Toolset Types:カスタムフィールドの高度な管理

ここでは、Toolset Typesプラグインで作成したWordPressのカスタムフィールドの削除や、Typesプラグイン以外で作成されたカスタムフィールドをTypesプラグインで取り扱えるようにする方法など、カスタムフィールドの高度な管理について見ていきます。なお、これらの操作は通常必要のないものです。

カスタムフィールドの管理画面(Post Field Control)の開き方

カスタムフィールドの高度な管理を行なうには、専用の管理画面(Post Field Control)を使います。Post Field Control は通常使わない機能なのでメニューから直接開くことは出来ません。カスタムフィールドグループ一覧画面の下にあるボタンからアクセスします。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
Slider

Post Field Control 画面ではWordPress内のカスタムフィールドが一覧表示されます。背景の色は、そのカスタムフィールドの管理状態を示しています。

  • 無色:Typesプラグインで管理されている使用中のカスタムフィールド
  • :Typesプラグインで管理されているが、どのフィールドグループにも属していない未使用のカスタムフィールド
  • :Typesプラグインで管理されていないカスタムフィールド

Post Field Control 画面の「Meta key」は、phpなどでカスタムフィールドを指定する際に使用するカスタムフィールド名です。Typesプラグインで作成したカスタムフィールドであれば、カスタムフィールドのスラッグの頭に「wpcf-」が付いたものになります。

所属するカスタムフィールドグループを変更する

カスタムフィールドを所属させるフィールドグループを変更するには、以下の手順で操作します。なお、この操作はTypesプラグインで管理されているカスタムフィールドに限られるため、Typesプラグイン以外で作成されたカスタムフィールドをフィールドグループに所属させる場合は、先にそのフィールドをTypesの管理下におく必要があります。
背景が無色または赤色のもの

Slider

カスタムフィールドの種類を変更する

カスタムフィールドの種類を変更するには、以下の手順で操作します。なお、カスタムフィールドの種類の変更は構造上、ごく一部の変換可能な種類のもの同士に限られます。また、フィールドに格納されたデータ(値)を変換する際に、フィールド値が予期せず破損するリスクがあるので、その点を理解したうえで慎重に実行してください。

Slider

Types以外で作成されたカスタムフィールドのうち、テーマや他のプラグインで使用しているものについては、種類を変更すると、テーマやプラグインの機能を損なう可能性があるので、変更してはいけません。

Types以外で作成されたカスタムフィールドをTypesで管理する

Types以外で作成されたカスタムフィールドをTypesで管理することで、Typesのカスタムフィールドグループに所属させることができるようになり、Viewをはじめとする他のToolsetプラグインからも利用できるようになります。ただしその動作が保証されているわけではありませんので、その点は心にとめておきましょう。

Slider

カスタムフィールドをTypesの管理から外す

Typesで管理中のカスタムフィールドを、その管理下から外す際に実行します。Typesの管理から外れると所属させていたフィールドグループからも離脱するので注意してください。

カスタムフィールドを削除する

使わなくなったカスタムフィールドをWordPressのデータベースから完全に削除するには、以下の手順で操作します。なお、この画面から削除できるのは安全のためTypesプラグインで作成したものに限られます。

Slider
Toolsetの使い方・全目次