カスタムタクソノミーの作成と設定


カスタムタクソノミーとは?

カスタムタクソノミーによってカスタム投稿タイプを整理することができます。カスタムタクソノミーは、投稿を整理するカテゴリーやタグのようなものですが、ユーザーが定義したカスタム投稿タイプを整理する際に使い、カテゴリーのように階層を定義したり、タグのように非階層的に定義することもできます。階層的なタクソノミーは、カテゴリーのように機能し、タクソノミーを選択するためのツリー構造のチェックボックスが表示されます。非階層的なタクソノミーは、タグと全く同様に機能し、タームとなるテキストを入力したりよく使うタームをリストから選択することができます。

階層的タクソノミー

非階層的タクソノミー

カスタム投稿タイプには、WordPressに組み込まれているカテゴリーやタグではなく、カスタムタクソノミーを設定します。不動産サイトであれば、サイトの訪問者が閲覧したい物件のタイプに基づいて簡単に情報を絞り込めるようにするため、「物件タイプ」というカスタムタクソノミーが必要かもしれません。

 

基本操作

Typesプラグインでは、情報を入力するだけで簡単にカスタムタクソノミーを作成できます。ここでは不動産サイト用に「物件タイプ」というタクソノミーを作成してみましょう。

管理画面で、Types>Types&Taxonomiesに移動し、「Add Custom Taxonomy」をクリックします。

Add Custom Taxonomyをクリック

例として以下のようにタクソノミーの名前と説明を入力します

  • Custom taxonomy name plural(必須):物件タイプ.
  • Custom taxonomy name singular(必須):物件タイプ
  • Slug(必須):property-type
  • Description(任意):このタクソノミーの説明を入力します。

タクソノミーの名称とスラグ名を入力

上から複数形のタクソノミー名、単数形、スラグ名を入力します。タクソノミー名は日本語でも問題ないようですが、複数形の方には全角のピリオド「.」を末尾につけて単数形と区別するようにします(同一の文字列でなければ他の方法でも良い)。なお、スラグ名は半角英数で入力する必要があります。

 

オプション設定

可視性(Visibility)

WordPressの管理画面でこのタクソノミーを表示するかを選択します。

通常は上(公開)を選択

タクソノミーを使用する投稿タイプの選択(Select Post Types

このタクソノミーをどの投稿タイプで使用するかを選択します。下の画像ではあらかじめ作成しておいた「家・House」というカスタム投稿タイプを選択しました。これでカスタム投稿タイプ=Houseと、タクソノミー=物件タイプが関連づけられました。

このタクソノミーを表示させる投稿タイプを選択する

カスタムタクソノミーで使用するラベルの設定(Labels)

ここでは、WordPressの管理画面等に用いられるカスタムタクソノミー名称の表示方法を細かく制御できます。通常デフォルトのままで問題ありません。

さらに高度な設定(Options)

オプションの欄では、タクソノミーの設定を微調整できます。

  • Hierarchical/Flat(階層とフラット):タクソノミーの分類方法を決定する重要なオプションです。階層的タクソノミーカテゴリーのように動作し、フラット(非階層的タクソノミー)はタグのように動作します。
  • Rewrite(上書き):パーマリンクを上書きします。タクソノミーアーカイブページに指定した文字列のスラグを追加します。
  • Allow permalinks to be prepended
    with front base
    (パーマリンクの前に固定リンク名を付加する):カスタムスラグの前にサイトの固定リンクの表示を許可します。(例 /blog/, /news/)
  • Hierarchical URLs(階層URL):階層的タクソノミーの時に、階層URLを実装します。
  • show_ui(uiを表示):このタクソノミーを管理するためのUIを表示します。
  • show_in_nav_menus(ナビメニューでの表示):ナビメニューに表示するかどうか
  • show_tagcloud(タグクラウドの表示):非階層的タクソノミーの場合にタグクラウドを使用できるか
  • query_var:クエリの禁止・許可
  • update_count_callback:カスタム関数を記述

最後に設定を保存しておきます。

タームを追加する

上記で作成したカスタムタクソノミー「物件タイプ.」は、「投稿タイプ=House」に関連づけられているので、WordPressの管理画面では、「Houses」の中に表示されます。

投稿タイプHousesの中にタクソノミーが表示された。

物件タイプ.をクリックして、タームを追加していきます。必要なだけタームを追加したら、カスタム投稿タイプを分類する準備が整います。

名前とスラグを入力

必要なタームをあらかじめ登録しておく