カスタムフィールドの作成 と設定


概要

WordPressでは タイトルと 本文の編集の他に,追加の情報を 含める場合は カスタムフィールドを 使用します.Typesプラグインを 使って,チェックボックスや ラジオボタン,画像,テキスト入力ボックス,ドロップダウンなど たくさんの種類のカスタムフィールドを 簡単に 作成することができます.このページでは,Typesプラグインを使った カスタムフィールドの作成 と設定について 説明します.

チェックボックス

ラジオボタン

ドロップダウン

カレンダー付日付入力

数値,電話,メール

URL,画像

オーディオ,ビデオ,埋込メディア

カラーピッカー

テキストボックス

ビジュアルエディタ

ファイル添付,スカイプ

スカイプ表示設定


 

カスタムフィールドグループの作成

複数のフィールドを 1つのオブジェクトとして まとめたものを フィールドグループと 呼びます.Typesプラグインで カスタムフィールドを 追加するときは,まず カスタムフィールドグループを 作成します.

Types>Custom Fieldsに移動し,Add a custom fields groupボタンを クリックし,次の画像の手順で フィールドグループを 作成します.

Add a custom fields groupをクリック

グループ名と説明を入力

フィールドタイプ追加ボタン


 

カスタムフィールドの作成 (フィールドをグループに追加)

グループ名(必須)と 説明(任意)を 入力したら フィールドを 追加できます.画面右上にあるAvailable fields(利用可能なフィールド)の枠内にある フィールドタイプ追加ボタンを クリックして 必要な カスタムフィールドを グループに 追加していきます.フィールドグループには 好きなだけ フィールドを 追加することができます.たくさんのフィールドを 追加しても,編集中のフィールドが 記憶されており,次回 このフィールドグループを 表示したときに 素早く 編集中のフィールドに アクセスできます.編集中でないフィールドは 閉じた状態で 表示されます.

各フィールドタイプ共通の設定項目

  • Name(フィールド名):編集者が認識できる名前をつけます.WordPressのGUI画面に表示されます.
  • Slug(スラグ名):コンピューターが認識する名前をつけます.半角英数とアンダースコアのみ使用できます.
  • Description(説明):投稿編集画面で表示される説明を入力します.
  • Validation(検証):投稿編集時に必須入力させる場合はこのボックスをチェックします.さらにメールやURLフィールドの場合は書式をチェックするこオプションが表示されます.

イメージフィールドの追加例

特定のフィールドタイプのみ設定可能な項目

複数チェックボックス,ラジオボタン,スカイプなど,いくつかのフィールドでは 追加の情報が 必要になります.

複数チェックボックスやラジオボタンでは選択肢を追加するオプションが表示される

スカイプ表示設定


 

表示順序の変更と削除

各フィールドの横にある 十字型の矢印アイコンを 上下に ドラッグすることで,グループ内のフィールドの順番を 入れ替える ことができます.バツ印のアイコンを クリックすると グループから フィールドを 削除できます.

 

カスタムフィールドグループの表示を制御する

作成した カスタムフィールドグループを,特定の投稿タイプを編集する時だけ 表示させたり,特定のカテゴリや タクソノミータームに 属する記事を 編集する時だけ 表示させることもできます.カスタムフィールドグループの表示の制御は,フィールドグループの編集画面の一番上にあるWhere to display this group(=このグループの表示場所)セクションで 行います.

「Edit」ボタンをクリックすると表示条件が選択できるようになる

  • Post Types(投稿タイプ):このカスタムフィールドグループを 表示させたい投稿,固定ページ,カスタム投稿タイプを 指定します.
  • Taxonomy terms(ターム):指定したタグや カテゴリー,カスタムタクソノミーが 属する記事を 編集する時に,このカスタムフィールドグループを 表示します.
  • Page templates(テンプレート):テーマに 複数の 異なるページテンプレートが 用意されている場合で,指定したテンプレートが 使用されているときに,このカスタムフィールドグループを 表示します.
  • Data-dependent display filters:指定したカスタムフィールド値を もっている 記事を 編集する時に,このカスタムフィールドグループを 表示します.

複数の条件を 設定した場合は,全ての条件が そろった時に 表示するか,いずれかの条件を 満たしたときに 表示するかを 選択するオプションが 表示されます.

 

オーディオ・ビデオ・埋込メディアについての補足

サポートされるオーディオフォーマット

mp3,m4a,ogg,wav,wma

サポートされるビデオフォーマット

mp4,m4v,ogv,webm,wmv,flv

推奨のビデオフォーマット
使用に 特許制限のない フリーのオーディオ・ビデオ圧縮フォーマットである Vorbis_audio,pus_audio,Theora_video,VP8_videoが おすすめです.コンテナ形式,Ogg(.ogg,.oga,.ogv,.ogx,.spx,.opusを含む)形式 または,WebM (.webm)形式に 埋め込まれている場合は,一般的な WEBブラウザで 表示することが できます.

埋込メディア

埋込に 対応している コンテンツの詳細に ついてはWordPressのドキュメントを 参照して下さい.Typesプラグインの埋込メディアフィールドは,YouTubeやVimeo,SlideShareのような,iFrameや 埋込HTMLを 使ったサイトからの 挿入は サポートして いません.※挿入する場合は,直接 記事に HTMLで 記述して下さい.

その他

メディアの表示は ブラウザの種類や ユーザーの環境によっては,動作しないことも あります.問題の切り分けを するために,Typesプラグインを 使わず,固定ページや 投稿に 直接,WordPress標準のショートコードを 貼り付けて テストしてみて下さい.WordPressのバージョンが 3.6以降で,WordPress標準の方法で 動作しない場合は,Viewsプラグインの 「View」 や 「コンテンツテンプレート」 で 出力しても 動作しません.