Sync2 日本語使い方ガイド

Sync2 日本語使い方ガイド

Sync2 とは?

Sync2 はアメリカの4Team社が提供する、会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状態にする 「データ同期ソフト」です。USBメモリやネットワークフォルダ、FTPを使った複数のOutlook間の同期だけでなく、Googleのカレンダー、連絡先、タスクとの同期も可能です。 4Team社はアメリカのマイクロソフト認定ゴールドパートナーです。

古くて新しい同期のかたち

GoogleやOutlook.com、iCloudなど、無料のクラウドサービスを使っている方はたくさんいると思いますが、そういったサービスが一般的になる以前は、Exchangeサーバーを使わずに離れたPCのOutlookを同期させる方法はほとんどありませんでした。

国内では、過去にMegasoft(メガソフト)という会社が、「ACCUSYNC(アキュシンク)」という名前の同期ソフトを販売していて、USBメモリやLANケーブル接続を使う方法でOutlookのデータを2台のPC間で同期させることが出来ましたが、残念ながら現在では販売を終了し、2013年の8月にサポートも終了してしまいました。

もっとも、EVO Collaborator for OutlookCompanionLink などのアドインソフトを使えば、Googleなど無料のクラウドサービスを経由させて、離れたPC間のOutlookの同期は実現できるので、「ACCUSYNCの様な方法で同期させるのは古い」という考え方もありますが、「データは自分の目と手の届く範囲で管理したい」とか、組織や職業上のセキュリティポリシーなどの理由で「無料のクラウドサービス上にはデータを保存しておきたくない」というユーザーにとっては、代替策がありませんでした。

Sync2 は、USBメモリはもちろん、ネットワークフォルダやFTPを使ってOutlookのデータ(カレンダー・連絡先・タスク)が同期できるほか、Googleとの同期も可能です。古い同期手法を強化し、新しい同期サービスへの対応も採り入れた、「古くて新しい同期のかたち」を提供してくれます。

Sync2で何が出来るの?

Sync2を使うと次のようなことが可能になります。

sync2-002

公式サイトに記載されている、主な特徴はおおむね次のとおり。

Outlook間の同期

  • Exchangeサーバーがなくても、複数のPC間でOutlookを同期(個人フォルダ:カレンダー、連絡先、タスク、メール)
  • Outlook間では、既読・未読状態も同期
  • Ostファイルの同期
  • 異なるバージョンのOutlook間の同期

Googleとの同期

  • Googleカレンダー、コンタクト、タスクをOutlookを同期(双方向同期、一方向同期に対応)
  • Outlookの変更がGoogle等にすぐに反映するインスタント同期機能

その他

  • 同期前データの自動バックアップと復元機能
  • Outlookを起動していなくてもスケジュール及び手動で同期が可能
  • オフライン中のデータ変更は、オンラインになったときに直ちに反映
  • 差分データの同期で、高速な同期を実現
  • Sync2のUIは、Microsoft Active Syncのようなルック&フィール
  • メールアドレスとパスワードで、4Team社のFTP共有サービスを利用可能

Dropbox Pro (Plus)と併用すれば 2台のOutlook間の完全同期に死角なし

このように、2台のOutlookを完全に同期させることができるSync2は、他のOutlook同期ソフトと一線を画する機能をもっていますが、「同期の際にいちいちUSBメモリを使うのは面倒くさい」とか、「FTPが使いづらい・難しい・通信時のセキュリティが心配」とか、「同期したいPCが同一LAN上にない」といった感想を持つ方もいるかもしれません。

そのような場合は、DropboxなどのオンラインストレージをSync2と併用する方法もあります。この方法の利点は、GoogleカレンダーやOutlook.comといった、インターネット上のカレンダーやアドレス帳サービスに情報を同期させるわけではないので、Outlook内のデータを第三者に見られることなく、インターネット経由による同期の利便性だけを確保できる点です。なお、使用するオンラインストレージを何処にするかについてはお好みですが、Outlook内のメールも同期するのであれば、大容量で同期速度が高速なDropbox Pro (Plus)がお勧めです。

Dropbox Pro (Plus) のメリットとその活用方法

Sync2 日本語使い方ガイド-目次


導入編

基礎編

同期設定編



※目次はサイドバーエリアにも表示しています。

ご注意
Sync2は高機能で非常に優れた同期ソフトですが、私がテストしたPC環境ではWindowsのユーザーアカウントが日本語(2バイト文字)で作成されていると同期設定や同期処理が出来ない場合がありました。なお半角英数(1バイト文字)のユーザーアカウントでは問題なく動作しました。この問題についてはSync2のサポートに報告済みですが、すぐに解決されるかは不明です。(2015.3.21現在)
Windowsのユーザーアカウントを日本語で作成してしまっている方で、Sync2を使いたい方は半角英数で新規にWindowsのユーザーアカウントを作成するなどの対応が必要です。以下の記事が参考になるかもしれません(作業は自己責任でお願いいたします)。

おすすめOutlook同期ソフト

iCloudやYahoo!Japanにも対応!圧倒的な対応サービス数と最強のコストパフォーマンス。日本語UIで使いやすい。
120万ダウンロードを突破した安定感抜群の老舗同期ソフト。詳細な同期設定はもちろん システム手帳アプリとの連携も素晴らしい。
値段は高いが クラウドを使わずにOutlook同士を直接同期したいならこれ。

Outlook関連の特集

  1. OutlookとGoogleの同期ソフトの比較&選び方
    Microsoft OutlookとGoogleの同期 にはソフトウェアが必要です。ひとくちにOut…
  2. gSyncit 日本語使い方ガイド
    gSyncitは、Microsoft Outlook上の予定や連絡先、タスク、メモといったデータをG…
  3. DejaDesktop 日本語使い方ガイド
    DejaDesktop は Outlook上の予定、タスク、連絡先、メモを デスクトップの壁紙に表示…
  4. Power Toys for Outlook 日本語使い方ガイド
    Power Toys for Outlook は、Outlookのアドオンソフトで、Outlook標…
  5. Sync2 日本語使い方ガイド
    Sync2 は会社と自宅といったような離れたPCにインストールされたOutlook上のデータを同じ状…

スマホ関連の特集

  1. BOSE SoundTouch10 で Spotify がもっと便利に
    BOSEの製品体験会に参加する機会があり、同社のBOSE SoundTouch10を頂いたので、S…
  2. Spotify の使い方
    Spotify が 2016年秋 から日本でも利用できるようになりました。公式サイトのヘルプが読み…
  3. Googleドライブ の音楽をストリーミングで聴く 3/3
    Googleドライブ を使ってクラウド上に保存した音楽を聴く方法を3回に分けてご紹介します。第1回は…
ページ上部へ戻る