Toolset プラグインのインストールと登録(認証)

ここでは Toolset プラグイン一式を最も簡単にインストールできる Toolset Types を使った自動インストールの方法を紹介しますが、これ以外に 公式サイトで いくつかの方法が案内されているので 必要に応じて参照してください。

ダウンロード

Tooset は 公式サイトのユーザー専用ページにログインしてダウンロードします。ダウンロードできるプラグインの種類は 購入したライセンスの種類によって異なりますが、まずはTypesプラグインのzipファイルだけをダウンロードします。

公式サイト右上のユーザーアイコンをクリック

ユーザー名とパスワードを入力して Login をクリック

ログインしたら 左上のユーザーアイコンから Download を選択

ダウンロード画面で Toolset Plugins を選択して・・

画面をスクロールして Types の最新版をダウンロード

ダウンロードボタンの上下にあるリンクはプラグインの概要や旧バージョンのダウンロードページへリンクしています。

  • Full Description:プラグインの概要
  • Changelog & Previous versions:更新履歴と旧バージョンのダウンロード
  • Minimal requirements:動作させるための最小要件

最初に Types をインストール

Types プラグインをダウンロードできたら、WordPressの管理画面からプラグインをインストールします。 自動インストールといっても Types だけは手動でインストールする必要があります。

WordPressの管理画面からプラグインの新規追加画面を表示して ファイルを選択 をクリック

先ほどダウンロードした Types プラグインの Zipファイル を選択して 開く をクリック

今すぐインストール をクリック

プラグインを有効化 をクリック

インストール済みプラグイン一覧画面に戻ったら インストール完了です

Toolset プラグインのライセンス登録(認証)方法

インストールした Toolsetプラグインのライセンス認証をおこなうことで、使用中のWebサイトとライセンスが紐づけられ、他のプラグインと同様に自動更新が利用できるようになります。

インストール済みプラグイン画面に移動し 新規追加 をクリック

画面上部の「商業用」と書かれたタブをクリック

次の画面で Toolsetを登録する をクリック

あなたのアカウント と書かれたリンクをクリック

リンクの上にあるラジオボタンは、Toolsetを使用するサイトで使用しているテーマやその他のプラグインの情報(個人情報を含まない)をサポートへ送信するかを選択します。

  • Send~ を選択すると情報の送信を許可します。
  • Don’t~ を選択すると情報を送信しません。

情報を提供するとテーマやプラグインにToolsetとの互換性に問題がある場合は、通知を受け取ることができます。お好みで。

Tooset Webサイトのライセンスキー管理ページが自動的に開くので、一覧から 使用するWebサイトの Key 欄の値をコピーします

先ほどのWordPressの画面に戻り、入力欄に先ほどのライセンスキーを貼り付けて OK をクリック

画面が以下のように変化したら ライセンスキーの認証作業は終了です

他のToolsetプラグインをインストール

Typesのインストールと ライセンスの登録作業が終わったら、Toolsetの他のプラグインをインストールします。最低限 Toolset Views または Toolset Blocks はインストールしておきましょう。 その他のプラグインは 構築するサイトの目的に合わせて必要になった時にインストールすればOKです。

  • Toolset Views と Toolset Blocks はどちらか一方をインストールします。Webサイトの構築を WordPress5.0以降のブロックエディタ(Gutenberg)だけでおこなう場合は Toolset Blocks を、内蔵のHTMLエディタも使用したい場合は Toolset Views を選んでください。なお Toolset Views には Toolset Blocks の機能が含まれています。
  • 必要のない Toolset プラグインをインストールすることは、パフォーマンスや作業効率が悪くなるのでお勧めしません。

以下の例は Toolse Views を追加インストールする場合のものです。

Toolset プラグインの認証画面にある Toolsetプラグインの一覧から 追加インストールしたいもの(ここではViews)にチェックを入れてダウンロードをクリックします。

ダウンロードボタンの横にある「ダウンロード後、認証する」にもチェクを入れておきましょう。

自動でダウンロードとライセンス認証が実行され 追加したプラグインが使えるようになりました

Toolset プラグインの更新方法

ライセンスが登録されているサイトでは ライセンスの有効期限が切れていない限り、他のプラグイン同様 インストール済みプラグイン画面やWordPressの更新画面から最新版にアップデートすることができます。

また、ライセンス認証画面のToolsetプラグイン一覧画面からも更新作業をすることができます。

サイトからToolsetのライセンス登録を解除するには

Toolsetはライセンスの種類によって同時に利用できるサイト数が異なります。 購入したライセンスで許されている登録サイト数を超過してToolsetを使う場合は ライセンスタイプをアップグレードするか、既存のサイトから登録を解除する必要があります。

なお、サイトからライセンス登録を解除するには以下の2つの方法があります。

Toolsetライセンス認証画面のボタンから解除する方法

公式サイトのユーザーページにログインして メニューの「My Sites」から登録を解除したいサイトのゴミ箱アイコンをクリックして解除する方法

開発環境での利用や ライセンスを別サイトに移動する際についての詳しい方法は 公式サイトでご確認ください。