Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

Yoast WordPress SEO とは

Yoast WordPress SEO は,豊富な設定項目をもつWordPressのSEO関連プラグインです.画面も日本語化されており,ブログ等で解説している方も多いところからも,その人気の高さが伺えます.WordPress.orgのプラグイン紹介ページによれば,以下のような特徴が挙げられています.

  • Googleの検索画面でタイトルやページ概要がどのように見えるかをリアルタイムでプレビュー
  • ページ分析ページ分析では,見落としがちなチェックポイント,例えば文中にフォーカスするキーワードが適切に含まれているか,説明の長さが適切か,画像のAltタグにキーワードが含まれているかといったSEOの観点からみた修正ポイントを確認することができます.
  • メタ&リンク要素の制御カテゴリーやタグ,投稿タイプ別に「noindex, follow」やアーカイブの無効化ができる
  • XMLサイトマップの生成
  • RSSの最適化
  • パンくずリスト
  • .htaccessとrobots.txtファイルを編集
  • ソーシャルメディア設定の統合
  • マルチサイト対応
  • インポート&エクスポート:他のSEO関連プラグインからのインポートにも対応

 

ページ分析をオールグリーンにする方法

今回は,なかなか緑にならないSEOスコアの色をどのようにしたら緑にできるのか,できれば「ページの分析」で表示される項目全てがグリーンになるようにするにはどうすればいいかについて解説していきます.
 

Yoast WordPress SEO 調整前の状態

例としてこのサイトのこちらのページで調整してみました.調整前の状態は次のとおり.なお,フォーカスキーワードを入れないとYoastによるページ分析が行われないので,調整前のスクリーンショットには,このページと無関係のキーワードを入れてあります.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

調整前のSEOスコア

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

調整前の「一般な設定」タブの表示

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

調整前の「ページの分析」タブ

 

フォーカスキーワードに関する調整

フォーカスキーワードには,このページを最もよく表現するキーワードやキーフレーズを入力します.もちろん日本語でも認識します.この欄に入力した単語がページ内のタイトル,説明,本文,画像のaltタグ,サブ見出し(H2,H3・・)等に適切に配置されているかがチェックされます.
このチェックのルールが結構シビアなので,その点を気をつけながらフォーカスキーワードをコンテンツ内に記述していくことがSEOスコアを緑にするポイントになります.

 

フォーカスキーワードの記述の仕方

フォーカスキーワード欄には,1つの単語(=キーワード)を入力するか,複数の単語を半角スペースでつないだ言葉(=フレーズ)を入力することができます.キーワードとして1つの単語を入力する場合はそれほど気をつけることはありませんが,フレーズの場合は,スペースも含めた単語の配列でチェックするので,スコアをグリーンにするのは至難の業となります.お馴染みのGoogle検索において,スペースは「OR」の意味を持っているので,それと混乱しがちですが,注意しましょう.また,Page URLとの照合で「Yes」の判定を得るために,WordPressのパーマリンク設定が日本語ならフォーカスキーワードは日本語で,パーマリンク設定が英語ならフォーカスキーワードは英語にする必要があります.

 

Page URL 内でのキーワード使用

さて,設例のページは「Types」というプラグインについて書いているので,フォーカスキーワードは「Typesプラグイン」としたいところですが,ページのURL(http://wp-note.com/manual/toolset/types/types-guide/)を英語表記にしている兼ね合いで,フォーカスキーワードについては「Types」と英語部分のみに絞りました.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

フォーカスキーワードを入力

この時点で,URL内の単語とマッチしたので,「Page URL: Yes (2)と表示されました.キーワードとURLとのマッチングについては,URL内の「-」ハイフンは半角スペースとして認識しているようです.そのため,設例のURLでは2件ヒットしています.ここから評価がNoとなっている項目を調整していきます.

 

Article Heading 内でのキーワード使用

そのページの本来のタイトル(SEOタイトルでなない)でフォーカスキーワードが使用されているかチェックします. Yoast WordPress SEO は英語のページを想定して作られており,日本語のように単語間隔を持たない言語で書かれた文章で,単語を認識させるには半角スペースを挿入してあげる必要があります.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

フォーカスキーワードの直後に半角スペースを挿入

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

「Article Heading: Yes (1)」になった

 

Page title 内でのキーワード使用

ページタイトル内でフォーカスキーワードが適切に配置されているかをチェックします.Article Headingと同様に,単語を認識させるには半角スペースを挿入してあげる必要があります.なおページタイトルの修正は「SEOタイトル」欄に独自のタイトルを記述した場合に行うもので,「SEOタイトル」欄が空欄の場合は,「Article Heading」の評価と連動します.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

SEOタイトル欄で,単語を認識させる

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

「Page Title: Yes (1)」になった

 

Content 内でのキーワード使用

記事本文に,フォーカスキーワードが適切に配置されているかをチェックします.他の評価項目を修正したのと同様に,単語を認識させるには半角スペースを挿入してあげる必要があります.1つでもマッチングしていれば「Yes」の評価になるので,設例では書き出しの1つだけ半角スペースを挿入しました. Googleの検索エンジンは優秀なので,フォーカスキーワードとのマッチングのためだけに記事内のキーワードにスペースを挿入するのは妥当ではないと思いますし,表示上の見栄えを損なうので,ここでは1カ所だけの修正にとどめます.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

フォーカスキーワードの直後に半角スペースを挿入

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

「Content: Yes (1)」になった

 

Meta description 内でのキーワード使用

Meta description (記事の説明)内に,フォーカスキーワードが適切に配置されているかをチェックします.こちらも,他の評価項目を修正したのと同様に,単語を認識させるには半角スペースを挿入してあげる必要があります.なおMeta descriptionの修正は「Meta description」欄に独自の説明を記述した場合(もしくはYoast WordPress SEO の設定でMeta descriptionに抜粋を使用する設定をした場合)に行うもので,「Meta description」欄が空欄の場合は,「Content」の評価と連動します.このプラグインを使っている方の大半はMeta descriptionに独自の記述をしていると思いますので,設例でもMeta description欄を修正しています.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

フォーカスキーワードの直後に半角スペースを挿入

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

「Meta description: Yes (1)」になった

以上でフォーカスキーワードに関する調整は全て完了しました.ここまでの調整でSEOスコアの表示は次のようになりました.

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

フォーカスキーワードに関する調整終了後

スコアは「Poor」から「OK」に改善しましたが,まだ不十分な調整項目があるようです.

 

ページ分析に基づくその他の調整

実はフォーカスキーワードに関する調整は他にもいくつかあり,ページ分析タブの中にはフォーカスキーワードに関する追加項目と,その他の調整項目についてアドバイスが表示されています.設例のページでは次の画像1枚目のようになっていました.そしてページ分析タブのアドバイスに従って適切?な調整を行った結果,無事にSEOスコアをオールグリーンにすることができました!

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

調整中の「ページの分析」タブ

Yoast WordPress SEO の ページ分析 を オールグリーン にする

調整後の「ページの分析」タブ

ここからはステップバイステップでの説明ではなく,各アドバイス項目とその対処法を簡単に説明していきます.なお項目の並び順は重要な修正ポイント順に並ぶので,ページの状況によって変化します.色々試している中で確認できたものを掲載していますので,該当するアドバイス項目を参考に,ご自身のページを修正してみて下さい.

 

タイトル関連のエラーと対処
重要 キーワード/フレーズの はページタイトルに表示されていません.
解説
SEOタイトル欄に記述したタイトル(SEOタイトル欄がブランクの場合は,本来のタイトル欄)にフォーカスキーワードが含まれていない場合に表示されます.
対処法
SEOタイトル欄(SEOタイトル欄を使用しない場合は,本来のタイトル欄)に,適切なフォーカスキーワードを入力します(詳しくはこちら)。
解決後の表示
ページタイトルは冒頭でランキングを向上させるために考えられている,キーワード/フレーズを含んでいます.
やや重要 ページのタイトルはキーワード/フレーズが含まれていますが,当初は表示されません;試すにはそれを先頭に移動します.
解説
SEOタイトル欄に記述したタイトル(SEOタイトル欄がブランクの場合は,本来のタイトル欄)にフォーカスキーワードが含まれているが,タイトルの先頭にキーワードが来ていない場合に,表示されます.
対処法
タイトルの先頭にフォーカスキーワードがある方が,閲覧者の注意を引きやすいので,キーワードの位置を検討して,可能であれば変更します.
解決後の表示
ページタイトルは冒頭でランキングを向上させるために考えられている,キーワード/フレーズを含んでいます.
推奨 ページタイトルは推奨されている最小値40文字より少ない文字が含まれています.キーワードのバリエーションを追加したり,説得力のある行動を促すコピーを作成するための領域が必要です.
解説
シンプルすぎるページのタイトルでは,その記事の内容が伝わりません.
対処法
記事を閲覧してもらいやすくなるように,本文に関連するキーワードを追加するなど,タイトルの内容を工夫します.半角英数,日本語にかかわらず1文字で1カウントしています.全て英語の場合,40文字以上69文字以下が適切とされているようですが,日本語(2バイト文字)の場合30文字を超えると検索結果のスニペットの表示からはみ出てしまうので,グリーンにするのは難しいかもしれません.
解決後の表示
ページタイトルは推奨される制限の40文字以上70文字未満より少ないです.
推奨 ページタイトルは70文字の表示可能範囲以上である,文字が含まれています;いくつかの単語は,リスト内のユーザに表示されていません.
解説
長すぎるページのタイトルでは,検索結果でその記事の内容が伝わらない可能性があります.
対処法
検索結果でのタイトル表示が,表示可能範囲で収まるようにタイトルを推敲します.
解決後の表示
ページタイトルは推奨される制限の40文字以上70文字未満より少ないです.

 

URL関連のエラーと対処
推奨 キーワード/フレーズは,このページのURLに表示されていません.URLをリネームすることを決定した場合,古いURLが新しいものに301リダイレクトされているか確認してください!
解説
フォーカスキーワードが,ページのURLに含まれていない時に表示されます.
対処法
URLの変更は,基本的に推奨されていませんが,フォーカスキーワードに合わせたURLに変更する場合は,古いURLから変更後のURLへリダイレクトするように手段を講じます.
解決後の表示
キーワード/フレーズは,このページのURLが表示されています.

 

本文関連のエラーと対処
重要 キーワードは,コピーの最初の段落に表示されていません.トピックが直ちにクリアであることを確認してください.
解説
ページの内容を端的に表現するフォーカスキーワードは,すくなくとも記事の最初の段落に登場させることを推奨します.
対処法
最初の段落内にフォーカスキーワードを1つ以上挿入します.キーワードは半角スペースで区切り,単語として認識できるようにします. メモ:キーワードが日本語の場合に,最初の段落内にキーワードを配置しても,評価が改善されないことがありました.
解決後の表示
キーワードは,コピーの最初の段落に表示されています.
重要 キーワード密度は勧告されている最大値4.5%の以上の%であり,キーワードは回見つかりました.
解説
「全体の単語数に対してキーワードの登場回数が多すぎる=スパム記事っぽい」という判定です.
対処法
通常のページであれば,プラグインによる日本語の単語のカウントに問題があり,そのためにキーワード密度が正しく計算されていないと考えられます.この問題への対処は,こちら
解決後の表示
キーワード密度は多数の%であり,キーワードは回見つかりました.
やや重要 キーワード密度が少し低い%であり,キーワードは回見つかりました.
解説
「本文にキーワードが登場しているものの,少し少なすぎる」という判定です.
対処法
適切な場所にキーワードを挿入します. メモ:キーワードが日本語の場合に,本文中にキーワードを配置しても,キーワードがカウントされないことがありました.
解決後の表示
キーワード密度は多数の%であり,キーワードは回見つかりました.
重要 ボディー・コピーに含まれる単語があります.これははるかに低すぎるので増やす必要があります.
解説
「本文の単語数が少ない=記事のボリュームが少なすぎる」という判定です.記事内に出現する単語数が100未満であるときに表示されます.
対処法
通常のページであれば,プラグインによる日本語の単語のカウントに問題があると考えられます.この問題への対処は,こちら
解決後の表示:特になし.次の単語数チェックをクリアする必要があります.
重要推奨 There are words contained in the body copy, this is below the 300 word recommended minimum. Add more useful content on this topic for readers.
解説
「本文に含むべき推奨の最低単語数が300であるところ,あなたの記事はそれより少ないです=コンテンツを充実させてね」という判定です.スコアは,単語数が100~199で「重要」,200~249で「やや重要」,250~299で「推奨」に変化します.
対処法
通常のページであれば,プラグインによる日本語の単語のカウントに問題があると考えられます.この問題への対処は,こちら
解決後の表示
There are words contained in the body copy, this is more than the 300 word recommended minimum.(推奨の最低単語数300を超えています.)
重要 コピー内に任意のサブ見出し(例えば,H2など)にキーワード/キーフレーズを使用していません.
解説
メッセージの日本語がやや微妙ですが,H2以下のサブ見出しにフォーカスキーワードがない場合に表示されます.
対処法
たとえば,いずれかのH2見出しにフォーカスキーワードを含めることで,フォーカスキーワードが記事内で重要な位置を占めていることがわかります(もちろんH3でもOKです). メモ:下の「推奨」バージョンとの出現条件の違いがわかりませんでした.
解決後の表示
キーワード/キーフレーズは,コピー内のの中の)サブ見出しに出現します.主要なランキング要因ではありませんが,これは有益です.
推奨 サブ見出しタグ(H2など)はコピーに表示されません.
解説
メッセージの日本語がやや微妙ですが,H2以下のサブ見出しにフォーカスキーワードがない場合に表示されます.
対処法
たとえば,いずれかのH2見出しにフォーカスキーワードを含めることで,フォーカスキーワードが記事内で重要な位置を占めていることがわかります(もちろんH3でもOKです).
解決後の表示
キーワード/キーフレーズは,コピー内のの中の)サブ見出しに出現します.主要なランキング要因ではありませんが,これは有益です.

 

画像および外部リンクに関するエラーと対処
重要 このページに全く画像が表示されませんが,必要に応じていくつか追加することを検討します.
解説
コンテンツ内に画像が1つもないので,記事の訴求力や,わかりやすさを向上するために画像を追加することを推奨します.
対処法
記事に関連する画像を1つ以上挿入します.
解決後の表示
このページ上の画像は,ターゲットのキーワード/フレーズにaltタグが含まれています.
画像のaltタグのエラーある場合を除く
やや重要 このページ上の画像は,キーワード/フレーズを含んでいるaltタグがありません.
解説
Googlebot等の検索エンジンに対して,画像の内容・情報を伝える役割を担うaltタグに,フォーカスキーワードが含まれていません.
対処法
画像のaltタグに,フォーカスキーワードと画像の説明を入力します.
解決後の表示
このページ上の画像は,ターゲットのキーワード/フレーズにaltタグが含まれています.
推奨 このページに外部リンクは表示していませんが,必要に応じていくつか追加することを検討してください.
解説
適切な外部リンクによって閲覧者の利便性が向上します.
対処法
適切なリンク(記事を書くのに参考にしたページのURLなど,記事内容に関連するサイトのURL)を挿入します.
解決後の表示
①このページは,外部リンクがあります.
②このページは,のnofollowedリンクとの通常の外部リンクがあります.
推奨 このページは,全てnofollowされた外部リンクがあります.
解説
適切な外部リンクによって閲覧者の利便性が向上します.
対処法
nofollowをつけるかつけないかについては,リンク先の内容やリンクをつける側の事情などがあり一概に「こうすべき」というものではありませんが,nofollowをつけなくても良い関連性のある外部リンクを挿入することが,より望ましいということなのだと思います.
解決後の表示
このページは,外部リンクがあります.

 

メタ説明文に関するエラーと対処
重要 メタ説明文が指定されていないので,検索エンジンはページの代わりにコピーを表示しています.
解説
Meta descriptionが指定されていないので,記事本文の先頭から必要文字数を自動的にMeta descriptionとして割り当てています.より適切な説明文をMeta descriptionに記述することを推奨します.
対処法
検索結果のスニペットに,ページの説明が適切に表示されるよう,Meta descriptionを規定の文字数で記載します.
解決後の表示
①メタ説明文は主要なキーワード/フレーズを含んでいます.
②指定したメタ説明文内を,検討してください:どのように競争と比べますか?より魅力的に作ることができますか?
いずれも他のメタ説明文に関するエラーがある場合を除く
重要 メタ説明文は指定されているが,ターゲットのキーワード/フレーズが含まれていません.
解説
Meta descriptionが記載されているものの(抜粋を引用する設定にしている場合や,Meta descriptionの記載がなく,自動的に本文がMeta descriptionとしてコピーされている場合を含む),フォーカスキーワードが含まれていない場合に表示されます.
対処法
Meta description欄(Meta description欄や抜粋の引用を使用しない場合は,本文の先頭から156文字以内)に,適切なフォーカスキーワードを入力します(詳しくはこちら)。
解決後の表示
①メタ説明文は主要なキーワード/フレーズを含んでいます.
②指定したメタ説明文内を,検討してください:どのように競争と比べますか?より魅力的に作ることができますか?

いずれも他のメタ説明文に関するエラーがある場合を除く
推奨 メタ説明文は120文字以上,最大156文字がご利用いただけます.使用可能なスペースが通常の155文字より短い場合,Googleはスニペットに発行日をインクルードします.
解説
Meta descriptionが記載されていない場合(抜粋を引用する設定にしている場合を除く)や,本文にMeta descriptionとしてコピーする内容がない,またはMeta descriptionとしての文字数が120文字以下で少なすぎる場合に表示されます.
対処法
文字数は,半角英数,日本語にかかわらず1文字で1カウントです.適切な長さで本文の説明をMeta description欄に記述します.本文の文字数(単語数ではない)が120文字以下なら,特殊なページでない限り,明らかに記事のボリュームが不足していると思われますので,本文の内容を充実させます.
解決後の表示
①メタ説明文は主要なキーワード/フレーズを含んでいます.
②指定したメタ説明文内を,検討してください:どのように競争と比べますか?より魅力的に作ることができますか?

いずれも他のメタ説明文に関するエラーがある場合を除く
推奨 指定されたメタ説明文は156文字超えています,全体の説明文が表示されているように削減してください.使用可能なスペースが通常の155文字より短い場合,Googleはスニペットに発行日をインクルードします.
解説
Meta descriptionが長すぎて,検索結果のスニペットに表示しきれない場合に表示されます.なおMeta description欄に記載がなく,本文から自動でコピーしている場合は,このメッセージは表示されません.
対処法
文字数は,半角英数,日本語にかかわらず1文字で1カウントです.記事の説明を推敲して規定の長さに納めるようにします.
解決後の表示
①メタ説明文は主要なキーワード/フレーズを含んでいます.
②指定したメタ説明文内を,検討してください:どのように競争と比べますか?より魅力的に作ることができますか?

いずれも他のメタ説明文に関するエラーがある場合を除く

 

その他
不明
解説
同じフォーカスキーワードが他の記事で使用されている.
対処法
フォーカスキーワードを別のものにする.実際のところ同じフォーカスキーワードで複数の記事を作成してみましたが,なぜかいつもグリーン表示で,駄目なときのメッセージを確認できませんでした.
解決後の表示
You’ve never used this focus keyword before, very good.(以前にこのフォーカスキーワードを使用していない.すばらしい!)

 

Yoast WordPress SEO の単語数カウントに対応する

投稿日現在、 Yoast WordPress SEO は英語のページを想定して作られており,日本語のように単語間隔を持たない言語で書かれた文章の単語数を正しく判定できていません.日本語の句読点は文の区切りとしてさえ認識せず,「改行」ごとに1単語としてカウントしているようです.従って実際には相当のボリュームがあるページであっても,段落が1つの場合,最悪1単語としてしかカウントされません.Googleの検索エンジンが,日本語のページをプラグイン同様に判定するとは思えませんので,あえて修正することもないでしょう.実際SEOスコアの総合判定では,「ページの分析」タブの項目が,必ずしもオールグリーンになっていなくても「Good」の判定が出ます.それでもなお,SEOスコアのオールグリーンにこだわるなら,以下のような方法で対処することができます. 推奨しているわけではありませんし,以下の方法によるSEO的な影響について,何ら保証するものではありません.

①日本語の句読点を英語の句読点に置き換える
半角英語の句読点「,」「.」(カンマとピリオド)は文の区切りとして認識されるので,日本語の句読点(「、」「。」)を(「,」「.」)に置き換えるだけで,単語の認識数が大幅に増加します.見た目に難がある場合は,jQueryの文字列置き換えで,最終的な画面表示を日本語の句読点(「、」「。」)にしても良いかもしれません(少なくとも置き換えの前後で言葉の意味は変化しない).今ご覧のページは,この方法による調整をしなくても単語の認識数が300台ありましたが,調整後は600台に増加しました.なおこの方法は単語数を水増ししているわけではなく,本来認識させるべき句読点を認識させているだけなので,文章のボリュームが圧倒的に少ない場合は,あまり効果はありません.また,2014年10月のGoogleウェブマスター向け公式ブログの記事によれば,Googleのインデックス登録システムは,CSSとJavaScriptのレンダリング結果を加味しているとのことなので,最終的な画面表示を日本語の句読点(「、」「。」)にしてしまうこのやり方は,オールグリーンという自己満足的な効果しかないかもしれません.

②キーワードとなる本文中の単語に半角スペースを挿入する
本文中に登場するフォーカスキーワードの全部を,プラグインが正確に認識できるように,フォーカスキーワードの前後に半角スペースを挿入します.フォーカスキーワードの出現頻度は「ページ分析」の評価を見ながら適正範囲に抑えます. キーワード密度

 

まとめと感想

だいぶ長い記事になってしまいましたが,Yoast WordPress SEO のページ分析をオールグリーンにするのは,それほど大変ではありませんでした.やや面倒なのは句読点に関する調整と,タイトルの文字数の調整でした. Yoast WordPress SEO が設定画面だけでなくページ分析も日本語に対応してくれるといいんですが・・・.SEOスコアをオールグリーンにすることに,どれだけの意味があるかは別としてそれなりの達成感はありました(笑)興味のある方は一度挑戦してみてはいかが?
「ページの分析」タブでこの記事に載っていないアドバイス項目が出てきたという方がいらっしゃいましたら,ぜひコメント欄から情報をお寄せ下さい.

Outlook関連の特集

  1. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  2. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  3. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  4. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…
  5. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…

スマホ関連の特集

  1. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
  2. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  3. DejaOffice 日本語使い方ガイド
    DejaOffice は、同期ソフトウェアを使って、家庭や会社で使用している自分のPC(Micros…
ページ上部へ戻る