CSVファイルを使用してコンテンツをインポートする


概要

WordPressにサイト全体のコンテンツをインポートしたいとき、最も良いのはCSVファイルを使う方法です。このページでは、TypesプラグインとCSV imprterプラグインを使ってサイトのコンテンツをインポートする方法について説明します。

 エクスポート及びインポートは事前にバックアップをとるなどして慎重に行って下さい。操作結果についての責任は負いかねますのであらかじめご了承下さい。

 

インポート用CSVの書式設定

インポート用CSVは、CSV imprterプラグインで読み込ませるためのフォーマットで記述します。列の見出しは、CSV imprterプラグインに、その列の処理方法を指示するものです。列見出しは全て最初の行(セルA1)に記述します。

このCSVはMicrosoft ExcelのCSV形式(カンマ区切り)を使って作成します。作成しているデータがExcelのフォーマット(.xlsまたは.xlsx)の場合、CSV(カンマ区切り)で保存し直すことで、正しいデータの書式にすることができます。

サンプルケースでは、不動産データベースのコンテンツを、WordPress標準のフィールド(タイトルと本文)および、カスタムフィールド、カスタムタクソノミーにインポートします。なおサンプルケースの構成とインポート先の項目は以下のとおり。

コンテンツ列の見出しインポート先
物件名csv_post_title記事タイトル
物件の説明csv_post_post記事本文
物件の所在エリアwpcf-property-areaカスタムフィールド
画像リンクwpcf-link-to-imageカスタムフィールド
都市名wpcf-cityカスタムフィールド
カテゴリーcsv_post_categoriesカテゴリー
投稿タイプcsv_post_typeカスタム投稿タイプ

インポートは任意のWordPressコンテンツに対して行うことができます。「post」は、WordPressが保存する全ての投稿タイプを保存する方法で、ブログ投稿だけでなくデータベース内の投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプは全て「post」と呼びます。正しい書式設定で書かれたCSVファイルは以下のようになります。

サンプルケースのCSV記述例

インポート用のCSVファイルの準備ができたら、次にインポートしたいデータを保存するための入れ物を作成してます。インポート先のWordPressで、カスタム投稿タイプ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミー等を作成しておきます。

 

インポート先にカスタム投稿タイプを作成する

インポート先のWordPressでは、Typesプラグインを使って新しいカスタム投稿タイプを作成しておきます。サンプルケースでは、もとのデータに対応させるために「Properties」というカスタム投稿タイプを作成しましたが、タクソノミーについてはWordPress標準のカテゴリーを使用します。

インポート先のWordPressでカスタム投稿タイプを作成しておく

作成した投稿タイプの分類には、標準のカテゴリーを選択した

 

インポート先にカスタムフィールドを作成する

サンプルケースでは、投稿タイプ「Property」に属するデータを格納するため、インポート先にもいくつかのカスタムフィールドが必要です。これらもTypesプラグインを使って作成します。新しいカスタムフィールドグループを作成し、作成したカスタムフィールドグループが下の画像のように、「Properties」という特定のカスタム投稿タイプにだけ表示されるようにします。

カスタム投稿タイプ=Propertiesにのみ表示させるようにした

次に、このフィールドグループにフィールドを追加していきます。追加するフィールドは、CSVファイルに記述した列見出しの名前とフィールドのスラグ名に完全に一致している必要があります。CSV imprterプラグインはフィールドスラグの値のみを参照しているので、一致させるのはフィールド名ではなくフィールドの「スラグ名」で、フィールド名自体はインポートのプロセスに関係ありません。サンプルケースで作成しておくカスタムフィールドは以下のとおり。

フィールド名タイプスラグ名
Property Area数値property-area
Link to Image画像link-to-image
Cityシングルライン(一行テキスト)city

CSVファイルのブルーでハイライトした場所が、インポート先で作成するフィールドスラグ名と一致する必要がある。なお頭の(wpcf-)はTypesプラグインが自動で付与するので、スラグ名をつけるときは(wpcf-)は不要。

 

CSVファイルをインポートする

以上の手順が済んだら、インポート前にもう一度以下の点を確認しておきます。

  • CSVファイルの列見出しは、インポート先の各フィールドスラグ名と一致しているか
  • インポート先のカスタム投稿タイプ、カスタムフィールドとタクソノミーの設定
  • インポート先のWordPressで、「CSV importer plugin」が有効化されているか

インポートの操作は以下のとおり

  1. WordPress管理画面で、ツール>CSV importerに移動
  2. 「参照」をクリックして作成したCSVファイルを指定
  3. 「下書きとして記事をインポートまたはカテゴリを割り当てる」はチェックしません。
  4. 最後に「Import」ボタンをクリック

CSV importerプラグインによるインポートが完了すると新しい「properties」データベースがWordPress管理画面に追加され、投稿タイプ「Properties」のメニューでは、新しくインポートされたコンテンツが表示されます。