Toolsetのプラグインを英語表示で使う


Toolsetのプラグイン(Types、Views、CRED、Access)をインストールすると、メニューや説明は日本語訳された状態で表示されます。ただ機械翻訳されているのか、残念なことに日本語訳が意味不明になっている場所が多く、また一部のボタンが文字化けしていたりします。実際、慣れてしまえば英語表示の画面でも何ら問題ないので、個人的にはプラグインの翻訳ファイルを無効にして使うことをおすすめします。

英語表示の例

残念な日本語訳の例

上の画像はTypesプラグインでカスタム投稿タイプに親子関係を設定する画面のキャプチャ画像です。「Post繋がり」という日本語訳はまだしも、「初回投函」や「次回投函」というのは本来の意味とかけ離れています。実はこの箇所はTypesプラグインを使いこなす上でも重要な部分なので、こういった箇所が変な日本語なのはいただけません。

 

プラグインの翻訳ファイルを無効にする

残念ながらToolsetの各プラグインの画面から表示言語を切り替えることが出来ないので、FTPソフトでプラグインの翻訳ファイルが保存されている場所にアクセスし、日本語訳ファイルの名前を変更して対処します。

 FTPでのファイル操作は事前にバックアップをとるなどして慎重に行って下さい。操作結果についての責任は負いかねますのであらかじめご了承下さい。

例としてTypesプラグインであれば、プラグインフォルダの階層を以下のように辿ります。
・・・/wp-content/plugins/wp-types/embedded/locale

localeフォルダの中に、各種言語の翻訳ファイルが保存されているので、その中から「types-ja.mo」というファイルを探し、ファイル名を適当なものに変更します(例:「types-ja.mo2」)。これで日本語翻訳されなくなります。

FTPソフトで翻訳ファイルの名前を変更した

その他の製品の翻訳ファイルの場所

  • Views・・・wp-content/plugins/wp-views/embedded/common/localization/locale
  • CRED・・・wp-content/plugins/cred-frontend-editor/locale
  • Access・・・wp-content/plugins/types-access/locale