投稿画面で使うセクションを制御する

WordPressに追加したカスタム投稿タイプの使用目的によっては、カスタムフィールドだけで運用し、タイトルや本文が不要なケースもあります。投稿編集画面に使わないセクションを表示させたままだと、画面が見づらいばかりか、ムダな入力が発生するので好ましくありません。

反対に、カスタム投稿タイプを作成したのに、「使いたいお馴染みのセクションが表示されていない?」と思われることもあるかもしれません。

ToolsetのTypesプラグインでは、チェックボックスを操作するだけで簡単に各セクションの表示・非表示を制御することができます。

基本操作

操作はとても簡単で、ToolsetのTypes設定画面の「Sections to display when editing」セクションを開き、チェックボックスのON・OFFを切り替えるだけです。

投稿画面で使うセクションを制御する

「Sections to display when editing」セクションのチェックボックス

カスタム投稿タイプに関する設定画面の開き方はこちらの記事を参照してください。

Typesプラグインのオプションで制御可能なセクション

Typesで制御できるセクションはWordPress標準のセクションの一部です。チェックをOFFにすると、投稿画面にセクションが表示されなくなります(※投稿画面上部の表示オプションからも消せるのでユーザーの誤操作を防止することができます)。なおここでは、該当箇所をイメージしやすいようにWordPress標準の投稿タイプである「投稿」や「固定ページ」のスクリーンショットを用いていますが、セクションの表示を制御できるのはTypesプラグインで作成したカスタム投稿タイプのみです。

投稿画面で使うセクションを制御する

Title(タイトル)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Editor(エディタ・本文)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Comments(コメント・ディスカッション)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Trackbacks(トラックバック)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Revisions(リビジョン)セクション
このオプションは、OFFにしているとリビジョンの生成自体もOFFになります。

投稿画面で使うセクションを制御する

Author(作成者)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Excerpt(抜粋)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Featured Image(アイキャッチ画像)セクション

投稿画面で使うセクションを制御する

Custom Fields(カスタムフィールド)セクション
ここをOFFにしていても、Typesで作成したカスタムフィールドは表示されます。その制御はカスタムフィールドグループの設定でおこないます。

投稿画面で使うセクションを制御する

Page Attributes(固定ページの属性)セクション
このオプションは、編集中の投稿タイプが固定ページのような階層型の投稿タイプの場合のみ機能します。

投稿画面で使うセクションを制御する

Post Formats(フォーマット)セクション
テーマが投稿フォーマットをサポートしていない場合、チェックしても表示されません。

Typesでカスタム投稿タイプを作成した場合、デフォルトでONになっているのは、TitleとEditorの2つのみです。

プラグインやテーマが独自に追加したセクションを非表示にするには

プラグインやテーマが独自に追加したセクションを非表示にするには、投稿画面上部の「表示オプション」のチェックをOFFにします。

投稿画面で使うセクションを制御する

投稿画面上部の「表示オプション」の操作例

Toolset JP Guide

ページ上部へ戻る