EVOMS:フィルタ タブの項目解説

EVOメールサーバー(以下「EVOMS」)に搭載されている Filtrolysis™ は、受信だけでなく送信メールにも対応したメールフィルタです。メールヘッダーおよび本文上のキーワードをフィルタリングし、フィルタリング結果に基づいて指定されたアクションを実行します。

Filtrolysis™は、アンチスパムフィルタよりも高度なフィルタ機能を提供します。※ 通常のアンチスパム機能によるフィルタリングについてはこちらを参照して下さい。

また、正規表現に対応し、多くのキーワードを設定しなくても効率的なフィルタリングを行うことが可能です。※ 正規表現についての詳細は Microsoft Developer Network  を参照して下さい。

フィルタルール画面の構成

ルール名$

フィルタリングの目的にあったルール名が表示されます(Unicodeで記述)。フィルタルールはアルファベットの昇順で適用されるので、ルール名の最初のアルファベットを変更するだけで簡単に順序を変更することができます。

パフォーマンス (フィルタ適用数:フィルタ試行数)$

作成したフィルタ総数に対して実際に適用されたフィルタルールの数が表示されます。適用された比率を見て、不要なフィルタルールを削除する事が出来ます。

New$

「新規作成」ボタンをクリックすると、フィルタルールを新規作成することが出来ます。

フィルタテンプレートのダウンロード

EVOMSでは、開発元から一般的なフィルタールールのサンプルをダウンロードして適用することが出来ます。

テンプレートをクリックすると自動的に適用されます。

フィルタルールの作成・編集

フィルタルール作成の基本的な流れは以下のとおりです。 作成したルールは、いつでもオン・オフを切り替えることが出来ます。

キーワードの設定$

文字列による簡単なものから正規表現による複雑なものまで設定可能

ターゲット(対象)の設定$

ドメイン全体はもちろん、個別のメールアカウントに対して適用することも出来ます。

フィルタリング条件の設定$

「タイミング」、「オブジェクト(検証項目)」、「演算子」「変数または値」を組み合わせることで多種多様な条件設定が可能です。

アクションの指定$

条件に適合すると、メールに対して指定したアクションが実行されます。

フィルタの組み合わせ$

複数のフィルタを連続(組み合わせて)適用することが出来ます。

フィルタリングの終了$

フィルタリングにより、予定したアクションが完了するとフィルタ処理が終了します。

ルールの詳細

ルール名$

ルール内容を簡単に識別できるような名前を付けます。※初期値では「Untitled+タイムスタンプ」になっています。

このフィルタルールを有効にしますか?$

ラジオボタンでルールの有効/無効を簡単に切り替えることが出来ます。

対象

アカウント名$

個別のアカウント(メールアドレス)にルールを適用する場合は、「選択」ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスで、対象とするアカウントを選択します。「*」を入力した場合は、全てのアカウントに対して適用されます。

部署$

指定した部署に属するアカウントに配信されるメールに対してルールを適用する場合は、「選択」ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスで、対象とする部署を選択します。「*」を入力した場合は、全ての部署に対して適用されます。

ドメイン$

指定したドメインに属するアカウントに配信されるメールに対してルールを適用する場合は、「選択」ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスで、対象とするドメインを選択します。「*」を入力した場合は、全てのドメインに対して適用されます。

フィルタリング条件

条件の比較演算子$

条件1~4で設定するルール間の適用方法を、ANDとORで指定します。
「条件1 AND 条件2」なら、2つの条件に適合した時にルールが適用されます。「条件1 OR 条件2」なら、条件1か2のいずれかに適合した時にルールが適用されます。

ルールの選択と編集(最大 4 ルール)$

各ルールは4つの項目で構成されており、左から「タイミング」、「オブジェクト(検証項目)」、「演算子」「変数または値」の順に定義します。1つのフィルタで組み合わせることの出来るルールは最大で4つです。

タイミング

フィルタが発動するタイミングを指定します。

Upon receiving mail$

メールを受信した時

Upon sending mail$

メールを送信した時

Upon receiving or sending mail$

メールを受信または送信した時

Upon duplicating mail into certain IMAP folder$

指定したIMAPフォルダにメールを複製した時

オブジェクト(検証項目)

フィルタが検証する項目を指定します。

IP address of connection$

メールクライアントが接続を確立しているIPアドレス

Port number for connection$

メールクライアントが接続を確立している際に使用されているポート番号

Domain name of connection$

接続しているIPアドレスのドメイン名

Connection SPAM flag (0:not a SPAM, 1:Spamhaus, 2:SPF, 3:other, 4:Bad EHLO)$

スパムフラグ
次の数字を「値」の欄で指定します。

  • 0:スパムではない
  • 1:Spamhausのブロックリストに該当
  • 2:SPFレコードの不一致
  • 3:その他
  • 4:Bad EHLO
EHLO/HELO name used in SMTP connection$

SMTP接続で使用されているHELO/ EHLO name

Number of recipients (ENVELOPE)$

エンベロープに表示される受信者の数

Non-existing recipients count (ENVELOPE)$

エンベロープに表示される存在しない受信者の数

Header Date$

メールヘッダーの日付。
「値」の書式例:「Fri, 02 Dec 2011 17:42:49 +0800」
未来のメールをフィルタするために正規表現を使用することもできます。

Header From$

ヘッダー情報に記述されているメールの差出人アドレス「From」

Header In-Reply-To$

どのメールに対する返信かを示す「message-ID」を指定します

Header To$

ヘッダー情報に記述されているメールの受信者(宛先アドレス)「To」

Sender on envelope (ENVELOPE MAIL FROM)$

エンベロープに表示される差出人アドレス「From」

Recipient on envelope (ENVELOPE RCPT TO may be multi-value CSV)$

エンベロープに表示されるメールの受信者(宛先アドレス)「To」
複数指定する場合はカンマ(,)で区切ります。

Header Bcc (Bcc recipient)$

ヘッダー情報に記述されているブラインドコピー先のアドレス「Bcc」

Header Cc (Cc recipient)$

ヘッダー情報に記述されているカーボンコピー先のアドレス「Cc」

Header Subject$

ヘッダー情報に記述されているメールの件名「Subject」

Header Subject excluding punctation marks (~^{}|,./*- and space)$

ヘッダー情報に記述されている、特殊な記号(~^{}|,./*- and space)を除いたメールの件名

String length of header subject (Unicode)$

ヘッダー情報に記述されているメールの件名「Subject」のUnicode文字数(=長さ)

ISO CHARSET for mail subject and content$

件名および本文に使用されている文字コード

Body text (1st and 2nd part)$

本文の第1、第2パート

Raw body text, undecoded$

デコード前の本文

Atachment filenames (may be multi-value CSV)$

添付ファイル名
複数指定する場合はカンマ(,)で区切ります。

Attachment extension names (may be multi-value CSV)$

添付ファイルの拡張子
複数指定する場合はカンマ(,)で区切ります。

Header Content-Disposition$

ヘッダー情報に記述されているメールの提示的情報「Content-Disposition」

Header Content-Transfer-Encoding$

ヘッダー情報に記述されているメール本文のエンコード形式「Content-Transfer-Encoding」
7bit、8bit、binary、base64、quoted-printableなど

Header Content-Type$

ヘッダー情報に記述されているメール本文の種類「Content-Type」
Text/html、Text/plain、Image、Audio、Video、Application、Multipart、Messagなど

Header DKIM-Signature$

ヘッダー情報に記述されている電子署名関連のタグ「DKIM-Signature」 
参考:DKIM (Domainkeys Identified Mail)  IAjapan

Header Message-ID$

メッセージを一意に識別するためのID情報「Message-ID」

Header MIME-Version$

MIME(multimedia internet mail extension)のバージョン。
通常は「1.0」

Header Recived$

メールが配送されたルート 

  • 書式
    Received: from 転送元サーバ by 転送先サーバ [via 接続プロトコル(UUCPなど)] [with 転送プロトコル(SMTPかESMTP)] id ユニークID for 宛先メールアドレス ; 転送日時(※@IT  より)
  • 記述例
    Received: from [11.11.111.111] by mail.emailprovider.co.jp via HTTP; Tue, 29 Mar 2005 15:11:45 PST (※Gmailヘルプ  より)
Header References$

返信やスレッドなどで関連している「Message-ID」

Header X-mailer$

差出人が使用したメールクライアントソフト
例:「Microsoft Outlook 14.0」、「Cybozu MailWise 4.x.x」、「Microsoft CDO for Windows 2000」等々

Specified folder name$

メッセージの保存されているフォルダ名

This mail has been through (number)th Filtrolysis processes$

Filtrolysis™のN番目のフィルタプロセスが完了したメール

Always perform action$

無条件でアクションを実行

演算子

  • Contain:~を含む
  • Not contain:~を含まない
  • Equal to:~と同じ
  • Not equal to:~ではない
  • Greater than:~より大きい
  • Smaller than:~より小さい
  • RegEx matching:正規表現と一致

変数または値

上記で選択したオブジェクトを比較・検証するための変数または値を入力します。入力するべき値はオブジェクトにより異なります。

アクション

アクションを選択

上記フィルタリング条件にマッチした時に実行するアクションを選択します。

Deleting message$

メールを削除します(配信されません)

Forwarding message$

SMTPを使ってメールを転送します

Postponing message delivery$

メールの配信を約1時間延期します

Moving message to a specified IMAP folder under the same user account$

メールを同一ユーザーアカウント内の指定したIMAPフォルダに移動します
受信トレイには配信されません。

Duplicating message to a specified folder under the same user account$

メールを同一ユーザーアカウント内の指定したIMAPフォルダに複製します
受信トレイにも配信されます。

Moving message to a specified IMAP folder under a specified user account$

メールを指定したユーザーアカウント内の指定したIMAPフォルダに移動します

Duplicating message to a specified IMAP folder under a specified user account$

メールを指定したユーザーアカウント内の指定したIMAPフォルダに複製します

Treating as spam and move it to SPAM folder under the same user account$

メールをスパムとして処理し、同一ユーザーアカウント内のSPAMフォルダに移動します

Flag this TCP connection as SPAM connection$

この接続IPからのメールをスパムとしてマークします

Remove SPAM flag for this TCP CONNECTION$

この接続IPからのメールをスパムとしてマークしません

Add peer IP address into IP deny list$

このメールを配信しているピア端末のIPをIP拒否リストに追加します

Add peer IP address into IP white list$

このメールを配信しているピア端末のIPをIP拒否リストに追加します 
後でブロックしたい場合は、Securityタブから変更します。

Resending message to the originally specified recipient$

メールを当初指定された受信者へ再送します
メールがResentフォルダに配置された時に再送されます。

Putting a remark in message subject$

メールの件名に指定した文字列を付加します。
再送や転送メールにも付加されるので注意して下さい。

Insert header (key: value)$

メールヘッダーに指定したキーと値を挿入します
書式:「key:value」

Name of file(s) to be removed$

ファイル名を削除します
「pre-release-document.doc」のように、機密情報が含まれるようなファイルの名称を削除して、セキュリティを高めます。

Extension or file types of file(s) to be removed$

ファイルの拡張子を削除してセキュリティを高めます

Insert text at the beginning of email message body$

メッセージ本文の先頭に指定したテキストを挿入します

Append text at the end of email message body$

メッセージ本文の最後に指定したテキストを挿入します

Do not archive this email message$

このメールをアーカイブしません

Route SMTP outbound traffic through specific IP and custom EHLO name$

IPとカスタムEHLO名でSMTPの送信経路を指定します。

アクションがトリガされた場合、フィルタルールの実行を続けますか?

このフィルタのアクションが実行された後に、次のフィルタを実行するかを選択します。
「No」を選択すると次のフィルタは実行されません。


フィルタタブの項目解説は以上です。

各種リファレンス

ステータス各種設定アカウントログフィルタセキュリティライセンス