Outlook.comをPOP接続またはIMAP接続で利用するための準備

Outlook.comをMicrosoft純正のOutlookアプリやスマホ標準搭載のメールアプリ等で使用する場合、通常は Exchange(Active Sync) 方式で接続しますが、シンプルにメール機能だけ使いたい場合は、POPまたはIMAP接続によってOutlook.comメールを設定することもできます。

このような場合、使用中のOutlook.comおよびMicrosoftアカウントの設定によっては それらを一部変更または確認する作業が必要になります。ここでは Outlook.comメールをPOPまたはIMAP接続で利用するために必要な設定変更作業について解説します。

お使いのメールアプリにOutlook.comをExchange(Active Sync) 方式で設定する場合はこのページの作業は不要です。

Outlook.com側でおこなう作業

Outlook.com側では POP接続の許可と接続方法別のサーバー設定情報の確認をおこないます。

メールの設定画面を開く$

Outlook.comメールの設定画面①

ブラウザでOutlook.comメールにログインし、右上の歯車アイコンをクリックして Outlookのすべての設定を表示 を選択します。

POPの使用を必要に応じて有効にし、サーバー設定情報を確認$

Outlook.comメールの設定画面②

ポップアップした画面で 左からメール -> メールを同期 の順に選択し、右側の表示エリアを下にスクロールすると POPの有効化オプションがあります。POP接続を使用する場合は「はい」を選択して保存ボタンをクリックします。

また、すぐ下にある POPの設定、IMAPの設定、SMTPの設定 に書かれている情報はメールアプリを設定する際に使用するのでメモしておきます。

Microsoftアカウントでおこなう作業

お使いのOutlook.comアカウント(=Microsoftアカウント)で2段階認証を有効にしている場合、通常のパスワードではメールアプリからOutlook.comにアクセスできません。

この場合は次の記事を参考にして アプリ用パスワードを作成し、アプリ用パスワードをメールアプリの設定時に使用します。

2段階認証を有効にしていない場合は、Outlook.comにログインするための通常のパスワードを使ってメールを設定できます。