Toosetを英語表示に切り替えよう

Toolsetのインストールと登録が終わったら、Toolsetを英語表示で使うための作業をしておきましょう。この作業は必須ではありませんが、個人的には下記の理由から強くお勧めします。

英語表示での利用を推奨する理由

Toolsetは一応日本語化されたプラグインですが、日本語訳が完全ではないので、そのまま使うとかえって混乱する原因となります。また一部の機能を呼び出す際に、設定画面が正常に表示されないなどの不具合があり、これらの潜在的なリスクを回避するために、Toolsetは英語表示で使う方が無難です。なお、プラグインを英語表示で使うだけなので、日本語サイトでも問題なく機能します。
※ 例:Conditional Output(条件出力)で条件設定時のウィンドウ表示が崩れる

ただ、昔と比べると日本語訳に違和感や間違いが減ってきているので、どうしても日本語表示で使いたいのであれば、そのまま使ってみても良いかもしれません。

なお、当サイトでは、Toolsetを英語表示にして解説しています

Toolsetを英語表示に切り替える手順

今のところプラグインの設定画面から表示言語を切り替える方法がないので、プラグインの日本語翻訳ファイルを参照させないようにします(結果として英語表示になります)。作業の流れは以下のとおりです。

Toosetを英語表示に切り替えよう

作業の流れ

具体的には、FTPソフトでToolsetプラグインのフォルダ内から、例えば「types-ja.mo」のように、ファイル形式が「〇〇-ja.mo」のものを探して、ファイル名を変更します。

Toosetを英語表示に切り替えよう

① 後述のリストを参考に、ファイル名の末尾が「-ja.mo」になっているものを探します。

Toosetを英語表示に切り替えよう

② ファイル名の末尾(拡張子)を別のものに変更しておきます。

上記の手順を参考に、インストールしたプラグインに応じて以下のフォルダ内にある「〇〇-ja.mo」ファイルの拡張子をすべて変更しておきましょう。なお、ファイルの拡張子をもとに戻せば、日本語表示を復活させることができます。

翻訳ファイルの場所

Types
plugins/types/vendor/otgs/installer/locale/installer-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/locale/types-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo
Views
plugins/wp-views/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo
Layouts
plugins/layouts/locale/layouts-ja.mo
plugins/layouts/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo
Forms
plugins/cred-frontend-editor/library/toolset/cred/embedded/locale/wp-cred-ja.mo
plugins/cred-frontend-editor/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo
Access
plugins/types-access/locale/access-ja.mo
plugins/types-access/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

以上で、Toolsetを英語表示で使うための作業は完了です。

プラグインをアップデート(更新)すると元に戻る

該当のプラグインを更新すると翻訳ファイルも元に戻ってしまうので、更新後は、翻訳ファイルを再度リネームしてあげる必要があります。ただし、一度サイトを構築してしまえば、運用の際にToolsetの操作画面や設定画面を呼び出すことはあまりないかもしれません。その場合は、プラグイン更新の都度リネームする必要はありません。

Toolset JP Guide

ページ上部へ戻る