Toolsetでできること

Toolsetはアイデア次第で様々なことを実現可能にするプラグインですが、基本的なHTMLやCSSの知識は必要です。それでも全体の機能の8割は、PHPやJavaScriptを1行も記述することなく利用できるので、初心者でも比較的容易に高機能なサイトやブログを構築できます。また、WEBサイトの構築に関する経験や知識が豊富な方なら、Toolsetで作業が捗ることでしょう。

なお、Toolsetと併用するWordPressのテーマに特に制限はないので、無料のテーマを使っている方はもちろん、高機能な有料テーマを使っている方が更に機能を強化したい時などにもおすすめです。

Toolsetを構成する各プラグインの機能

Toosetでは、上記の機能を実現するために以下のプラグインで構成されていて、相互に連携して機能します。全てをインストールする必要はなく、機能の核となるTypesとViewsの他は、構築するサイトの目的に応じて必要なものをインストールして利用します。なお、Toolsetは購入するパッケージによって利用できるプラグインの種類やインストールできるサイト数が異なります。

Types

WordPressに記録する情報を目的に合わせて利用しやすいように分類・管理するための Toolsetの中で最も基本となるプラグインです。具体的には、WordPressが標準で備える投稿タイプ、タクソノミの他に、構築するWEBサイトの目的に合わせてオリジナルの投稿タイプやタクソノミ、カスタムフィールド(投稿用、ユーザー用、ターム用)を簡単に追加・表示できます。また、Typesで異なる投稿タイプどうしを関連付けておけば、Views等のプラグインを使って、コンテンツをデータベースのように柔軟に表示させることができます。

Views

WordPressに記録した情報を、お好みのデザインでフロントエンドに表示するための Typesを活用するうえで必要不可欠なプラグインです。投稿タイプやアーカイブページのテンプレートはもちろん、設定した条件でカスタムフィールドの情報を抽出表示させたり、訪問者が使いやすいように、検索機能を提供します。

さらに、カスタムフィールドの値など、評価可能な情報を使って、ページに出力する内容自体を制御(表示・非表示)することもできます。記述方法もエクセルの関数のように簡単です。

Forms

Formsは、オリジナルのフォームを作成して、サイト利用者が管理画面ではなくフロントエンドからコンテンツを投稿できるようにするプラグインです。クラシファイドディレクトリ、会員専用サイトなど、フロントエンドからコンテンツや情報の提出を必要とするサイトを作成する場合に使用します。入力内容の検証や送信時の電子メール通知機能も備えます。

Layouts

Layoutsは、Bootstrapのフレームワークを使ってレスポンシブレイアウトに対応したページやテンプレートを簡単にデザインできるプラグインです。Bootstrapについての詳しい知識がなくても、ドラッグアンドドロップエディタを利用してきれいに整ったレイアウトを作成することができます。

Access

複数のメンバーでWordPressサイトを運営する時や、会員専用ページを運用する場合など、ユーザー(またはユーザーグループ)ごとにアクセス権限を設定して、閲覧や操作のできる範囲を制御することができます。1人で運用するサイトであれば、基本的に使うことはありません。

Maps

GoogleやAzureの地図上に、位置情報を表示できます。単純にお店や会社の所在地を表示させるだけでなく、Viewsで抽出した複数の位置情報をプロットさせることができます。旅行サイトや不動産サイトのようなビジネスユースはもちろん、旅行記やフォトブログ、地域のおすすめスポットなど、アイデア次第で個人でも活用できます。

その他

その他、WooCommerce用に設計された、商品のテンプレートを効率よく作成したり、支払い専用フォームを作成することができるプラグインや、Toolsetで構築されたサイトのメンテナンス等に必要なユーティリティ系のプラグインが用意されています。

優れた作例を見てイメージを膨らまそう

公式サイトのショーケースには、Toolsetで構築された海外のユーザーの作例が多数掲載されています。これらの作例は、カテゴリー(ブログやコーポレート、Eコマースなど)と併用しているWordPressのテーマから絞り込むことができ、作例の解説を読んだり、実際に稼働しているサイトに移動することができます。

Toolsetの使い方・全目次