Toolset Views:コンテンツやデータを抽出して表示する

Toolset Views:コンテンツやデータを抽出して表示する WordPress
  - 

ToolsetのViewsプラグインを使うと、WordPress内のデータベースからコンテンツやデータを抽出してフロントエンドに表示することができます。このデータ抽出~出力までの一連の設定を後から簡単に呼び出せるようにまとめたもの(モジュール)を「View」※と呼びます。Viewは目的に応じていくつでも作ることができます。

※ プラグインの名前と違って最後に「s」が付きません。

Viewの活用方法はいろいろ

Viewを使うと、アイデア次第でいろいろなことができます。例えば、取り扱っている商品や製品を紹介するために、商品のデータを格納するためのカスタム投稿タイプやフィールドを作成しておいて、通常の投稿や固定ページに価格や性能などを条件として抽出表示させたり、サイトの閲覧者が自分で条件を指定できる商品検索ページを構築することができます。

私がToolsetの使い方の勉強を兼ねて作成したサイトの例を見てみましょう。

【A】Viewを使った抽出表示の例
【B】Viewを使った検索ページの作例

作例の【A】では、スマホの価格やスペックに関する情報や商品画像を格納するカスタム投稿タイプを作成し、Viewを使って格安SIMを取り扱う事業者の紹介ページに抽出表示させています。作例の【B】では、格安SIMを取り扱う通信事業者のプランを格納するカスタム投稿タイプを作成し、フロントエンドから料金などの条件を指定してプランを絞り込むViewを表示させています。

上記の作例の出来栄えはともかく、抽出した結果を見やすく整えるにはHTMLやCSSの基本的な知識が必要になります。

Viewの作り方

シンプルな以下の例を使ってViewの作り方を見てみましょう。

  • カスタム投稿タイプ:「料理」
  • カスタムフィールド:「料理のサブタイトル」「料理の写真」
  • カスタムタクソノミ:料理国籍
  • 環境:WordPress 4.9.8 (Twenty Seventeen テーマ)
previous arrow
next arrow
Slider

作成したViewを表示させる方法

記事や固定ページにViewを表示させる

作成したViewを表示させるには、投稿や固定ページにViewのショートコードを挿入するだけです。ここでは、上記で作成したViewを投稿画面に挿入して表示させてみます。

Slider

ウィジェットにViewを表示させる

ToolsetではViewを表示するためのウィジェットも用意されています。ウィジェットの場合は、サイドバーにView用のウィジェットを配置した後、表示させたいViewをプルダウンから選択します。

タイトルとURLをコピーしました