Toolset Views:訪問者がコンテンツやデータを絞り込めるようにする

Toolset Views:訪問者がコンテンツやデータを絞り込めるようにする

Viewを使って抽出したコンテンツやデータを、カスタムフィールドの値などをキーにして、訪問者が任意に絞り込めるようにすることもできます。なお、Toolsetでは、フロントエンド用の検索機能を「Custom Search(カスタムサーチ)」と呼びます。

作業の基本的な流れは、すでに説明したViewの作り方と同じですが、カスタムサーチではQueryセクションとLoopセクションに加えて、絞り込みの機能を制御するための「Filterセクション」を使用します。

Filterセクションの表示方法

ViewでFilterセクションを使用するには、以下の2つの方法があります。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

Custom Searchの作り方

シンプルな以下の例を使って、料理の一覧を料理国籍で絞り込むCustom Searchを作ってみます。

  • カスタム投稿タイプ:「料理」
  • カスタムフィールド:「料理のサブタイトル」「料理の写真」
  • カスタムタクソノミ:料理国籍
  • 環境:WordPress 4.9.8 (Twenty Seventeen テーマ)
Slider

最後にエディター下にある「Save」ボタンか画面上部の「Save all sections at once」をクリックして保存します。出来上がったViewを投稿ページに挿入して表示してみましょう。

Slider

Filterセクションの詳細

Filterセクションの設定項目などについて詳しく知りたい方は以下のページを参照してください。

Toolsetの使い方・全目次