アカウントの種類と購入方法&お試しについて

Toolsetは有料のプラグインで、利用するためにはアカウント(≒ライセンス)を購入する必要があります。アカウントは、利用できるプラグインの種類や同時にインストールできるサイトの数などによって料金が異なります。

アカウントの比較

Toolsetのアカウントの種類は、WordPressサイト構築用の3種類と、テーマ開発者向けの2種類がラインナップされています。通常はWordPressサイト構築用の3種類の中から選ぶと良いでしょう。

WordPressサイト構築用のアカウント概要

※この表は右にスクロールできます。

いずれのアカウントも1年単位の更新制で、有効期間内であれば、プラグインの更新や技術サポートを受けることができます。アカウントを更新しない場合でもToolsetを登録済みのサイトで各プラグインは動作しますが、プラグインの更新を適用したり技術サポートを受けたりすることは出来なくなります。

上記は記事作成時点の情報です。購入する際は、必ず最新の情報を公式サイトで確認の上、ご自身の判断で購入してください。

Toolset Presentation

個人のブログや会社のホームページなど、訪問者に対してコンテンツを表示することを目的とするサイトに適しています。Toolsetの核となる Types、Views、Layoutsの3つのプラグインが含まれ、カスタム投稿タイプ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミの作成・管理はもちろん、ページテンプレートやレイアウトの作成、データの抽出表示やカスタム検索などを利用できます。ただし使用できるサイト数は1つに限定されます。
※Presentation=プレゼンテーション

Toolset Interactive

会員専用サイト(または専用ページ)やWooCommerceを使ったECサイトなど、利用者とサイト側で双方向の情報やコンテンツのやり取りが必要なサイトの構築に適しています。Toolsetの核となる Types、Views、Layouts に加えて、Toolsetのすべてのプラグインが含まれ、ユーザー登録フォームやユーザーの権限設定、GoogleMapへの複数同時プロットなどを利用できます。Toolset Presentation と比べて機能に制限がないことと、同時に3つのサイトで使用できることから、最も人気のあるアカウントタイプです。
※双方向=Interactive(インタラクティブ)

Toolset Agency

機能的にはToolset Interactive と同じですが、同時に利用できるサイト数が無制限のアカウントです。1人または1社で多数のサイトを運営する場合や、サイトの構築や運営を代行されている方向けのアカウントです。
※代理=Agency(エージェンシー)

テーマ開発者向けのアカウントについて

Toolsetの機能を自身が開発しているWordPressのテーマに組み込んで不特定多数に配布する場合は、テーマ開発者向けのアカウントが必要です。配布または販売するテーマの種類(数)が1つなら「Single Theme」を、2種類以上のテーマに組み込む場合は「Unlimited Themes」アカウントを選択します。
※前述のWordPressサイト構築用のアカウントは、構築・運用するサイトごとにToolsetの認証登録作業が必要ですが、テーマに組み込まれたToolsetはサイトごとの認証登録作業はありません。

テーマ開発者向けのアカウントの価格や利用条件などの詳細については、公式サイトでご確認ください。

Toolsetを試用するには

Toolsetには試用版は存在しませんが、購入から30日以内であれば全額返金してくれます。つまり、30日いじり倒してみて、不満があれば返金してもらうという方法で、実質的にお試しすることが可能です。

公式サイトの返金ポリシー(Refund Policy)

Toolset購入方法

Toolset購入の流れを簡単に確認しておきましょう。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

作業の流れ

支払い方法は、PayPalと直接決済(Stripe)の2種類が用意されています。どちらもセキュリティが確保されているワールドワイドな決済プラットフォームですが、PayPalの方が日本でも歴史が深くおなじみの方も多いでしょう。

PayPalの場合、事前にPayPalのアカウントを作成しておく必要があるので、ちょっと面倒臭いかもしれませんが、他の有料のWordPressのプラグインやテーマを購入する際にも使えるので、PayPalアカウントをお持ちでない方もこの機会に作っておいても良いかもしれません。ちょっと古いですが当サイトのPayPalアカウント作成の記事も参考にしてみてください。

購入画面での入力内容

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

Toolsetの購入画面にアクセスして、購入したいアカウントの「Buy Now」ボタンをクリックします。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

②-1 注文者情報を入力します。会社の場合は担当者の方の名前とメアドを入力。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

②-2 注文内容の確認と次回更新の際の情報を確認しておきましょう。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

②-3 PayPalか直接決済を選択して「Place Order」ボタンをクリックします。
※PayPalを選んだ場合は、Place Order ボタンをクリック後に、PayPal決済画面に遷移します。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

※ 直接決済を選ぶ場合は、カード番号有効期限、確認コードを入力します。

参考:Paypal決済画面と支払い完了画面

以下は、私がToolsetのアカウントを購入した際(2015年当時)のPayPal決済画面と支払い完了画面です。商品名や金額、画面のデザインなどは現在のものとは異なりますが、参考までに載せておきます。

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

Paypal決済画面その1。Paypalにログイン

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

Paypal決済画面その2。支払の最終承認

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

Paypal決済画面その3。支払い完了画面

アカウントの種類と購入方法&お試しについて

On The Go Systemsのサイトに自動で戻り、購入手続完了画面が表示されます。領収書の印刷やダウンロードリンクも表示されています。

注文完了後の流れ

私が購入した時は、PayPalでの決済完了後、PayPalから支払い完了報告のメールが1通、On the Go Systems(Toolsetの開発・販売元)から注文処理中、注文完了、アカウント登録完了のメールがあわせて3通きました。このうち、アカウントに関するメールに、公式サイトのユーザー専用ページにログインするためのユーザー名とパスワードが記されているはずですので、大切に保管してください。Toolsetのダウンロードやアカウントの更新、技術サポートを受ける際に必要になってきます。

購入が完了したら、早速ToolsetをWordPressにインストールしましょう!
Toolsetのインストールと登録(認証)

Toolset JP Guide

ページ上部へ戻る