Windows10 スリープ復帰時のパスワード入力を省略する方法

2021/2/23

自宅など他人の出入りがない環境で自分しか使わないPCの場合、スリープ復帰時に毎回パスワードを入力するのは面倒なものです。すでに紹介したPC起動時のパスワード入力を省略する設定とあわせて、スリープ復帰時のパスワード入力も省略する設定にしておくと便利です。

設定方法

Windowsのスリープから復帰する際のパスワード入力を省略するには次の手順で操作します。

  1. サインインオプションの設定画面を開く

    Windowsのスタートボタン > 歯車アイコン(設定アプリ)を開き、検索ウィンドウに 「サインインオプション」と入力して表示される候補から、サインインオプション をクリックして開きます。

    スタートボタンの右側にある検索ボックス(虫眼鏡アイコン)で「サインインオプション」と入力して開くこともできます。

  2. サインインを求めるタイミングを「常にオフ」に変更

    サインインオプションの設定画面が開いたら画面を下にスクロールし、「サインインを求める」セクションで タイミングを「常にオフ」に変更します。

    スリープ復帰時にパスワードを求める設定に戻す場合は「PCのスリープを解除する時間」を選択します。

設定は以上です。よろしければ以下の関連記事もどうぞ。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!