GmailをOutlookで利用するための準備

2020/3/18
2020/3/17

Gmailはサービスの初期設定で他社製メールアプリ等からの利用を制限しているので、OutlookでGmailを利用する場合は 事前にGmail側の設定を変更しておく必要があります。

ここでは GmailをOutlookで利用するために必要な Gmail側の設定変更について解説します。

(所要時間:約3分)
  1. メールの設定画面を開く

    ブラウザでGmailにログインし、右上の歯車アイコンをクリックして設定 を選択します。

  2. IMAPまたはPOPを有効にする

    設定画面で「メール転送とPOP/IMAP」タブを開き、Outlookで使用したいメール接続方式で「有効にする」を選択して変更を保存します。その他のオプションはデフォルトのままで問題ありません。

    • IMAP
      メールの本体をGoogleのサーバーに保存したまま使用する方式です。メールの未読・既読の状態、削除やフォルダへの仕分けも同期できるので、GmailをOutlookだけでなく、ブラウザやスマホアプリからも使いたい場合は、IMAPを選択します。

      また、スマホ版Outlookアプリを使用する場合もこちらを選択してください。

    • POP
      メールの本体をOutlookへダウンロードして使用する方式です。Gmailを特定の端末のOutlookだけで使う場合に適しています。

      また、OutlookへダウンロードしたメールをGoogleのサーバーに残したくない場合や メールサーバーの容量を節約したい場合にも便利です。

      ※ダウンロードしたメールをGoogleのサーバー上に残しておくこともできますが、IMAPのように未読・既読の状態やフォルダへの仕分けなどの同期をすることは出来ません。

Googleアカウントでおこなう作業(POP接続の場合)

お使いのGoolgeアカウントで2段階認証を有効にしている場合で、かつOutlookにPOP接続でGmailを設定する場合、通常のパスワードではメールアプリからGmailにアクセスできません。

以下の手順でGmailにアクセスするためのアプリパスワードを作成しておきます。

Gmail画面右上のユーザーアイコンからGoogleアカウントを管理をクリック
Googleアカウントのセキュリティセクションからアプリパスワードを開く
パスワードを再入力して先に進む

セキュリティレベルの高い情報や設定にアクセスする場合、Googleアカウント画面ではパスワードの再入力を求められます。画面の指示に従ってパスワードを入力し「次へ」をクリックして先に進みます。

アプリパスワードの使用目的とデバイスを選択して「生成」をクリック

アプリパスワードの使用目的とデバイスは、あとで自分がわかれば良いだけのものなので任意の組み合わせて構いません。

表示されたアプリパスワードを一時的に控えておく

表示されたアプリパスワードは、Outlookなどのメール設定画面での入力が完了したら、別途保存しておく必要はありません。

アプリパスワードは使い切りとはいえ、2段階認証なしでもメール等にアクセスできる強力なパスワードです。アプリパスワードのセキュリティを維持するためにも別途保存しないことをお勧めします。

後日メールを再設定する必要がでた場合は、新しいアプリパスワードを作成すればよく、パスワードを別途保存していなくても問題はありません。

アプリパスワード管理画面

なお、後日アプリパスワードが不要になった場合は、上記の手順でアプリパスワード管理画面にアクセスし、一覧から削除したいアプリパスワードのゴミ箱アイコンをクリックするとアプリパスワードを削除することができます。

GmailをOutlookに設定する方法

GmailをOutlookに設定する方法については、お使いのOutlookに応じて以下の記事を参照してください。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!