Syntax Highlight でのHTML編集


概要

ToolsetBootstrapテーマは,複雑なHTML編集を 簡単にするための「シンタックスハイライト Syntax Highlight 」機能を 搭載しているので,Wordpress標準のビジュアルエディターや テキストエディターに比べ,専用のHTMLエディタに 近い作業環境を 提供します.

  • HTML,テキスト,タグの属性表示
  • WordPressによる 自動整形を せず,ページ出力を 手動で制御
  • HTML階層に応じた タブの 自動挿入

 

Syntax Highlight を有効化する

外観>テーマオプション>シンタックスハイライト(タブ)に移動すると,投稿,固定ページ,カスタム投稿タイプなど,コンテンツタイプごとの有効・無効を 切り替える ことが 出来ます.

投稿タイプに応じてシンタックスハイライトのON・OFFが切り替えられます

エディターのモードに「Syntax」が加わります

 

ビジュアルエディタ無効化のすすめ

WordPressのコンテンツエディターは 複雑な HTLMの記述には 不向きで,編集画面のビジュアルモードや テキストモードは,マークアップ(タグ)を勝手に 変更してしまう ことがあります (シンタックスハイライトモードでは このような問題は 起こりません).そのため,主に シンタックスハイライトを 使用して HTMLの編集を 行う場合は,あらかじめ ビジュアルモードを 無効化して おくことを おすすめします.ビジュアルモードの無効化には 2つの方法が あります.

①個別の記事ごとに無効化する

投稿編集画面を 開き,画面右に 配置されている 「ToolsetBootstrap」 の 「ビジュアルエディターを 無効にする」 に チェックを 入れます.

記事ごとに無効化できる

②コンテンツタイプごとに一括して無効化する

例えば,特定の投稿タイプなどで,常に ビジュアルモードを 無効化して おきたい場合は,外観>テーマオプション>シンタックスハイライト(タブ) に移動し,投稿,固定ページ,カスタム投稿タイプなど,コンテンツタイプごとに 一括して ビジュアルモードを 無効化する ことができます.

投稿タイプ別に無効化

シンタックスハイライト機能や ビジュアルエディターの有効・無効の切り替え によって コンテンツの内容が 変更されることは ありません.