ユーザーフィールドの作成と設定


Typesプラグインでユーザープロフィールにフィールドを追加することもできます。ユーザーフィールドを追加することで、サイト内ユーザーに様々な属性を持たせることができます。ユーザーフィールドで使用できるフィールドタイプはカスタムフィールドと同じです。

 

ユーザーフィールドグループの作成

管理画面でTypes>User Fieldsに移動し、「Add a user meta group(ユーザーメタグループを追加)」をクリックします。

「Add a user meta group」をクリック

ユーザーフィールドグループ作成画面


 

フィールドをグループに追加する

右側のボックスからフィールドをクリックします。追加したフィールドごとに名前、スラグ(必要に応じて変更)、説明を入力し、フィールドに応じたオプションを設定します。 このグループに含めたいフィールドタイプを全て追加したら、「保存」をクリックします。

画像フィールドを追加したところ

 

ユーザープロフィール画面でフィールドを使う

上記の設定を終えると、WordPressのユーザープロフィール画面に、新しく作成したフィールドグループが表示されます。(※下の画像の青い領域)

ユーザープロフィール画面に顔写真が追加できるようになった


 

ユーザーフィールドグループの表示を制御する

作成したユーザーフィールドグループを、ユーザーの権限に応じて表示することができます。ユーザーフィールドグループの表示の制御は、フィールドグループの編集画面の一番上にあるWhere to display this group(=このグループの表示場所)セクションで行います。

表示させたいユーザーの権限を選択する