができます。

Toolsetの使い方・全目次