AirPodsの片耳だけバッテリーの減りが早い時の対処法

AirPodsを使っているとまれに片耳だけバッテリーの減りが異常に早くなり、ケースに入れて充電しても片方だけ100%にならない時があります。

片耳だけ酷使するといった使い方をしているならまだしも、そもそもAirPods自体がまだ新しくバッテリーがヘタっていないのにこのような状態になった場合は、落ち込む前にバッテリー充電の最適化設定を疑いましょう。

「バッテリー充電の最適化」は、iPhoneに新品のAirPodsをペアリングしてからしばらく利用すると有効化される機能で、利用状況を自動学習して充電サイクルを最適化することによりバッテリーの寿命を延ばしてくれます。

ところがケース格納時の接触不良や装着センサーの誤検知など、意図しない形で左右のバッテリーのバランスが崩れた時に、この機能がアダになって左右のAirPodsの充放電の足並みが揃わなくなり、片方だけ充電の減りが早いといったような症状が出るようです。

AirPodsの充放電の足並みをそろえる

AirPodsのバッテリーで左右の充放電の足並みが揃っていない時は、以下の手順でAirPodsを充電します。

(所要時間:1分未満)

※AirPodsとペアリングするiOSデバイスがない時はこちら

  1. AirPodsの設定画面を開く

    AirPodsを耳に装着(=iPhoneに接続)してから設定アプリのBluetoothの項目を開き、AirPodsの右にある「i」マークのアイコンをタップします。

  2. バッテリー充電の最適化をオフ

    AirPodsの設定画面から「バッテリー充電の最適化」を探し、スイッチをタップして「明日までオフにする」を選択します。

  3.  AirPodsを充電して完了

    AirPodsをケースに戻し、フル充電後に左右とも100%になったのを確認して完了です。以後、充放電の足並みは揃うはずです。

    ※オフにしたバッテリー充電の最適化設定は翌日には自動で再びオンになりますが、充電完了後にすぐに使い始める場合は、スイッチを手動でONにしておきます。

バッテリー充電の最適化 オフで うまくいかない時は

上記の手順を試しても改善しない時や、AirPodsのバッテリー充電の最適化設定を行うためのiOSデバイスがない時は、定番ですけれどAirPodsのリセット(工場出荷時の設定に戻す)を試してみてください。

ちなみに私の場合は 先にリセットを実施しても改善しませんでしたが、今回紹介したAirPods バッテリー充電の最適化の一時オフで改善しました。

それでもだめなら、原因は別にあると考えられますので、AppleのサポートへGO!することをお勧めします。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!