Toolsetを英語表示に切り替える

Toolsetは一応日本語化されたプラグインですが、日本語訳が完全ではないので、そのまま使うとかえって混乱することもあるので、個人的には英語表示での使用をお勧めします。

ここで紹介するハックはプラグインの設定や操作画面(バックエンド)の表示言語を日本語から英語に戻すだけなので、閲覧者が見るフロントエンド側の表示に影響はありません。

ただ、昔と比べると日本語訳に違和感や間違いが減ってきているので、どうしても日本語表示で使いたいのであれば、そのまま使ってみても良いかもしれません。

Toolsetを英語表示に切り替える手順

今のところプラグインの設定画面から表示言語を切り替える方法がないので、Toolsetに内蔵されているカスタムコードスニペット機能をつかって、プラグインの日本語翻訳ファイルを参照させないようにします(結果として英語表示になります)。

Toolsetのカスタムコードスニペット機能に関する基本操作やセキュリティ機能についての説明を、より詳しく知りたい方は以下のURLを参照してください。

Toolsetの設定画面 > カスタムコード を開く$

WordPress管理画面左側のメニューから Toolset > 設定 の順に辿り、Toolset設定画面の カスタムコードタブを開いたら、カスタムコードスニペットと書かれている場所の横にある 新規追加 をクリックします。

Toolsetカスタムコードスニペット画面

カスタムコードを保存するファイルを作成する$

開いたダイアログに半角英数でカスタムコードを保存するファイル名を入力して 作成 をクリックします。

カスタムコードファイル作成ダイアログ

ここでは、「disable-mofile」としましたが、お好みのファイル名にして構いません。ただし、既存のカスタムコードファイルと同じ名前は作成できません。

作成したファイルにカーソルを当ててファイルを開く$

作成したファイルにマウスカーソルを当てて、編集 をクリックします。

カスタムコードファイルにマウスカーソルを当てたところ

オプションを指定する$

カスタムコードを実行するタイミングと場所を指定するオプション

このコードを実行するタイミングと場所を指定します。今回のコードはバックエンドでToolsetの各画面を表示させる際に必ず実行させるようにしたいので、

  • Run mode は 「Run always」を選択
  • Run context は 「WorePress管理」と「AJAXコール」にチェック

にすればOKです。

バックエンドで実行させるコードの場合、通常は「WordPress管理」のチェックだけで足りますが、Toolsetでは、ショートコードの挿入時や、条件分岐やフィルタなどのオプションをAJAXで呼び出しているので、翻訳を完全に解除するには「AJAXコール」にもチェックを入れてください

カスタムコードを入力する$

カスタムコードの入力例

コード入力欄に、WorePressが読み込んだToolset用の翻訳ファイルを解除するコードを入力します。

<?php
/**
 * Toolset Pluginを英語表示で使うためのコード
 */

toolset_snippet_security_check() or die( 'Direct access is not allowed' );

add_action( 'wp_loaded', function () {
	unload_textdomain('wpcf');//Types
	unload_textdomain('wpv-views');//Views
	unload_textdomain('wp-cred');//Forms
	unload_textdomain('wpcf-access');//Access
	unload_textdomain('ddl-layouts');//Layouts
	unload_textdomain('toolset-maps');//Maps
} );
  • 3行目は、このコードの説明などを記述します。なお、先頭の「*」アスタリスクは削除しません。
  • 6行目の記述は、コードを保護するためセキュリティ上必要な記述なので削除しないでください。
  • 日本語表示のまま使いたいものがある場合は、該当するプラグインの行を削除してください。

カスタムコードファイルの新規作成時、コード入力欄には、あらかじめ数行のコードが記述されています。カスタムコードを記述する場合は、8行目の

// Put the code of your snippet below this comment.

以降に記述します。

カスタムコードをテストして保存する$

コードの入力が終わったら、入力欄の下にある Save and test をクリックして、コードに構文上の誤りがないかをチェックします。

カスタムコードの構文エラーチェックに成功した時の表示

画面上部にチェックをパスした表示が出たら、Save and close をクリックして閉じます。

作成したカスタムコードファイルを有効にする$

ステップ3と同様に、作成したファイルにカーソルを当てて、起動 をクリックし、ステータス表示が 非アクティブ から 起動 に変わったら作業完了です。

ブラウザをリロードすると該当のプラグインが英語表示になります。

有効化したカスタムコードファイルにカーソルを当てて、コードを無効化したり、削除することができます。

また、有効化したコードファイルが原因で、万が一WorePressの管理画面にアクセスできなくなった場合は、FTPソフト等で wp-content/toolset-customizations/ 内にある該当のファイルを直接削除(またはPCに退避)すれば、コード有効化前の状態に復帰することができます。

おまけ:Toolset各プラグインの日本語翻訳ファイルの場所

コードスニペットを使いたくない場合は、プラグインの翻訳ファイルをFTPソフト等で直接削除またはリネームすることで同様の効果を得ることができます。ただし、この方法だとプラグインが更新されるたびに、削除またはリネームをおこなう必要があるのであまりお勧めはしません。

Toolset各プラグインの日本語翻訳ファイルの場所は以下のようになっています。

//Types関連//
plugins/types/vendor/otgs/installer/locale/installer-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/locale/types-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Views関連//
plugins/wp-views/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Layouts関連//
plugins/layouts/locale/layouts-ja.mo
plugins/layouts/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Forms関連//
plugins/cred-frontend-editor/library/toolset/cred/embedded/locale/wp-cred-ja.mo
plugins/cred-frontend-editor/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Access関連//
plugins/types-access/locale/access-ja.mo
plugins/types-access/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo